« August 2007 | Main | October 2007 »

September 28, 2007

鶏がらスープのにゅうめん

鶏がらスープのにゅうめん
博多のお店で食べたものをイメージして勘で作ってみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2007

旅の記録070918-070923

それにしても、オレの行った一日だけ銀山の間部(坑道)に入れなかったというのが痛すぎる。強行日程で行けなかったところもあるが、行った先で友達にも会えたしよかったかな。以下、抜けもあるが移動記録。

9/18

名古屋 発 [海] 東海道新幹線 のぞみ
新大阪 着
新大阪 発 [西] 東海道本線 新快速
三ノ宮 着

9/20
三ノ宮 発 神戸市交通局 西神・山手線
新神戸 着
18:24 新神戸 発 [西] 山陽新幹線 のぞみ93 700系
19:02 岡山 着
岡山駅周辺 泊

9/21
5:39 法界院 発 [西] 津山線 941D
5:43 岡山 着
633 岡山 発 [西] 山陽本線・伯備線・山陰本線 サンライズ出雲 285系
1004 出雲市 着
1015 電鉄出雲市発 一畑電車 北松江線
1024 川跡 着
1026 川跡 発 一畑電車 大社線
1037 出雲大社 着
出雲大社
島根県立古代出雲歴史博物館 特別展「輝き ふたたび 石見銀山展」
タクシー
旧大社駅 大社線
タクシー
1533 電鉄大社 発 一畑バス
1554 出雲市駅 着
16:32 出雲市 発 [西] 山陰本線 3457D 快速 アクアライナー キハ126系0番台
17:29 温泉津 着
吉田屋 宿泊

9/22
900 温泉津温泉ゆうゆう館 発 石見銀山展シャトルバス
925 石見銀山(代官所前ひろば) 着
石見銀山
1507 大森代官所跡 発 石見交通 路線バス
1534 大田市駅 着
1545 大田市 発 [西] 山陰本線・山口線 スーパーおき5 キハ187系
1843 新山口 着
19:07 新山口 発 [西] 山陽新幹線 ひかりレールスター475 700系7000台
19:44 博多 着
R&Bホテル博多駅前 宿泊

9/23
博多 発 福岡市交通局 空港線
天神 着
西鉄福岡 発 西日本鉄道 天神大牟田線 特急
西鉄二日市 着
西鉄二日市 発 西日本鉄道 太宰府線
10:28 太宰府 着
太宰府天満宮
管公歴史館
太宰府 発 西日本鉄道 太宰府線・天神大牟田線
薬院 着
薬院駅 発 路線バス
博多駅 着
14:30 博多 発 [九] 鹿児島本線 リレーつばめ49 787系BM14編成
16:12 新八代 着
16:15 新八代 発 [九] 九州新幹線 つばめ49 800系U004編成
17:02 鹿児島中央 着
1725 鹿児島中央駅 発 空港連絡バス
1805 鹿児島空港 着
18:40 KOJ 発 ANA ANA552 B767-300
19:50 ITM 着
20:35 伊丹空港 発 大坂空港交通 バス
21:20 神戸・三ノ宮 着

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2007

明太子!

明太子!
博多で買った辛子明太子を食べようと友人連中がお茶碗を持って集合。
下関のふくのひれ酒がまたうまいんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2007

とんぼ返り

とんぼ返り
鹿児島滞在時間わずか10分(移動時間含まず)で帰還。鹿児島中央駅の焼酎バーで一杯やる時間さえないというカツカツ具合。まぁ鹿児島まで足を伸ばしたのも九州新幹線に乗るのが目的だったからこれで良いのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

九州新幹線つばめ

九州新幹線つばめ
これで九州を南下中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

博多っこ

博多っこ
太宰府に案内してくれた大学の友人は地元に浸ってすっかり博多弁になっていた。こっちにおるとだめっちゃ、って可愛いじゃない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

太宰府天満宮

太宰府天満宮
天神から西鉄線で太宰府天満宮へ。神様にまでなった道真ってきっとすごい人だったのだろうね。

管公博物館と九州国立博物館でやっていたインドフェアを見る。お昼とお抹茶をいただいて戻った。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 22, 2007

博多・中洲

博多・中洲
島根から一気に西に移動。

博多中洲の屋台にくりだした。いいねえ、ここ。活気があって、夜遅くまで遊べて。博多全体では屋台が200ほどあるそうだ。韓国からの旅行客も多いようで巧みに韓国語で客引きをする店員。路線バスも夜遅くまで動いている?


周辺の歓楽街の元気さも名駅や梅田や福原とは一線を画すものがあるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

間歩(坑道)閉鎖

間歩(坑道)閉鎖
出雲に寄り資料館を見ていよいよ石見銀山の銀を掘り出していた穴に入ろうという日の朝(8:10)、落石があった!落ちたのは小さな岩一つらしいが専門家による安全判断が必要ということで閉鎖された。初めてのことだそうで、なんとも不運。

間歩の入り口まで来てみると中からひんやり冷気が流れてくる。中は17度程度だそう。


ちなみに石見銀山には小さなものも含めこうした間歩が600あるそうだが現在公開されているのはここだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

石見銀山

なんか落盤したとか言う情報が。

○| ̄|_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2007

温泉津(ゆのつ)温泉

温泉津(ゆのつ)温泉
世界遺産登録に湧くこの町で、面白い旅館が吉田屋

一人で使うにはもったいなさ過ぎる広々した部屋に料理を堪能。お風呂は3件隣の元湯を利用。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旧大社駅

旧大社駅
廃止された国鉄→JR大社線の大社駅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出雲大社・古代博物館

出雲大社・古代博物館
一畑電鉄で大社前へ。

縁結びの神社である出雲大社は二礼四拍手一礼でお参り。


今年3月にできたという出雲古代歴史博物館はとても親切。荷物を預かってもらったついでに温泉津までのバスを聞いたら、今日はシャトルバスの運行はない日だったのだが、代わりのバスや行き方を調べて丁寧に教えてくれた。古代をイメージしたお姉さんの制服もとてもキュートだね。

時間の都合で特別展「石見銀山展」のみを見学。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンライズエクスプレス

サンライズ出雲
岡山でサンライズ瀬戸号と解結。6:33発サンライズ出雲号に乗車。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡山泊

岡山
学校で秋学期の履修届けを出した後、岡山へ。

コスモ時代の友人宅へ泊めてもらう。岡山駅は乗り入れ線も多く大きな駅だが、そこから一駅の友人宅はとても不便な場所だった。その駅には一時間に一本しか列車がこない。

夜はすき焼きをたらふく食べた。ありがとう。じゃあ行ってきます。友人は今日から授業。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2007

耳の床屋さん玉こん

耳の床屋さん玉こん
ついに行ってきた!大阪にある耳掃除の専門店「玉こん」。最近耳そうじが静かなブームで耳そうじだとか耳エステの店が増えつつある。そんななか少々値段の張る設定が気になったが確かな技術の評判を聞いて、この業界では老舗にあたるこのお店にやってきた。

個人経営の喫茶店のような正直ちゃちい作りの店構えであるが、店に入るとカーテンの奥から医院の消毒液のようなにおいがしてきて、らしさを感じる。

施術台に座り、うわさのイヤースコープのモニターを目の前に見る。いよいよ店主が管を差し込み、自分の耳の中とご対面。(下の写真。見たくない人はごめんなさい。)

そして衝撃の事実が告げられる。「穴ちっちゃいね〜。半分くらいしかないよ。難聴気味だ。」うおおお、マジでかぁ!「こういう人は耳垢がたまりやすいの。」と、自分の耳を見せて比較した。「鼓膜が白く積もっちゃってるでしょ。ほんとは透明なの。」うわぁ、鼓膜がかわいそうなことに。

なんでも、鼓膜からまっすぐ同じ太さで穴が延びている人は「コップ耳」で汚れが自然に出てくるから耳掃除があまり必要ないそう。オレのような途中で穴が細くなって曲がっている人は「巾着耳」と呼んでいる。綿棒を入れても奥に押し込んでしまう。そこに水が入ると張り付いてしまう。店主曰く、中耳炎や難聴になるのもほとんど巾着型の耳を持った人だそう。

しかも穴が小さいのは元からでなく、歯の噛み合わせが悪いせいで顎の方から長年押された結果凹んでしまったのだそうだ!「元はここまであった痕があるでしょ。」そ、そうなのか。ここは親知らずが飛び出してると教えてくれた。自分のせいで不便な耳にしてしまったとはなんかショック。

はさみを中に入れて耳毛を短くした。耳の中だけにジョキジョキ音がする。垢を耳の壁からはがしとっていくが、思ったよりはもりもりと削ってはいかなかった。しばらく自分では何もせずに、1ヶ月後また来たら垢のたまり方の特徴がわかるから手入れの仕方を教えますとのこと。

支払いは、8月から11年ぶりの値段改定をしたとかで1000円上がって初回30分6000円。この出費は決して安くないが、これだけ自分の耳のことを教えてもらったのは初めてなので満足感を感じた。

施術後お茶と一緒に頂いた玉こん(玉状のこんにゃく)もおいしかったことを付け加えておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2007

きっぷ入手

きっぷ入手
近くのJTBで購入。券片が計9枚。申込書を出してから発券までに一時間以上もかかった。乗車券の経路入力に手間取ったようだ。経路は印字できる範囲に収まりきらなかったので別紙をくれた。閉店の15分前に行ったのに申し訳ない。


ただパテーションの裏で操作してるので何をしてるのか見ることもできず途中から退屈になってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

石見銀山の予習

今年ユネスコ世界遺産への登録が決定してから観光客が急増中の石見(いわみ)銀山遺跡(島根県)。交通アクセスがあんまり便利なところじゃないので下調べしているが、バスの時刻をよく見て計算して周らないと大変そうだ。


大田市観光協会のHPによれば、

「龍源寺間歩~代官所跡」の路線バスは積み残しが発生しています。
ご利用予定のバスに乗れない可能性がありますので、ご注意ください。

だとか。恐いな。
 
石見銀山交通規制(石見銀山方式の受け入れ態勢)について 07/03/26掲載

 世界遺産登録がいよいよ間近に近づいた石見銀山遺跡ですが、それに伴い、多くの車と観光客が集中することにより、遺産の魅力が失われるとともに、地域住民の生活に支障をきたす懸念があります。
 そこで、平成19年4月28日(土)から、石見銀山(銀山地区・町並み地区)において、交通規制を実施いたします。

http://www.iwamigin.jp/ohda/kankou/history/070326.html


団体バスでどかっと押しかけて「ゆったり観光(約3時間)を満喫!」(某旅行社パンフレット)とか、「ゆったり」か?流行りもの好きの日本人は来るなよ。と、自分のことは棚上げにして言ってみる。


石見銀山 - Wikipedia
島根県 : 石見銀山トップページ
大田市観光協会(電話0854-89-9090)
大田市観光課|島根県大田市|石見銀山
石見銀山ガイドの会(電話0854-89-0120)
温泉津町観光協会
しまね観光ナビ 石見銀山徹底ガイド

世界遺産登録記念 「輝き ふたたび 石見銀山展」
島根県立古代出雲歴史博物館

石見交通バス時刻表
ニッポン旅旅ショー: 島根・世界遺産登録予定地!温泉津温泉 [藤井隆プラン]


ところで大田市のHPで、拾得物(デジカメのメモリーカード)の捜索を大々的にやっている。

先日石見銀山へご来訪された方からお届けいただきましたが、石見銀山で遺失物がありました。 失くされた方にとって、とても大切なものだと思いますが、お返しするに当たり、全く手がかりがありません。 警察に届け出ようかとも思いましたが、大田市観光HPにて落とされた方を探すことといたしました。 お心当たりのある方は、お手数ですが、ご一報いただければと思います。

http://www.iwamigin.jp/ohda/kankou/history/070913.html


これだけの人が来ていて落し物はこれ以外に目立ったものはないのだろうか?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 16, 2007

ひとまず名古屋へ

ひとまず名古屋へ
夏休みが終わる前に旅にでようと思って計画できないままだったが、ようやく宿を押さえた。石見銀山遺跡、温泉津温泉に泊まり、駆け足で九州へ回った後スカイマークとスターフライヤーを乗り継いで帰ろうかと思っている。


と、その前に冬服等取りに帰るものもあるので一旦名古屋へ。


昨夜は猥褻なメールのやりとりをしていたらまた眠れなかった。いかんいかん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2007

かれん 「名古屋嬢のエリカさま」(集英社クイーンズコミックス)

いやあ、面白い。もともとオレは「でら」とか好んで使う一部の言葉を除いて、ベタベタの名古屋弁を使っていたわけでない、と思っているので、こちらに来て「名古屋弁しゃべってよ」と言われると何をしゃべっていいのかわからなくて困ってしまったりする。だけんども、とろくっさい関西弁なんか使えせんもんだで、関西人じゃないとはわかるらしいんだけどよぉ。この漫画を読んでセリフを追っていくと名古屋弁のイントネーションがどこからともなく聞こえてきてまうもんでいかんわ。

コールセンターに勤務するOLのエリカが男に名古屋弁で啖呵を切るシーンはかっこいい。こんな絵に描いたようなお嬢様は近くにいなかったので本当にそうなのか知らないが、名古屋人の行動習慣や文化が要所要所に出てきてこれは、立派な名古屋文化の啓蒙本。しかしただの名古屋の紹介本ではなくストーリーもちゃんと楽しめるところがいい。

巻末に「愛・地球博ゆるツアーのすすめ」と称した潜入記も載っていて、オレにとってはツボな一冊で、是非人に勧めたい一冊だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黒! スターフライヤーのスキンを適用

このblogにスターフライヤーのスキン(ココログテンプレート)を適用してみた。安易にスキンは適用しない方針だったのだが、一目見てカッコよかったので変えてしまった。真っ黒な機体でお馴染みのエアライン、スターフライヤー。革張りシートに客室乗務員も黒のパンツスーツでカッコイイ。新北九州空港開港と共に日本の航空業界に新たに乗り込んできた、まさに黒船と呼んでやりたい。


ところでこのところ、黒が流行りの色でないかと思う。従来ではあまり無かった黒ごまや竹炭を練りこんだ黒い食品も目にする。京都の生八橋にも黒いバージョンが登場している。普通のより高い黒いトイレットペーパーも売れているらしい。黒い綿棒はオレも愛用しているし、まな板も見やすくていいそうだ。黒はシックで落ち着いた色、和洋問わず使えて、新しくも古くもある、都会的で洗練された大人のイメージを表現できる色だ。

先日大学で、オープンキャンパスや学園祭で学生スタッフが着るユニフォームの選定をしたのだが、オレは黒のベストを押しておいた。下に何色を合わせても締りが出て、揃ったときの統一感が出せ、ユニフォームには向いていると思う。赤や黄とかのキャンペーンでありがちな色からも一味違った感じに。赤のシャツと合わせたユニフォームが見れるのはいつになるかな?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2007

そうめん

そうめん
朝晩めっきり涼しくなった。夏が終わってしまう!とあわててそうめんを茹でた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まちTに参加して 大学が社会にできること

「まちT」は神戸大学建築学科の学生(院生)らが始めたイベントで、大学と“まち”との関わり方に新たな提案をする試みである。

うちの大学の学友会の一人がご飯を食べに行った店でたまたま“まちT”の代表と知り合ったのがきっかけで、そこから個人的な繋がりで数名が活動をお手伝いすることになった。ボランティア精神と言うよりは、「なんか面白い活動やってるらしいから見てやろう」の精神で、活動への参加を通してこちら側にも何らかのフィードバックが得られればの魂胆である。準備を手伝いに行ったときは正直、「家庭で不要になったTシャツを集めて作品を作る」くらいにしか認識できていなかったのだが、本番2日間への参加を通して、このプロジェクトの本来の意義が理解できたように思う。思えば、「まちのTシャツゆうえんち」というプロジェクト名やwebサイトにはそのポリシーが表現されているのに、ちゃんと理解できていなかった自分の浅はかさが恥ずかしい。

オレが感じたこのプロジェクト本来の意義は「遊び場を作り、こどもに来てもらうこと」、「それをきっかけに大学生と地域の人々との交流を深めること」にあった。Tシャツのリサイクルという大義名分はあるが、それはあくまで媒体としてTシャツを選択しただけのこと、目的とするのは街づくりだ。

それに気付いたのは、初日の朝、全スタッフを前に代表の発した「これから公園に入る人は全て我々のお客さんだと思って接客してください」という言葉や、「これ何?」と聞いてきた人たちに対して実行委員の方々が一生懸命説明する姿を見て、あるいは自分がスタッフとして働いた中で自然と分かってきた。

川べりを何でもないような顔で歩いている近所のおじさんに話しかけてみれば「すごいね」から始まり「これ作るの大変だったでしょ」と感想を話してくれる。自分たちの作ったものをきっかけにコミュニケーションが生まれるだけでもうれしいのだが、「神戸大学の人たちはいつもいろいろやってくれるね」との声に頷きながら、地元の人たちに親しまれているんだなと実感、神戸大学の学生をうらやましく思った。また子犬を連れて散歩していたかわいらしい10歳の女の子は、小さなときからここを散歩していると言い、「今度学校でこの川のことやイベントについて調べるの。これもイベントだよね?」とうれしそうに話してくれた。こちらまでうれしくなっただけでなく、人々が気持ちよく散歩する川のあるこの環境も素晴らしいと思った。イベントを通じた地域交流、これはうちの学部にも大いに関連してくる話だ。

メッセージボックスには「安全な町がほしい」と書いた男の子と、そのお母さんの「不審者の出ない町がいいね」とのコメントにはっとする。子供が安心して遊べる場所が求められているのだ。大学生のお兄さん、お姉さんの周りで元気よく遊びまわるこどもたちの姿には、きっとこの場が地域の人々の役に立っているに違いないとの思いを持つ。Tシャツをつなぎ合わせて作ったキャンパスに手形を押すコーナーで、ポストに入ったばかりでまだ子供の扱いにも慣れていなかったオレに、まだ小学校に上がるかそこらの子供を信用して預けてくれたお母さんの眼差しを感じて責任感。水鉄砲に夢中なやんちゃな男の子たちは「ボランティア」とバケツに水を汲みに行く仕事を率先して走り回る。ぬいぐるみを作ったり、エコバッグやぞうりを編んだりするテントにも、子供たちの姿は絶えることが無かった。

実行委員の方々はこれ以外にも、地元自治会の方々や、協力企業、行政の方々ともつながりを築いたことだろう。

こうして前夜からの準備も含む丸2日間、炎天下の中でもありとても疲れたが、なんだかとてもいい経験をして学びを得たように思う。どこぞの大学とも知れぬ我々を受け入れてくれた実行委員の皆さんに感謝。出会いにも感謝。

振り返ってみて、我々神戸夙川学院大学は地域の人々との交流という観点から見てどうだろうか。港湾地区と団地、市の医療施設が極めて区画的に、人工的に形成されたポートアイランドの立地条件からして、あまり地元の人々との交流があるという状況には無い。このままでは大学生が大学生の間だけ、ポーアイの一部を利用するということになりかねない。オレとしては大学を拠点にポーアイ全体を巻き込んだ活動を起こして行きたいと思っている。そのために何ができるか考えていきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 10, 2007

豚肉の生姜焼き

豚肉の生姜焼き
醤油が焦げて見た目辛そうだけど味は丁度良い。みりんや酒の使い方が難しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2007

まちのTシャツゆうえんち

まちのTシャツゆうえんち
この土日は神戸大学の学生が中心となって進めるプロジェクトをお手伝い。

神戸市灘区、阪神線大石から歩いてすぐの都賀川沿いで、家庭で不要になったTシャツを使って作品を作ったり子供に遊んでもらったり、町のことについて考えてもらうイベント。


お近くの方は遊びに来てください!
http://www.machi-t.com/

| | Comments (0) | TrackBack (1)

IXY DIGITAL L4

IXY DIGITAL L4
カメラのレンズが調子悪くなってきたのでキヤノンの梅田サービスセンターにメンテナンスに出してきた。淡路島の時はだましだまし動いていたのだが、普段から遊びに行ったときなどぶら下げたまま走り回ったり乱暴な扱いをしていたので怪我をしたのかもしれない。


預かり修理に出した後梅田ヨドバシに寄って見ていたら、前から欲しいと思っていたサブ使い用のコンパクトデジにと、L4につい手がでてしまった。カメラの機能的には同じ価格帯でもう少しいいものがあるが、言ってみてもコンパクトである。完全に満足のいくレベルには届かないので、小ささとデザインが決め手となった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 05, 2007

野菜スープと鶏の酒蒸し

野菜スープと鶏の酒蒸し
淡路島産のオニオンスープの素にニンジン、ジャガイモ、セロリ、ベーコンを入れて煮込む。

鶏は冷凍してあった残り物に塩と酒をふってレンジでチンしただけ。意外にいけるね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2007

ガラスのグラスが死んだ

ガラスのグラスが死んだ
手首のスナップを利かせて水気を落とそうとした次の瞬間、派手に吹っ飛んだよ。

わーい、キレー。氷みたいー。

後始末めんどくせええ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2007

だらだら夏が終わる

だらだら夏が終わる
案の上の堕落した夏休み。日々やらなきゃと思いながら英語を後回しにして早一月。

家に籠もってるのは良くないと思い、ぶらぶら南京町のあたりまで散歩にでる。腹も空いてることだし何か食べたいのだが、話しかけられるのが面倒でどこのお店にも近づかず。ぐるぐる巡った挙げ句飲み屋のカウンターへ。おや、この店メニューは少ないが味は良いぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »