« オレは一体 | Main | I am too lazy... »

July 12, 2007

認識違いと説明責任

人は何故そんなに怒りや不快をストレートに表現できるのだろう。

例えば会話の中のほんの何気ない一言が癇に障った場合でも、いきなり怒りだすのはオレの中ではマナー違反。なぜなら言った方はそんなことで相手が不快に思うとは全く予期していないわけで、そこにはひとつの言葉に対する認識違いがある。認識違いは仕方ないとして、そのことをまず相手に説明するべき。それは嫌だから別の言い方にして、と。怒る前にそう思った理由を説明することは義務であるとすら思う。だって人と人とがぶつかり合うのはその考えの基となる前提が違うわけで、つまりそれは価値観の違いということになるのだけど、可能ならば擦り合わせて共有化していくことが望ましい。


その上で相手が理解しようとしなかったらそこで初めて怒ればいい。

その作業をすっ飛ばして怒っていいのは、生きるか死ぬかくらいの勢いで自分の権利が侵されそうな時くらい。


と、オレは思うのだけど。実際はいきなり怒られてびっくりすることが多々ある。何故そんなに怒るのかが理解できなくて、そんなに重大な禁忌を犯したのかとショックを受ける。

怒られ慣れていなくて、自分が否定されるのを極度に嫌う現代の若者の一人でしょうか。

|

« オレは一体 | Main | I am too lazy... »

Comments

まぁ価値観の違いでぶつかる事は多いだろうねぇ…

怒る前にいちいち説明するやつなんていないよ…
でも、怒ったあとになんでなのか理由を聞いたり、ソレを納める事だって十分できるやんか

たぶん怒る前の雰囲気ってのはダレでもあるだろうから、ソレを察知できてないっていう欠点があるかもよ?

お互いの意見を素直にぶつける相手がいるってのは、恵まれてるのかもしれんよ…
一方的だったり、不快な終わり方をするのはワヤやけどなwww

Posted by: ごまひと | July 12, 2007 at 10:38

なんか…相変わらずだねぇ。

上のコメントに激しく賛同ww
誰に何を怒られたかは知らないけど、相手は理由があって怒ってるわけだから、
なんで怒られてるかなんて本当はわかってるんじゃないの?
(てか、予期できなかった相手が不快に思うことって一体…)

怒られてショックなのは誰だってそうだけど、その後謝って反省して
繰り返さないようにする。それだけのことでしょ。
ただただ自分を正当化しようとしているようにしか聞こえないね。

辛口かしら。まぁ、世の中合わない人も大勢いるとは思いますよ。

Posted by: あっきぃ | July 12, 2007 at 23:46

>ごまひと
>怒る前にいちいち説明するやつなんていないよ…
あぁ、それも言われたや。
オレはあんまり怒らないからな。

必要以上に引きずるのも悪い癖だ。


>あっきぃ
コメントありがとう。
相変わらずですか、そうですか。苦笑

これを書く発端になったのは「説明する時に『だからぁ』って言うのは嫌い」ってことで。
言葉の選び方がよくないらしく、よく指摘されます。
「最近○○の姿を見てない」ってのを「確認してない」って言った時も。

後からちゃんと理由を説明されればわかるんだけど、いきなり言われるとわからない。
「えぇ!なんで(怒るの)?」ってなるの。
「そんな言い方しなくても。」って思う。
あー、感性が鈍いのかなぁ。

Posted by: masaking | July 13, 2007 at 17:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/15732530

Listed below are links to weblogs that reference 認識違いと説明責任:

« オレは一体 | Main | I am too lazy... »