« マーク・ピーターセン「日本人の英語」(岩波新書) | Main | 救援待ち »

March 22, 2007

中山道を歩く・賀茂社


今回五回目にして最終回となるとなる中仙道を歩く旅に参加し、昨日の三条大橋にてゴールを迎えた。

今日は自由時間に上賀茂神社と下賀茂神社を参拝。写真は上賀茂神社で、朱色に塗られた門に煌びやかな装飾が施され鮮やかで美しい。歴史の重みを感じさせる渋めの古刹もいいけど、雅なここはいい。それでいて他の京都の観光地のようにごちゃごちゃ混んでいなかったところも。特別参拝に参加すると、宮司の方から神社のいわれ等の説明があり、そのあと本殿の前で参拝することができた。有名な立砂についても意味がわかり、この解説は参加して良かった。もう少し、遅く来ていたら桜がバックに入った絵が撮れたであろうのが残念だ。屋根の檜皮葺き(檜の樹皮を積み重ねて屋根にする)の交換準備をしていて、オレも一口寄進してきた。印として過去に使われた檜皮をお守りにしたものを頂く。

そして鴨川の横を下り、下賀茂神社。ここも同様に立派な神社であったが、注目したのは売店に並ぶ商品。神社の御紋である双葉葵(ハート型の葉をした植物。ちなみに徳川の家紋になっているのは三つ葉葵)や八咫烏(やたがらす。神話に登場する3本足の大烏。サッカー日本代表のシンボル)をモチーフにしたグッズがなかなか現代的でいいデザインのものがある。デニム地のお守りやカラフルで綺麗な柄のお守り、ふろしき、ぽち袋、Tシャツ。神社からメールが届く!下賀茂神社公式携帯サイトの会員募集のカードまでおいてあった。はっきりいって下賀茂社カッコイイっすよ!

そんな下賀茂神社公式サイトはやっぱり凄かった。FLASHを使って音楽の流れるトップページ、ギャラリーや巫女さん日記とかあるよ。

|

« マーク・ピーターセン「日本人の英語」(岩波新書) | Main | 救援待ち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/14351049

Listed below are links to weblogs that reference 中山道を歩く・賀茂社:

« マーク・ピーターセン「日本人の英語」(岩波新書) | Main | 救援待ち »