« 立花隆「ぼくが読んだ面白い本・ダメな本そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術」(文芸春秋) | Main | 中山道を歩く・賀茂社 »

March 05, 2007

マーク・ピーターセン「日本人の英語」(岩波新書)

この本をパブリックなスペースで読んでいたら、ある人から「岩波新書なのに横書きなの!?」と言われた。
著者は日本の大学で英語を教えているアメリカ人で、今では日本語で本を書けるだけの語学力を持っているが、日本語の習得には大変苦労したようである。日本語の文章と格闘していて頭が沸騰して、和英辞典を放り投げながら思わず「日本語が嫌い!」と日本語で叫び、はっとしたそうだ。英語の西先生が授業中によくこの著者のエピソードを話すので気になってはいたが、「ネタ元見たり!」と言った感じである。

日本語と英語の構造の違い、元となる考え方の違いからくる、日本人が陥りやすい英語のミスを解説している。定冠詞(aとtheを使い分ける意味)、前置詞(onとinのニュアンスの違い)等、なかなか説明を一度聞いただけではモノにするのは難しいが、英語的発想、英語脳とはこういうものだと教えてくれる。

|

« 立花隆「ぼくが読んだ面白い本・ダメな本そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術」(文芸春秋) | Main | 中山道を歩く・賀茂社 »

Comments

Hi.LTNS.
I think most japanese english teachers misunderstand "understanding".
Their understanding is translation.

Posted by: ken yamagata | March 05, 2007 at 09:58

なになに・・・LTNS is shorthand for Long Time No See...
こなれた単語使いやがって。調べちゃったぜ。
じゃあこれでどうだ。
Hi!ZSHB!

「残念ながらスーパーひとし君はボッシュートとなります」の略だぜ。

Posted by: masaking | March 05, 2007 at 15:38

スゴイ、初めて聞いた。
英語の考え方みたいな本は、大西泰斗とポール・マクベイのネイティブシピーカーシリーズが良かったよ。
NHKで前ハートで感じる英文法やってた人たち。
あと、本が好きならISISの松岡正剛の千夜千冊がおもしろいよ。
http://www.isis.ne.jp/isis/
もう、千夜は越してるけどいまだに更新され続けている。
あと、海外の情報や経済なんかが配信されているJMMもいいよ。
http://ryumurakami.jmm.co.jp/
あの村上龍がやっているやつ。
あと、最近気になっているのが
why won't god heal emputees
という所なんだけど、youtubeで映像を使ってコミカル?に解説してサイトへ誘導しているんだけど、神の位置づけというのが今アメリカでは重要な問題らしいよ。どう思う?
http://whywontgodhealamputees.com/
http://www.youtube.com/profile?user=GIIVideo
もちろん賢い人には分かるよねというのがおもしろい。
最後に英語でクロスワードできる所を見つけたんだけどどう?
http://thinks.com/daily_crossword.htm

Posted by: ken yamagata | March 07, 2007 at 21:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/14138347

Listed below are links to weblogs that reference マーク・ピーターセン「日本人の英語」(岩波新書):

« 立花隆「ぼくが読んだ面白い本・ダメな本そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術」(文芸春秋) | Main | 中山道を歩く・賀茂社 »