« ノリタケの森 | Main | 閉幕一周年 »

September 23, 2006

「君が代」に関する覚え書き

君が代 - Wikipedia

君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔の生すまで
「君が代」の歌詞は平安時代に編纂された古今和歌集に収録された詩を出典とする。「君」は君主の意だとして、日本のアジア侵略戦争中に天皇賛美、戦意高揚に利用されたのも事実だが、元々、国歌平安を願い、祝いの歌として歌われたものである。

一足の草鞋:「君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔の生すまで 」
君が代で詠われる細石(さざれいし)の実物は文部科学省の庁舎入口に飾られている。岐阜県揖斐川町で産出。地学的には石灰質角礫岩と呼ばれる堆積岩(即ち砂岩や泥岩、礫岩)の一種。小石(さざれ石)が長い時を経て大きな石(いわお)となる現象は、川の流れ等によって流れ着いた砕屑物の粒子が堆積し高い圧力を受け、続成作用を受けることによって堆積岩と成る過程で見られる。


国旗及び国歌に関する法律(国旗国家法)
RONの六法全書 on LINE
わずか2条の本文から成る根拠法。広島県の高校で国旗・国歌の扱いに窮した校長が自殺した事件をきっかけに1999年施行された。


国旗及び国歌に関する関係資料
(文部科学省)
学習指導要領における国旗,国歌の取扱い

学校における国旗及び国歌に関する指導について(通知)(文部科学省)


君が代について

中央公論社「三つの君が代」内藤孝敏著からの引用を元にした文章。現在の「君が代」が定着するまでには、三種類の別バージョンの「君が代」があった。現在の「君が代」は(一先ず詩の内容はさておき、)純粋に音楽的な視点から評価して価値の高いものだからもっと見直すべき。

|

« ノリタケの森 | Main | 閉幕一周年 »

Comments

私は成人式で促されるまま国歌斉唱し、後で皇室賛歌と聞き複雑な気分になりました。
でも、古今和歌集からなら主義主張のしがらみも無いから気が楽かなあ・・。

Posted by: macky☆ | September 24, 2006 at 22:47

国が歌わせようと強要するのは違うと思うけど、
国歌の意味をきちんと理解しておくことはしないといけないね。
強制ではないと言いつつ、明らかに仕向けようとしている文科省の言い回しは非常にキモイ。

Posted by: masaking | September 24, 2006 at 23:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/12001795

Listed below are links to weblogs that reference 「君が代」に関する覚え書き:

« ノリタケの森 | Main | 閉幕一周年 »