« August 2006 | Main | October 2006 »

September 27, 2006

息切れ

つひに張りつめていた糸が切れるように、やる気持続の限界を超えたらしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 24, 2006

FOMA端末買い増し F902i

060923

そろそろ機種変更したいなと思い続けていくばくか。外装が相当痛んで指紋認証が起動しなくなったり、バッテリーがすぐ落ちるようになったり、たまにレスポンスが遅くなってフリーズしたりしてきていた、F900iCをようやく退役させてやることになった。

プラチナミラーのボディと「リュウミン」フォントの美しさに萌え。カメラの画素も400万になってますます使えそう。これでプッシュトークも使えるようになったぞ。新しく付いていた機能で感心なのが、圏外から圏内に入ったときに未送信メールを自動的に送る機能と、基地局との通信で同期を取る時刻補正機能。これはいいねぇ。

それと今回、ドコモ純正のハンズフリーイヤホンマイクも購入。今まで量販店に並んでいるサードパーティー製のイヤホンを3回も買っていて特別無茶な使い方はしていないのだが、いずれも1ヶ月も使わないうちに壊れていた。純正ならそういうこともないかなと聞いてみるが「あくまでも精密機器ですので・・・」と濁すそっけない通り一遍の答え。まぁ保証もあるので試しに買ってみた。しかしドコモショップ栄店のお姉さんの接客は全体的に残念だった。言葉遣いはおかしくないし対応も迅速ではあったが、冷たい印象。ロボットじゃないんだからもうちょっと場に応じた対応をしてくれもていいのに、コンサルトに応じる気は一切ないらしい。まぁ大きなマイナス要素があったわけじゃないあから、あんまり悪く言ってもいけないかなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

閉幕一周年

閉幕一周年

早くも閉幕から一年。先週辺りから市内各地で記念イベントも行われているが、個人的には特に予定のない週末。元スタッフのパーティーや飲み会やも盛んに行われていると思われる。

丸栄では閉幕一周年記念祭が行われており、相変わらずモリコログッズは売れているようだ。昨日近くで友人と会ったので、立ち寄って博覧会協会製作の公式記録映像(DVD)を購入した。パネル展示では会期中の会場サービス「カイゼン」の記録が見られるようになっていた。入場者の推移とそれに伴なうゲート周辺での動線変更や、暑さ対策など、対応が日々変化していった様子が、図表を使ってわかりやすくまとめられていてかなり良い出来。毎日現場で見聞きしてきた光景であり思い入れもひとしおで、懐かしいキーワードの数々にやや興奮。リーフレットにして手元に置いておきたいくらいだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2006

「君が代」に関する覚え書き

君が代 - Wikipedia

君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔の生すまで
「君が代」の歌詞は平安時代に編纂された古今和歌集に収録された詩を出典とする。「君」は君主の意だとして、日本のアジア侵略戦争中に天皇賛美、戦意高揚に利用されたのも事実だが、元々、国歌平安を願い、祝いの歌として歌われたものである。

一足の草鞋:「君が代は 千代に八千代に 細石の 巌となりて 苔の生すまで 」
君が代で詠われる細石(さざれいし)の実物は文部科学省の庁舎入口に飾られている。岐阜県揖斐川町で産出。地学的には石灰質角礫岩と呼ばれる堆積岩(即ち砂岩や泥岩、礫岩)の一種。小石(さざれ石)が長い時を経て大きな石(いわお)となる現象は、川の流れ等によって流れ着いた砕屑物の粒子が堆積し高い圧力を受け、続成作用を受けることによって堆積岩と成る過程で見られる。


国旗及び国歌に関する法律(国旗国家法)
RONの六法全書 on LINE
わずか2条の本文から成る根拠法。広島県の高校で国旗・国歌の扱いに窮した校長が自殺した事件をきっかけに1999年施行された。


国旗及び国歌に関する関係資料
(文部科学省)
学習指導要領における国旗,国歌の取扱い

学校における国旗及び国歌に関する指導について(通知)(文部科学省)


君が代について

中央公論社「三つの君が代」内藤孝敏著からの引用を元にした文章。現在の「君が代」が定着するまでには、三種類の別バージョンの「君が代」があった。現在の「君が代」は(一先ず詩の内容はさておき、)純粋に音楽的な視点から評価して価値の高いものだからもっと見直すべき。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 18, 2006

ノリタケの森

ノリタケの森

洋食器で世界に名の知れたノリタケの作る文化施設。社名の元となった則武は名古屋駅に程近い地にある。

ミュージアムを見学。磁器を作る工程ってまるでプラモみたいだね。

さ、今から授業だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 17, 2006

芝生がいいね

芝生がいいね

ま、たまには雨も悪くないかな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

消防署で救命講習

消防署で救命講習

うげ、気持ち悪い。昨日は久しぶりに藤が丘まで出て飲み会。楽しくて酒がどんどん進む。タクシーに乗って家に着いたのが3時だったか4時だったか。(利用明細を見ると3:59に切られていた)

朝からリバースしまくりんぐの胃に何も入ってないそんな状態で今日は東消防署へ。消防署にたどり着けるのかどうか、救命するどころかむしろこっちが要救助者ではないかという状態。日本でも10月から広められる新版のガイドライン2005(ガイドラインについてはこの記事参照)に沿ったCPR(心配蘇生法)をいち早く実習。新しい指針では、心臓マッサージを長く継続したほうがいいという最近の研究から心マのサイクルは30回に(本来は50回ほどがより良いらしいが施術者が疲労して効果が低くなることを考慮して)、非医療従事者には判断が難しい循環のサインの確認を取りやめ、心マの位置は両乳首の間等、より簡単で慣れていない人でも迅速に行えるようになった。新しくなったのを見るのは我々が最初というインストラクションのビデオには去年の万博会場でAEDを使われ心停止から生還した本人が出演していた。今ではBLS(一次救命処置)の重要性を説く講演も行っているそうだ。

指導していただいた救急救命士の人には、心マのテンポ(100回/分)はアンパンマンの歌や「地上の星」を頭の中でイメージするといいとか、実習用の人形に呼気を入れるのはコツをつかまないとなかなかすんなり行かないが実際の人に行うときも人によって全然入り方が違うとかの話を聞くことができた。実際に街中で人が倒れると、周りの人は関わるのを避けようとして近寄ってこず、あるいは後ろの野次馬にも見えるようにと一回り、二回りも離れたところに野次馬を作るので、救急隊が活動するスペースは自然に確保されているという、笑うに笑えない話も。もし身の周りで誰かが倒れても、うろたえることなく冷静に対処できるようにしたいものだが、前述の例のようなお寒い状況は見たくないとの思いも強くした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 16, 2006

名城線遅れ情報

名城線遅れ情報

[10時57分、大曽根駅で人身事故のため、等間隔でダイヤが乱れています。]だそうだ。この表示初めて見た。

時隔調整で全列車正常のダイヤから後ろにずらして運転中ってことか。どの線(区間)に影響が出てるかは書いてないのな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2006

国内旅行業務取扱管理者試験

国内旅行業務取扱管理者試験

正直今回は勉強量が足りなかったので無理かもしれんね、受からなくてもいいやと半ば覚悟して行ってきた。

疲れたので簡単に。旅行管理者は、旅行会社の営業所に最低一人は有資格者を選任することが義務づけられている国家資格。今日受けてきた「国内」と、来月に行われる海外も含めた「総合」とがある。試験範囲は旅行業法と旅行業・運送・宿泊に関する約款、観光地理。JRの営業規則や航空、地理の知識は元々うっすらあるということでやっぱり今回も半分趣味。半分は実務で使えればと、、、
感触としては時間いっぱい使ってなんとか埋めたといったところ。満足ではないがボロボロだと思ってた割にはできた気がする。

模範解答もないので4時間程もの時間をかけた上に不確定ではあるものの、自己採点をやってみた。さてその結果だが、旅行業法に関してはもしかしたらまさかの満点かもしれない。前日詰め込んだかいがあったか。しかし、後の二つは合格ラインとされる60%にかなり肉薄している。いやあかなり微妙だけどここまで来たら受かってるといいなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 03, 2006

撮影画像1万枚突破

キスデジ導入時から通番でつけているファイル名がIMG_0001.JPGに戻っていた。2004年の2月にデビューさせてから2年と6ヶ月での到達。去年の万博中に撮ったのがおよそ4500枚だから、これのせいで早まった面も多かろう。一周到達の記念(?)の一枚はパーク音娘。で訪れた名古屋港で空(昼の月)を撮った一枚であった。嬉々としてヲタ芸を打つヲタの姿ではなかったのが不幸中の幸いだろうか(w

最近、写真を見ていると画面に黒いしみが目立つようになってきてカメラ内部に埃が入ったかに見えたが、ノートPCの液晶が死んでドット抜けしてしまったようだ。なんとも邪魔な存在だ。持ち運び時の衝撃も影響しているのだろうか。
060903

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 02, 2006

パーク音娘。 Vol.4

パーク音娘。

パーク音娘。 Vol.4 日時: 2006年9月2日(sat)  Am11:00~Sunset Time (雨天中止) 場所: 名古屋港水族館 南側緑地      名古屋市港区        地下鉄名港線 名古屋港駅下車 2番出口から徒歩5分ぐらい 料金: 無料!! DJ: アレク、あま、ジョンソン、山本太郎、Nao、みづき、ぱる、ジロウ ゲストDJ: のいず(22 CONN(ё)XION。)

パーク音娘。は太陽の下でハロプロの曲を楽しんじゃおう!という野外音楽イベントです。
裸足になって踊るもよし!汗だくになって打つもよし!芝生に寝転がって音を楽しむのもよし!
ともかく何をやっても最高に気持ちよいのです!
潮風に吹かれながら大好きな音に浸る至福の時間。
過ぎ行く夏を満喫できる1日となること間違いありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

農作業に精を出す

農作業に精を出す

知多半島は美浜近くにある田んぼ。週末に行っている草苅りに同行してみた。水の中にいる昆虫やカエルもこうゆうとこで見るとやっぱいいと思う。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »