« 線香花火 | Main | バス停輸送中 »

August 08, 2006

地球儀っておもしれー

地球儀っておもしれー

問題です。日本から真東に向かって進むと何と言う国に当たるでしょう。
アメリカだと思った人、ピッ。残念。違うんだなこれが。

正距方位図法(中心からの距離と方位が正しい、周辺部の伸びた円形の地図)で描かれた世界地図を見るとわかるが、ヒント:日本(東京)から西に向かっていくとインド(ムンバイ)、ケニア(ナイロビ)を通る。

このことが感覚的に理解できなかったので地球儀を見ながら工作して考えていたら“発見”した。真東というのは地球の南北を結ぶ線(経線)に直交する線になる。そうしてみると確かに、東京からまっすぐに進んだ線はハワイをかすめアルゼンチン(ブエノスアイレス)を通り、そして日本の裏側、ブラジル沖の大西洋に至るのである。なんと、東西を結ぶと信じていた緯線はこの線からみると北東の方向に湾曲しているではないか。しまったー、今までミラー図法で描かれた世界地図に見慣れてすっかりだまされていた。緯線は直線ではなかったのかか。いや直線には違いないのだが、、、。

さらにもう一つ言えることは日本から真東に進むとハワイに到達するが、逆にハワイから真西に進んでも日本には着かないのだ!ハワイからの真西の線は日本より南、フィリピンの辺りに行く。

なぜなら南北の線は絶対であるが東西はそうではない。南北には果てがあるので北に向かって真っ直ぐ飛んでいけば極のところで必ずぶつかるが、東西には果てがない。経度ごとに取る東西の位置は全部違う。真東を向いて“まっすぐ”出発しても、進めば進ほど真東の方向とはずれていく。逆にその地点地点での真東に向かって修正をかけていったものが緯線ということか。

普段日常で使う範囲では常識と信じていたことが地球規模では通じない。地球が球体であることを考えればわかりきったことであっても、平面の地図でしか見ていないと気付かない。面白いなぁー。地球儀って偉大だ。

しかしそう考えてみると飛行機で方位を取るのはとても難しいことのように思えるな。サンフランシスコに飛ぼうと思って9の方向に合わせとくと思わぬところに行ってしまう。

|

« 線香花火 | Main | バス停輸送中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地球儀っておもしれー:

« 線香花火 | Main | バス停輸送中 »