« エコマネーセンターへ/切絵灯篭 | Main | 心肺蘇生法改訂 »

May 06, 2006

道交法改正(違法駐車取締り関係の変更)

平成16年6月に公布された改正道路交通法のうち、違法駐車対策関係の部分が6月1日より施行される。この施行で大きく変わる点は、違法駐車取締りの民間委託と、車両の所有者への罰則強化。現在、警察の広報や報道によって国民への周知が行われている。時間貸し駐車場の業者は需要増を睨んで拡大に乗り出しているようだが、運転者にとっては最近のガソリン高と合わせてちょっと頭の痛い話。


駐車違反:取り締まり民間委託、全国270署が導入-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

知りたい:改正道交法、6月施行 駐車違反に厳しく!-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
道路交通法一部改正(違法駐車対策)(警視庁)
改正道交法Q&A(警察庁)

民間で駐禁取締りを行えるようになるのは、都道府県公安委員会の実施する講習を受け、駐車監視員の資格を取得した者で、管轄の警察署から委託された受託法人(放置車両確認機関)に所属して取り締まり活動を行うことになる。受託法人としての登録は警備会社や、ビル管理、不動産、土木工事業からの参入が見られる。駐車監視員の資格は14時間の講習を受けて簡単な筆記試験を受ければ取れるようだ。更新も必要ない。興味本位で取っておこうかしら。

駐車監視員資格者講習
キョクたん大尉:駐車監視員資格覚え

民間委託を行う地区では警察署単位で取り締まり重点地区等のガイドラインが公表されている。委託規模を見てみると、愛知県警では緑署の2名から中村署の16名までと、初年度は意外に小規模。

愛知県警察|駐車監視員活動ガイドライン
取締り活動ガイドライン(警視庁)

取り締まりに使う記録端末の面から迫ったデジタルアリーナの記事と、死活問題に直結する物流業界の記事が興味深い。都心部への配送はサテライト(営業所)にトラックを置き、台車で行わなくてはいけなくなるかも?引越しはどうなる?

6月から始まる駐車違反取締りの民間委託、カイドラインの公表遅れる - 物流業界ニュース 富士物流株式会社:
“デジカメパチリ”で即アウト! 違法駐車取り締まりのデジタル化で何が変わる? / デジタルARENA


心配なのは民間委託で公正な取り締まりは守られるのかどうか。身内やグループ企業の車両を取り締まらないといった恣意的な運用は防止できるのか。駐車監視員はみなし公務員になるとはいえ前述の通り比較的簡単になれそうなことを考えると厳格に徹底できるだろうか。あるいは現場で面倒なトラブルも頻発しそうだが、民間人ではなめられるんじゃないか。


名古屋随一の歓楽街中区錦3丁目では横行する交差点内の路上駐車を防止するため立てられたポールが思いっきり無視してその上から駐車する車によってボコボコ。この状況は変わるのか?
0605061

|

« エコマネーセンターへ/切絵灯篭 | Main | 心肺蘇生法改訂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/9922503

Listed below are links to weblogs that reference 道交法改正(違法駐車取締り関係の変更):

» そこらに駐車できひん・・・ [やんちゃなおやじ!]
6月1日から始まる駐車取り締りの民間委託で、違反車両を確認する「放置車両確認機関」は74法人となり、違反車両にステッカーを張る駐車監視員は約1600人←パクリ。パクリ→新制度では放置を確認するとすぐに標章を張ってデジタルカメラで撮影・・・←パクリ。。  パクッてばっかしですまん、覚えて書くのにはちょっと文章が長すぎて覚えきれへんわ。 とにかくそういうこっちゃ!て・・・えらいこっちゃがな、ほんまに�... [Read More]

Tracked on May 08, 2006 at 12:40

« エコマネーセンターへ/切絵灯篭 | Main | 心肺蘇生法改訂 »