« February 2006 | Main | April 2006 »

March 30, 2006

25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)

昨日大量のメールを送る用事があって、以前から使っていたアドレス(無料メールサービスのF)から送付を試みたのだが、原因不明でメールサーバに接続できなくなっていることに気付いた。Outlook Expressが吐き出したエラーメッセージは下記の通り。

サーバーは接続を解除しました。 サーバーまたはネットワークに問題があるか、またはアイドル時間が長すぎた可能性があります。 アカウント :*** サーバー : '***' プロトコル : SMTP ポート : 25 セキュリティ (SSL): なし ソケット エラー : 10053 エラー番号 : 0x800CCC0F


受信は問題なく出来て、ブラウザから使うWebmailでは送信もできるという症状。エラー番号で検索して何度も設定を確認したり、サーバーのタイムアウト設定を長くしてみたり、メーラーからアカウントを削除して再設定してみたが解決しない。かなりの時間じたばたしてみたたがYのアドレスでも同じ症状が出ることが判明。仕方なしにFとYのサポートにメールで質問。数時間後にFから返信が来て意外に早いのに感心したが、その内容を見てがっくし。

お問い合わせの件ですが、一度、メールの設定を 削除して頂き、再度設定を行って下さい。

設定完了後も送受信に問題がある場合は、他の原因も考えられます。
その際は、エラーメッセージ全文をF***事務局宛にお寄せください。

おい!再設定したことも、エラーメッセージの内容も問合せのメールに書いたじゃねーか!馬鹿。

しかしその後Yから来たメールの内容は至極的確だった。プロバイダの実施する25番ポートブロックの可能性・・・
あ。やべ、原因これか。そういやだいぶ前に来たお知らせに書いてあって、このページも見てたのになんかよく理解できなかったので関係ないと思ってほっといたのだがずばりこれの通りだった。いや、申し訳ない。


会員サポート > 突然メールが送信できなくなったお客様へ :@nifty
@niftyトップ > 迷惑メール対策@nifty > @niftyの取り組み > 25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)
会員サポート > Outbound Port25 Blocking Q&A:@nifty

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 19, 2006

難しく考えすぎなのか?

3月。今行っている学校も、もうまもなく終了。最後の総合演習課題の一つにHP作成があって、オレの中では、というか基本的ITスキルを身に付けるこの講習の目的としてwebは重要視するところじゃなかったのだがやってるうちにのめりこんできてしまった。オレが初めてHP作ったのがリアル中房な時だったか。ネットで調べてHTMLタグを手打ちするところから始めたのだがそれ以来の再燃。配色のテクニックとかPhotoshopの使い方の本とかまで買ってきてしまった。

今までInternet Explorer(IE)しか使っていなかったが、動作確認のために別のブラウザ(FireFox)を入れて比べてみたら結構差異が出るんだねぇ。というかIEが意図した通りに表示しない。なるべくW3Cの勧告するHTMLに準拠したソースでありたいと思って、TABLEによるレイアウトでなくDIVを組んでみて、FireFoxではうまく見れるんだけどIEで開いたら微妙にずれてきたり。推奨されたやり方でやってうまくできないとなると釈然としないなぁ。まぁオレの場合は何か他に解決法があるのかもしれないが、なにぶんCSSの定義をいちいち確認しながらやっているので時間がかかるのである。

ここまで読んでも全く意味がわからない人に逃げられてしまいそうなのでオレなりに噛み砕いて説明してみると・・・インターネットでホームページを公開するためのHTMLという言語をW3Cという団体がルール化していて、ホームページを作る人はW3Cの定めたルール通りにHTMLを書く。それを見る人はブラウザ(ホームページを表示するためのソフト。IEとか。)がW3Cのルール通りに翻訳して表示する。これでうまくいくはずなんだけど、実際にはブラウザによって解釈の仕方に差があって、同じページを見ても表示が変わってきたり表示できなかったりする。特定のデザインを表現しようとするときにHTMLソースの書き方にはいくつか方法があって、そのうちいくつかの方法はデザインの仕方が十分にルール化されていなかった頃の古い時代のやり方であったり、間違ったやり方であったりしてHTMLのルールに厳密に則れば推奨すべきでない書き方なのだけど、見かけ上は特に問題なく表示されてしまうのでそれがまかり通っている。まぁ大部分のHPを見るだけのユーザにとって普通に見られればいいのであって、わざわざソースを見て「気持ち悪いソースだなぁ」と思う人の方が少ないのである。残念ながら。

オレはこだわりだすと手加減の出来ない頭の固い人間なので(こだわりだす、というところがポイントで端から関心の低いことはどっちでもよかったりするが)、何かよくわからないけど出来てるからいいじゃん、結果オーライという訳に行かず、何がどういう仕組みでそうなっているのか理解できて、あわよくば人に説明できるくらいでないと気がすまないたちなのである。シスアドの問題を解いていてある問題の答えがわからなかった。4択から選ぶ問題で確かに消去法で考えていって一番ふさわしい答えはそれらしいと思ったのだが、その回答だけが導き出される確かな根拠がよくわからなかった。テストで得点できればいいってもんではないと思う。人に物事を難しく考えすぎと言われる。

ちなみにHTMLを正しく記述した場合(Web標準と言う)のメリットは文書の論理構造が正しく書かれているというところにある。つまり、見栄えというフィルタを一切取り払った状態でも正しく理解されるので、視覚障害者が音声読み上げソフトで表示しようと思ったときにうまく機能するし、検索エンジンのロボットはソースを忠実に読み込むので検索結果の上位に上がってくるということも言える様だ。

ところで、IEで正しく表示できないというのは結構大きな問題で自分がいくら正しいルールに則って作っていますと言っても、ブラウザの中で圧倒的なシェアを持つIEでうまく表示されなかったらそれはIEで見る大部分のユーザを捨てていることに他ならず、趣味でやっているサイトならまだしも企業サイトなんかだったら致命的。Webサイトの製作を引き受けて、大部分のユーザにはまともに見えませんが間違いなく正しく作られていますと言ってクライアントに納入できるはずがない。

話はここからそれていくのでHTMLの云々はどっちでもいい。この記事の主題はそこではない。冒頭に挙げた総合演習の課題は6人のグループでやっていてオレはリーダーなのだが、メンバーをまとめるのがあまり得意ではない。ていうかオレ以外全員主婦だ。一人はオレの1つか2つ上だが子供を身篭っている。そのことにびっくりだがこれもどっちでもいい。別に仲が悪いってわけでもないし、参加しない人がいるとか言うわけでもない。ただオレのような性格の人間は多分に少数派なのでなかなか理解されないと思う。全員で話し合って何かを決めるとき、大抵オレが和を乱す。皆が重要視していないことにこだわって流れを止める。それが重要なことだという確信はあるのだが頭の回転が遅いのでぱぱっと要点をまとめて伝えられない。自分の中でうまく考えがまとまる頃には話題の中心は既に他に移っていたりして、皆を納得させられはするのだがまだそんなこと言ってたのというような顔である。あれ、なんか釈然としないぞという。

先のIEで見られなければ意味が無い、というころからも言えることだが、要は世論を味方につけたものが勝ちなのだ。何事も勝ち負けで断じるのは良くない傾向だが、正しいことを言っても理解されなくては意味が無い。政治(※)の世界である。ガリレオ=ガリレイは地動説を唱えたけども遂に受け入れられず有罪になってしまったじゃない。就職試験でどんなに正しいことを主張できても、その場で面接官を納得させられなかったら負けなのよ。そんなことわかりきっているではないか。(誤解を招きそうだがIEが正しいと言っているわけでも、多数派が正しいと言っているわけでもない。ただ事実として多数派の流れを把握するのは重要である。)

大事なのは、いかに自分が正しいことを言っているのか主張することではなく、いかに相手にわかってもらえるように話せるか、なのではないか。無理やりな気もするがこれがまとめ。「試合(相撲)に勝って勝負に負ける」って言葉を引用しようとしたけどこの場合は微妙に違うのね。

※「政治」って言葉の意味を辞書で引いたのだがこれって何も説明してないんじゃないか。

せいじ【政治】
政治上のことがら。政治上の事務。まつりごと。

広辞苑第五版より

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無線LANが接続できません!

さっきからこればっかり出てきてネット接続の邪魔をされる。勘弁してくれ。作業が一向に進まん。いや原因はわかってる。ルーターから物理的に距離が離れすぎてる、てか壁が厚いのだ。解決策は隣の家までパソコン持ってくor壁ぶちやぶる→無理。ああ!もうこのバルーンうざいな。出てこないと出てこないでそれは困るんだけど。

近所の他人の電波が頻繁に入ってくるんだけど(しかもセキュリティの設定なし)繋いでやろうかしらん。f1000194.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 02, 2006

アヒル10羽

こんな早くから何してんだと(wf1000188.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »