« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

でんきの科学館 電力館メモリアル展示

今日を最後に改装工事で閉館に入ると知ったので急遽覗いてくることにした。今日までだったが、万博の電力館の思い出展示が行われていた。展示自体はこれといって新しいものがあるはずもなく、過去の思い出にいつまでも浸ってるのもあれな気がしてくるが。。。ただ音楽を聞くと不思議とぶわぁ~っと思い出すね。やっぱり懐かしさがこみ上げてくるのであった。

それはさておき、でんきの科学館は中部電力が運営しているが、中電のPRだけでなく電気全般について学べる博物館(しかも無料)で、ワークショップなんかもやっている(無料だけど)優良な施設である。展示を見ながらワークシートに記入すると、エコマネーセンターで環境学習のポイントがもらえるということだったので1枚だけ参加。

写真はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本の空港

日本には全部でいくつの空港があるのだろうか?ぱっと思いつくだけあげていっても10や15はあるが、正解は大抵の予想をはるかにしのぐ。今日の中日新聞サンデー版大図解シリーズ「日本の空港」特集によるとその数なんと、約100。この特集には滑走路や乗降客数のデータも図解で載っていて非常にわかりやすい。

空港の分類については空港整備法に定められていて、神戸空港がまもなくデビュー!えっ他にも? - [よくわかる時事問題]All Aboutから引用するが、この分類は細かいところで実態とは離れてきているので、あまり厳密なものではない。

■第1種空港……国際航空路線の飛行場。整備費用は100%国が負担。国が設置・管理する東京国際空港(羽田)と大阪国際空港(伊丹)、株式会社が設置・管理する新東京国際空港(成田)、関西国際空港、昨年デビューした中部国際空港の5つだけ。規模が大きいからやっぱり数は少ない!

■第2種空港……主な国内航空路線の飛行場。国が設置・管理する空港(仙台空港など)と、国が設置し、県など地方自治体が管理する空港(秋田・山形空港など)がある。整備費用は国が3分の2または55%、地方自治体が3分の1または45%を負担。全国にある数は24。単純計算で、全国47都道府県の約半数にあることになりますね!

■第3種空港……地方的な航空運送を確保するための飛行場。自治体が設置・管理する(神戸空港はこれに当たります)。整備費用の負担は国50%、地方50%の折半。全国にある数は53。やっぱりこの種類が一番多く、47都道府県に最低1つ以上ある計算です。

第1種から第3種までを合計すると……なんと82! 各都道府県にだいたい2つずつある計算になります。

第1種の大阪国際(伊丹)から現在国際線の定期便はないし、第2種の福岡や新千歳、第3種の青森や富山からは国際便が出ている。(北海道や東北の地方空港は特にアジア方面から冬のリゾート地として需要が増してるとか。)そして全部合計して82とある、この中に第1種から第3種のどれにも該当しない「その他飛行場」である、札幌丘珠や小松やそしてなんと、名古屋(小牧)は含まれていない!セントレア開港後の通称:県営名古屋空港(小牧)は航空法上の正式名称は名古屋飛行場なんだね。

こんなにたくさんの空港があると、4本目の滑走路を造る羽田等の上向きなところはいいとして、地方空港、こないだ見てきた神戸や、今造っている静岡なんかこの先大丈夫かしらと思ってしまうのだが、はたして。セントレアも今のところ好成績だけども、胡坐かいては入られないね。

全国空港ガイド
日本の空港 - Wikipedia
名古屋飛行場 - Wikipedia
これだけは知っておこう!2006年の航空業界 - [エアチケット]All About

| | Comments (0) | TrackBack (0)

[お知らせ]プロフィールページの更新

このblogのプロフィールページを更新しました。

2004/06/21にこのblogをスタートしてから、だんだん方向性というものが少しは見えてきたように思う。詰まる所、ただの自己主張の塊。一つの記事を書くのに多大な時間と労力をかけている割に、後から見てみると恥ずかしくて自分で読み返すのもはばかられる文章のオンパレードである。人の書く文章や雑誌や新聞などの媒体に書かれる文章にも関心は高いのだが、到底自分の能力(語彙の欠乏、筆の遅さ両面)からは成り得ないなと思う次第。


masaking/名古屋のマサキング/ま~くん ◆2UpNAGOYAc
1985.6.3生まれ。男。
コンサート・イベント運営の現場→愛・地球博マルチスタッフ→???

*/このblogの位置づけ/*
趣味や仕事の範囲をベースとしつつも、自分の思っていることを記録に留めておくためであったり、学んだことを忘れないためのメモ書きであったり。それから面白いものの紹介や写真発表の場でもあります。サブタイトル[masakingのヲタヲタした行動の端々をdrop]は、そんなblogの方向性を端的に表したものです。そのため扱う内容は多岐にわたり、雑多な印象は否めません。特定の内容に絞って作られたサイトに比べると、読者諸氏にとっては不必要で配慮に欠けた文章が並ぶでしょう。インターネットに氾濫する情報の海で、自分の理解のためにまとめた記事が誰かの役に立てばいいなと思いつつ、なるべく一つの記事で一つのテーマとし、blogのカテゴリ分けという大変有効な機能を利用し情報の整理を推し進める方針です。(全ての拙稿のインターネットへの垂れ流しそのものが負の財産であるという考え方は一切無視するものとする( ̄ー ̄))

筆者の人となりや性格、興味の対象等についてはmixiのプロフィールページにおいて、より最新かつ詳細な情報を更新出来る見込みですので、万が一興味を持った方はこちらをご参照ください。mixiをやっていない方は申し訳ないですが、日々の記事の内容からご想像ください。大方その推測は遠く離れていない結果になっていると思われます。

profile06

そうだ、ちょっと聞きたいこと。ネット上のオレと、リアルで会った時のオレの印象って比べてみてどうですか?教えてください。>各方面諸氏

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2006

[メモ]欲しいカメラ

広角が欲しいなぁ。。。ネットで見てたらどんどんよく思えてくる。ちょっとお店で見てこようかな。

EF LENS|EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】【速報版】キヤノン EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
Amazon.co.jp:Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM APS-Cデジタル一眼用: エレクトロニクス


もしくは、コンパクトデジカメでいいなと思っているのがL3。ポケットに入れて気軽にスナップする用に。キスデジは人に渡してちょっと1枚撮って、てのがやりにくいからねぇ。性能的には同じ価格帯でやや劣るのだがデザイン重視で、買うなら絶対限定色の紫だな。
キヤノン:IXY DIGITAL L3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 23, 2006

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター

人と防災未来センターは阪神大震災の経験を語り継ぎ、その教訓を未来に生かすことを目的として、2002年4月に開館した「防災未来館」と2003年4月に開館した「ひと未来館」の2つの建物で構成される。阪神大震災の記録と資料の保存展示を行う一般向けの博物館と、災害対策の専門家が集まる研究機関の機能を持っているようである。神戸市中央区、HAT神戸地区にあり、兵庫県立美術館やWHO健康開発総合研究センターと並んで建っている。

写真集へ

このあたりは、広い道路と土地を贅沢に使った近代ビルが整備された都市街区で、その中でガラスの層を被せたような透き通った立方体の建築がひときわ目立つ建物が防災未来館であった。ちなみに「防災未来館」と「ひと未来館」はそれぞれ独立していて、片方だけに入ることも出来る(入館料:大人500円)、両方を見る場合(大人800円)は「防災未来館」から先に見るように順路が設定されている。

防災未来館に入り最初にエレベーターで4階に上がる。待ち受けているのは阪神大震災発生の瞬間を迫力の再現映像で見る「1.17シアター」。上品な外観の建物とは裏腹に、あの日の映像は見る者にいきなり大きな衝撃を与える。11年前に突然起きた悲しいできごと。当時9歳だったオレも、テレビや新聞で見た高速道路がなぎ倒され、ビルが大きく傾き、家屋の1階部分が潰れて丸々一階分ずれていたショッキングなたたずまい等をよく覚えている。でも、改めて見るあまりに悲惨な姿を前にここで思ったのは「本当にこんなことが起きたのだろうか」という感想だった。シアターの後に歩く実物大の街並みは実に効果的で、この表現は適切ではないかもしれないが、オレの中で原爆が落ちた後の広島の光景がダブった。順路どおり進むと先には、震災の後のドキュメンタリー映像、資料展示で振り返る復興のコーナーが続く。そう、人々はあの震災から立ち直った。こうして今、外から来たオレが神戸の街をちょこっと歩いたくらいではもう震災の爪痕はわからないくらいに復興しているのである。信じられないような現実に直面し、それでもくじけずにあきらめることなく必死に生きようとした神戸の人たちをオレはすごいと思う。この震災の後に人々はどう動いたのか。ボランティアの活動が注目され、防災、耐震建築という教訓が残された。展示された膨大な資料はなによりも真摯にそれを物語る。オレはここを一人でも多くの人が訪れてそれらについて学んで欲しいと思った。

東海地震、来るって言うしね。なかなか普段は取っ掛かりにくいことだが、何か対策しなきゃなとは思った。

続いて見た「ひと未来館」。こちらは内容的に震災からは離れるのだが、「いのち」や「生きること」をテーマにしているようだ。なかなか想像していたのとは違い、取り扱う内容も幅広く全容を掴みづらいものであったが、振り返ってみると科学館といった感じで、万博のいくつかのパビリオンで見たものと通じるところもあった。なかでも3Dシアターで見た「葉っぱのフレディ」の話と、「ブナ林の四季」のコーナーはなかなか良かった。終わりある命も自然というサイクルの中では全て繋がっている、というような話。ブナの木のシアターのところでナレーションを入れていたインストラクターのお姉さんが素晴らしく子供には優しく、大人にもわかりやすく、実に魅力的で引き込まれる解説をしていた。それを見た後で興味深げに展示を見ていたら先ほどのインストラクターの方が来ていろいろ話を聞かせてもらった。こちらも感想を伝えたり、万博のことにも話が及んだり、とても有意義な時間だった。感謝したい。


[公式]人と防災未来センター
人と防災未来センター - Wikipedia

| | Comments (4) | TrackBack (0)

20060218→20060219 神戸訪

今回はあんまり下調べをせずに思いつきで出かけたのであんまり多数のポイントを回れなかったが、阪神大震災の記念館が一番の収穫だったかも。普段会えない仲間に会えたからよしとするかな。

画像先行うpでコメントは適当に。
>>>写真集へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

ポートピアホテル

諸般の事情で時間が潰れて入るのが遅くなった。シングルの部屋が空いてないとかでツインに昇格。サービスでしてくれたような気がしないでもないね。予約入れたのも直前だし何も割引使わなかったから。一人で使うにはもったいない広さ。寂しさが際立つじゃないのって。

スカイラウンジで飲みたかったのだがチェックインが遅すぎて閉店。出歩くのも億劫になったのでルームサービスで赤ワインとチーズを注文。普段はしないような贅沢。半ばヤケだ、ヤケ。f1000184.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 18, 2006

♪日本のどこかに〜

夕方まで家でゲームしてたが思い立ってやっぱり出掛けることにした。とりあえず神戸まで乗車券買ってみたけど経路が若干おかしなことになっている(w
車輌端の席に座って時刻表くってたら気持ち悪くなってきた。700系ってこんなに揺れたっけか?f1000183.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 12, 2006

[メモ]フォントの知識

HGゴシックとHGSゴシックの違いがわかってなかったのだが、こういうことか!

HGフォントのHGとは:MS Office オフィスの使い方

▼HGフォントの等幅・プロポーショナルフォントの違い
HG創英角ポップ体 : 欧文・和文とも等幅フォント
HGS創英角ポップ体 : 欧文はプロポーショナルフォント・和文は等幅フォント
HGP創英角ポップ体 : 欧文・和文ともプロポーショナルフォント

和文フォント大図鑑
書体 - Wikipedia
フォント - Wikipedia
Category:タイポグラフィ - Wikipedia
アバウトフォント|フリーフォント/DTP製品FONTリンク集|ダウンロード
フォントを1書体、1文字からダウンロードできる Multi-bits

f1000180.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2006

典型的地方都市型コンビニオープンの例

今朝7時オープンとのことだが、まだ花は残ってたようだ(w 何せこの店、用地を確保してから一年間くらいずっとオーナー募集中だった。絶対大変だと思うけどがんばって。サークルKはEdyと手数料無料のATM(ゼロバンク)が使えるからいいね。

f1000169.jpg


ゼロバンクのサイトを見てたらFAQがちょっと面白い。

手数料ゼロ円でどうやって会社を運営できるの?
いろいろとご心配いただいておりますが・・・、まぁ、それなりになんとか。

ゼロバンク特製卓上時計(目覚まし機能付)があるという噂を聞いたのですが・・・
実在します。が・・・、オモオシロいネタと交換で手に入るという”噂”です。

これ以外にもところどころのコメントが力の抜けた感じで、よく言えば親近感があるというか、悪く言えば不真面目というか・・・。まぁ、嫌いじゃないが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

家で手羽先

手羽先ってほんとうまいね。主食にしてもいいくらいだ。飲み会でも一人で最後までさらえてたりするよ。今日は風来坊で買ってきたのを家でもっかい焙っている。スーパーで売ってるだるだるのやつはあんまりおいしくない。表面がカリッとしてなきゃ。家で作れないものかしら。
酒は伊勢で買ったゆず焼酎のお湯割。そこそこ充実した今週を振り返って至福だねぇい。f1000158.jpg

| | Comments (7) | TrackBack (0)

某大学(写真参照(w )

某文部科学省認定資格試験を受けに来たわけだが、大学構内に入るために訳もわからず周辺道路に並べられる。試験の運営めちゃくちゃだなこれは。詳しくは帰ってから。

さてさて。会場で元同僚と再会してしまった!今オレと同じように職業訓練校に通っていて資格マニアらしい(w 試験前にすれ違ったんだけど向こうは気付いてなくて、終わってから別の友達に電話番号を調べてもらって(w、合流。ドトールでコーヒーして皆の近況を聞いたり。意外なところで会うもんだ。

話は遡って試験前。15分前に集合とのことだったので25分前に会場に着いたのだが、敷地を取り囲むように列が続いてるもんだから先頭は見えなかったが、受付でもやってんのかと思い後ろに続く。時間的に大丈夫か?と思ったが同じ試験を受ける人らが並んでるのでまぁ受けられないってことは無いだろうと待つ。・・・・・・ダメだね!皆同じことしてると安心するけど全然ダメだね!判断を誤った。列の先頭まで進んでみると別に列を作ってるわけではなくて、試験会場の教室の場所が張り出してあるだけであった。しかもその張り出してあるちっさな図を見てもその大学に来たことない人にはどこだか全然わからない。側に大学の関係者らしき人がぼさっと突っ立ってたが聞いてきた人に初めてわかりづらい説明をしてるだけ。回り見てみてよ、おかしなことになってるでしょ。この時点でオレは軽く声を荒げる羽目に。

教室に入ったのが確か試験開始5分前。オレの席はドア開けてすぐの一番後ろ端の席。ほんとならこの時間にテキストの見直しとか出来てたはずなのになどと思いもするのだが、そんなことよりオレの頭の中は「うわ~、blogのネタになるぞ~。」と。完全に精神かき乱されてるでしょ。試験官(おそらくバイトの女の子)が注意事項を棒読み。そして教室の時計では試験開始時刻の10時を過ぎた。・・・って何の説明もナシかよ!試験官は別の時計を見てるんだろうと思って待ってはいたけど、不安になるっつの。分針が2周半くらい余分に回ってから初めて「只今10時です。始めてください。」でもね、どうも前のほうで先に解答始めちゃって試験官の声聞いて焦ってるそぶりの受験者が一人いたよ。全然気付いてなかったけど。で、試験が始まったんだけど廊下をばたばたばたばた走り回る音が聞こえてくるわけ。あぁ、校門ではめられた受験者だな。気が散って仕方が無いっての。なにしろオレのすぐ横にあるドアを開けて遅れてきた受験者が入ってくるわけよ。ありえないでしょ?そんな酷い状況の中で試験を受けさせられ、気付くと「残り30分」「10分」の声がどうもオンタイムで宣告されているような気がしてきた。つまり2分半遅れて始まったのに定時で終わりになるんじゃないかと。それからは暇をみては時計と試験官の方をずっと見ていた。まだ解答用紙に空欄が残ってるのに。どうもそれは気のせいだったのか試験は11時2分半に終了。こんなに集中できない試験は初めてだよ。この大学は過去に試験会場として使われたことはないのかと疑いたくなるような様だった。

f1000156.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

エキスポマークに込められた機能

愛・地球博のシンボルマークは大貫卓也というデザイナーさんがデザインした。その人の特集が広告デザインの雑誌「デザインノート」1号に載っている。この本の発売はかなり前で2004年の10月に出ているものだが、本屋で平積みされていたのを見つけて買ってみた。

このマークには正式には名前が付けられていなくて便宜上、勝手にエキスポマークと呼んでいたが、万博の象徴として多方面で活躍した。実にシンプルでありながら独特の力を持っていて、元のデザインに全くアレンジを加えることなく、定型を飛び出して活用できる機能性を持っていた。

この本では最終的に決定したシンボルマークが生まれる前の膨大な量のラフや、プレゼンテーション用の企画書まで載っていて非常に興味深い。このマークが最も的確に愛・地球博を表しているように思えるのは、単に見慣れたからではないと思う。

シンボルマークと愛称ロゴ | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

f1000140.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2006

万博のアルバムキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!

前職の会社から小包が到着。これは・・・噂に聞いていたアルバム!

開幕してからは会場全体に散らばったスタッフが一つに集まることは不可能であったから、職場の思い出も各セクションごとで独自に作ったものであったりして、あそこではそんな風なんだと、人づてに聞いたりしていた。会場サービス全体の記念品があるらしいとちらと聞いてはいたもののいい加減、年も明けてもううやむやになったのかと思いかけてたけど、ちゃんとキタワァ*・゜゚・:.。..。.:*・゜(n’∀’)η.*・゜゚・:.。..。.:*・゜

これは、立派な立派なアルバムじゃないっすか!うれしいわぁ。そしてユニフォーム姿のピンバッジ。でかっ!せっかくオリジナルのキャラクターを一から起こすんだったら会期中に使ってれ・・・いえ、なんでもありません(笑)「会期中の出来事」には公式記録には出てこないような内輪の話題が・・・!あ、でもスタッフ全員のピンショットはエリアによってまちまちだわ。これでいいの?ってな写真にされちゃってる人もいますが・・・ほ、オレはセーフ。あー、オレが撮った写真も使われてるじゃない。そんな話は聞いてなかったけど・・・まぁいいや。

これは時間をかけてじっくり楽しむとしよう。お世話になった皆様ありがとうございました!
f1000154.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 02, 2006

一直線に貼りたくなるテープ

ラシックの5階丸善で面白いものを見つけて即買いしてしまった。道路の柄がプリントされたガムテープ。味気ないガムテープの印象を楽しげなものに変えてくれる一品。所謂布ガムではなくクラフトテープ(紙)なので重ね張りはできないがラッピングに使えそう。写真のroadの他にrail,measure,tireの各柄もある。

A PATH TO THE FUTURE (D-BROS)f1000151.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クレカ取得

わーい。***銀行でキャッシュ兼用のクレジット獲得。無職でも審査通ったぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デニーズの看板

これやめてほしいよね。

7&iグループが持ち株会社制になって看板にグループのロゴを掲げるようになった。セブンイレブンのアイデンティティーしか残ってないじゃん、安易だなぁとデザイン自体にも不満はある、が。
何が困るって、ぱっと見デニーズの横にセブンイレブンができたのかと思ってしまうではないか。f1000149.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »