« 閉幕日の一日 終わった | Main | 閉幕日の一日 長くて短い一日 »

September 28, 2005

閉幕日の一日 開場前

閉幕日もいよいよという頃になって万博の朝は随分とおかしなことになっていた。開幕の頃なんか主要交通機関であるリニモにしたって7時台は大半が出勤のスタッフで、ところどころこれから遊びに行くという来場者の姿が垣間見える程度だった。それが段々逆転して行き混雑はどんどん激しくなる。リニアモーターカーに初めて乗車し、「やっぱ静かだね」「思ったより揺れるね」「リニアってもっと速く(超高速で)走るものだと思ってた」等の新鮮な感想で毎日車内の会話が占領されるようになっていくのである。そして西ターミナルの広大な団体バス駐車場や北ゲートに並ぶ長蛇の列が見えた瞬間のため息と阿鼻叫喚の繰り返しである。駅に着き扉が開いた瞬間に始まるダッシュ。日に日に早くなる混雑ピーク帯に通勤手段としては致命的な欠陥である。なにしろ、酷いときには藤が丘駅で朝7時の乗車待ち時間が40分なんて出始めるわけである。ぎゅうぎゅう詰めの混雑には耐えられたとしても、通勤のために1時間早く出てこいとはあまりに無情ではないか。来場者だけ集まったって我々が揃わなきゃ会場は開けられないよ、と皮肉の一つでも言いたくなる。常連に言わせれば、もはや6時7時に会場に着くのは遅い部類に入るのだそうで、始発のリニモに乗ってくるかそうでなければ前日からゲート前で泊り込むのが朝から万博を満喫する人には常識のようだ。終電で万博会場駅に着くとゲート前までの場所取りレースが始まるという噂である。いや中日新聞によればあながち冗談でもないらしいから怖い。

最後の1週間などは個人的な万博巡りもラストスパートに入り体力的にもかなりの無茶をしてみた。我々は早番・遅番の2交代で勤務しているが、仕事の前か後に見学をし開場前から閉場までい続ける日が続いた。疲れのあまり終電で降り過ごしたことも数回。それでも回りきれず見るのを断念したところもいくつか残った。なぜもっと空いていた初めの頃に見学しておかなかったんだとの思いが何度浮かんだことか。

9月25日。早起きして閉幕日の思いをかみ締める。予定であったのだが何の用意もなく気付いたときには焦って家を飛び出したオレであった。が、最終日にして初めて出た専用貸切バスのおかげで出勤時間には余裕で間に合った。9月に入ってからはゲート前の滞留者数が限界に達してきていたため、本来の開場時間である9時より前にアーリーオープンすることが常態化していたが、この日内定されていたのは超アーリーな8時10分オープン。当然それに合わせたアーリー出勤がかかっていた。ところがバスに入ってくるときに見えた北ゲートの光景、既に北ゲート前のスペースは埋め尽くされ、普段は閉鎖されている会場間シャトルバスの乗り場が並び列用に開放されている。西ゲートでは会場の敷地内に入りきれず一般道にまで3キロの列が伸びたという報道であった。

更衣室で着替えを終えると我々西エリアのスタッフはゲート前に集合し全体朝礼を行った。途中の道ではあちこちで仲間たちと記念撮影に収まろうとする者が溢れ皆のテンションはいつもより明らかに高い。あれだけきゃあきゃあいいながら出勤したのは初めてだ。本日は全スタッフが一日通し勤務。ちゃんとユニフォームを着たスタッフがこれだけずらっと揃ったのは最初で最後のことである。全体の集合写真を撮った後、西エリアチーフディレクターの訓示があり最終日のお客様をお迎えする心構えが出来た。開場時間も迫る中、各ポストに分かれてのスタンバイに向かう。ゲート前には既に大勢のお客様が待っている。

開場時の全ゲート前の合計滞留者数は約4万1千人。実に開幕日の総入場者数(約4万3千人)に匹敵する数の来場者が開場前に集まったことになる。

|

« 閉幕日の一日 終わった | Main | 閉幕日の一日 長くて短い一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/6156942

Listed below are links to weblogs that reference 閉幕日の一日 開場前:

« 閉幕日の一日 終わった | Main | 閉幕日の一日 長くて短い一日 »