« July 2005 | Main | September 2005 »

August 25, 2005

東山線の車体に

名鉄って書いてあるヽ(´ー`)ノf1000031.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤い閃光照らして走る

8月某日某所。
傷病患者発生。患者は催事出演者のX歳X性とX歳X性。先着のMD隊の医師の診断により、救急搬送が決定。北診療所と西管理棟から119車両が出動。パブリックゾーンへの進入につき直轄警備隊とX方面警備隊が手際よく動線確保に走る。サイレンを止めた119車両が静かに現着。患者の容態が安定し搬送は行わないことに。各隊員は速やかに引き上げた。

050825

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2005

パーク音娘。

ちょっとしか居られなかったけど芝生が気持ちよかった。すぐ前の海を通ったヨットにヲタがっついたり、子供を担ぎ上げたり、とても開放的。050820-1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2005

キヤノン名古屋QR センター

キヤノンの修理センターに行ってきた。カメラのファインダーにほこりが入ったのでクリーニングに出して引き取ってきただけなのだが担当男性は「大変お待たせしました」「すいません。」「どうもすいませんでした。」の連発。あ、こちらこそ無料でやってもらったのにすいません。f1000027.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2005

お昼の雷雨 中央線に後遺症残し

しくった。完全にしくった。素直に地下鉄で帰ればよかった。中央線はダイヤが乱れれてて全然動かない。エキスポシャトルは待っててもこないので愛環線内列車にギュウギュウ詰めで乗車。八草駅のバイト駅員もうちょっとうまく説明しろ。


高蔵寺乗り換えでようやく乗れたと思ったら今度は春日井で抑止を食らう。折り返しのやり繰りがつかないとみえて上り線は名古屋方で詰まって前に進まなくなってしまった。こういうときは激しく情報が欲しい。f1000024.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

名古屋市は馬鹿ですか?

路上禁煙地区@金山駅前。こんなにしつこく貼らんでもいいやろ。つかこんなに貼っても意味無いやろ。f1000022.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 09, 2005

帆船ビクトリア号

万博出展を機にスペインのセビリアを出航、8月5日まで2か月近く名古屋港に停泊していたビクトリア号。スペイン館の洋上パビリオンとして内部が公開されていた。その最終日、見学に訪れた。歴史上初めて世界一周を成し遂げたビクトリア号を復元したというその船は、新聞などに出ていた写真で想像していたものよりずっと小さく実物を見たときには拍子抜けという感想を持ってしまった。航海中は豪快に海面の上に見せている胴体も、なにしろ接岸した岸壁より下に隠れてよく見えない。しかし黒光りした木製の船体と帆は張っていないものの高くそびえるマストは威厳たっぷり。思い浮かんだのは海賊船というイメージ。500年前のそれは寄港した町で食料と交換するための宝箱も積んでいたらしい。こいつで世界を一周したんだと思うと感慨もひとしおである。中もそんなに広くは無かったが地下の船室?倉庫?には入れなかった。もうちょっと船の説明があればもう少し楽しめたかな。愛・地球博のワールドスタンプもちゃんと設置されていたのでしっかり押印。甲板に上がると、下が暑くむわっとしていただけに風がとても気持ちよかった。

f1000018.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2005

ムシムシ大行進

先ほどの話だ。自転車に乗ろうとしたら車輪にカマキリがついているわけだ。あぁ、このまま走ったらぐるぐる百回しの刑になるな、と。どんな風に目を回すのか観察してもよかったのだが、心優しいオレはかわいそうだから車輪から引き離してあげた。それにしてもこのところよく虫を見るにつけ夏真っ盛りだと実感する。

万博会場には本当に虫がよく出てくる。バッタや立派な巣をはる蜘蛛にはしょっちゅう会うし、木にはセミの抜け殻が一杯ついている。昨日も迷子を保護して待っているときにクツワムシ?がでてきて間を繋ぐのに困らなかった。企業パビリオンのあたりにすらカブトムシが出てきたことがあるらしい。森の自然学校に参加すればもっと希少な動植物も見られるだろう。平穏に住んでいた環境に突然たくさんの人間が来ることになって今頃どう思っているのかなんて思いを巡らす。自然がすぐ側にある場所で開かれた万博の意義を生き物たちをみて考えてみるのも悪くない。

ただし、会場内での植物、昆虫等の採取・捕獲は禁止行為なので注意。貴重な自然は静かに観察するに留めよう。
f1000021.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

栄の乗り換えで

うわ、また逆の電車のっちまった。いつも乗ってる電車だからと油断して行き先見ずに乗るとたまにやるんだよな。信じられないミスだけどマジな話3回目だ。名城線の乗車位置によって階段上がったあとのホームの向きが逆になるのが混乱の原因だ。日によって違う階段を使うから方向感覚が狂うのだ。対策はもちろん、ちゃんと行き先を見て乗ることだ。慣れたことだけに基本的な確認を怠ったのが敗因だ。

くそ、遅刻しそうじゃねーか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »