« 想像を超える日立の人気 | Main | 澄み切った空に浮かぶ »

July 27, 2005

キリンは語る

長久手会場の北西にある遊びと参加ゾーン。EXPOホールから地球市民村に向けて坂を下っていくと突如道端にたたずむキリンやゾウの姿が見えてくる。なぜこんなところにと驚くなかれ。この動物たち、地元の人達には懐かしい記憶を呼び起こすきっかけとなるようだ。通りがかる人の中から時折聞こえる「あぁ、ここは前と変わらないんだねぇ。」「ほら、昔来たじゃない。覚えてない?」といった声。これら動物のオブジェや近くの地球市民村、わんパク宝島の建物等周辺一体は万博が始まる前にあった青少年公園時代の姿を色濃く残しているのだ。「ここは昔のまんまなんだねぇ」という声は本当によく聞かれる。もちろん万博を開くにあたって再整備の上必要な設備を取り付ける工事は行われているのだが、ことに劇的変化の見られる他と違って印象が強いようだ。未来に渡り永く残せるモノというのは今回の万博で多くのプロジェクトが訴えるテーマでもある。以前にここを訪れたことのある方はぜひこのゾーンへ。昔の話も聞かせてもらいたい。

万博写真集 動物広場 (Animal Place)

|

« 想像を超える日立の人気 | Main | 澄み切った空に浮かぶ »

Comments

村のバックヤードも見せてあげたいよ。
たぶん面影残りすぎだから。。。

Posted by: あっきぃ | July 28, 2005 at 21:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/5170655

Listed below are links to weblogs that reference キリンは語る:

« 想像を超える日立の人気 | Main | 澄み切った空に浮かぶ »