« April 2005 | Main | June 2005 »

May 26, 2005

会場内のご案内係

会場内で働いているスタッフにはありとあらゆる種類の仕事がありそれぞれに自分の仕事を受け持っている。そのなかでも会場内のご案内をし、時に困っている人の手助けとなり、お客様が最大限にこの愛・地球博を楽しんでいただけるようサービスの提供をする専門の職種が公式会場サービススタッフである。サービススタッフには二種類あり主に案内所やゲート近辺の定点的なポイントでお客様をお迎えしているのがアテンダントで、会場内を縦横無尽に歩き回り自らお客様を探していくのがマルチスタッフである。我々は開幕前から厳しい研修を受け接客の何たるかを身に付け、会場内のことに関しては誰よりも知識を持っているという自負と責任がある。

でもね、ボランティアの人の黄色のベストの目立つこととは対照的に、悲しいことに我々の存在って物凄く地味らしい。「このユニフォームかわいいね」とは正直よく言われるのだ。それはうれしいさ。うれしいんだ。「ピーターパンの人が親切にしてくれる」って微妙ながら認知度はあるようなのだ。なのに並んで立っていてもお客様がボランティアや警備隊の方に聞きに行ってしまうことがある。いや確かにクリーンスタッフだって周りの道案内はできると思う。むしろ会場サービススタッフだけでは数的にまかない切れない部分もあるし、専門外のスタッフが案内をしてくれることは我々にとってもお客様にとっても凄くうれしいことなのだけど、会場の地理やイベントやパビリオンのことで一番正確かつ最新の情報を持っているのは会場サービスである。パビリオンのアテンダントは自分とこのことについてはすらすら答えてくれるだろうけど、お願いだからそれ以外のことは聞かないであげて。選択肢があるのなら是非とも会場サービススタッフに聞いて欲しい、と声を大にして言いたい。ほら、会場MAPに載っているのも我々だから。

f1000010.jpg

なんて調子に乗って大きなことを言うと、答えられないような質問をされたときが怖いのだが。事実、毎日行われているイベントが多すぎてお客様が断片的な情報しか持っていないとどれか特定できないこともあるし。ただその疑問に誰が答えるべきかって考えるとその役目は我々になってくるし、疑問が解決できるよう最大限の努力をしますから。この万博を誰よりも楽しむコツは確実な情報を入手することにあるといっていい。

※この文章はあくまでも愛・地球博の中の人が個人で非公式に書いたものであり会場サービススタッフとしての公式なリリースではありません。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

今日までを振り返って

25日で開幕から62日目。正真正銘、185日の会期の3分の1を経過。・・・マジっすか。あまりに早かった。まだ見てないパビリオン山ほどあるよー。。。いやぁぁぁこんな時に「プッチベスト2」を聞きながら泣きそうになってるのさ。意味不明だけど。チュッ!夏パ~ティ。

毎日があっという間に過ぎて行き。こんなんじゃおちおちしてたらすぐに閉幕の日も来ちゃうんだろうなぁ。恐ろしい。自分用にまとめようと思ってた資料も作りかけのものがたまってしまい。もっと一日一日を大切にしなきゃなぁと思う次第。疲れてるのか一度寝ちゃうと睡眠時間がすごいんだって。仕事に慣れるにしたがって不協和音の聞こえてきてる部署もあるようだ、話を聞いてると。幸いにもうちのゾーンはまだ平和だと思っているのだけど・・・。やっぱ楽しく仕事したいじゃん!何が出来るわけじゃないがいい方向に向かってくれることを願う。

初心忘れるべからず。今一度だれた心身の粛正を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

愛・地球博 来場者500万人に

愛・地球博は5月23日9時30分頃、累計来場者が500万人に達した。当日午前中の入場者を無作為に10名抽出し、場内の看板や放送で当選者の入場券番号を発表したのだが名乗り出たのは5人だけだった。権利を手にしながら気づかなかったとても残念な方が5人も。愛・地球広場で当選者に認定の授与を行う記念のセレモニー。賞品の場内のお食事券2万円分や一日に限り主要パビリオンのどれでも並ばずに入れます権はかなりうらやましい。

この日は巡回中にこんなことを聞かれた。男女6人くらいのグループでその中の一人の男性ががっついてきた。「何でも知ってる人ですか?」「はい。」「モーニング娘。がパートナーシップやってるじゃないですか!」(ヲタキタ━━━(((((((゚∀゚)))))))━━━???)「モーニング娘。のサインはどこにありますか」「はい、西エントランスの公式記念品ショップにございます。」「おお、ほんとに知ってる!すげぇ!行こう!」「行ってらっしゃいませ。」・・・記念品ショップのショーウインドウに展示されている事はmixiでmakiさんが画像を載せてたのを見て知っていた。他のスタッフに聞いてたらたぶんスムーズに出てこなかったのでは。「モーニング娘。のサインの展示があるところをご存知の方」なんつー交信が無線で飛び交わなくて良かった(w

| | Comments (5) | TrackBack (0)

満月の夜はしっぽりと

月に一度、満月の夜に地球市民村で行われるフルムーンコンサート「しおのみち」。

早番の後に着替え終わりちょっとしてから外に出ると、突然の雨。吹き付ける風。あらら、今日は雨具用意してなかった。万博に遊びに来るときは昼夜で気温差が大きいので調整用の上着を持ってくるのに加え、念のため雨具を忘れないよう注意しよう。なにしろ山の天気は変わりやすいのだ。

西エントランスのレストラン街で暇をつぶしていたらたまたま隣で同じ仕事の仲間が話していた。しばらくして雨が小降りになってきたので一人、市民村へ。17時30分からのコンサートは既に始まっていた。少し肌寒くはあったが、村の中に広がる音の中で心地良い気分になりうとうとと過ごした。アンコールで出演者全員で演奏に入っていた19時15分頃には、流れる雲の中から昇ってきた満月が光を覗かせる幻想的な光景になった。

050523-1

小腹がすいたので近くのフードジャングルで何か食べる。暇そうにしていたトルコ人に勧められドネルケバブを注文。その場で食べていたらティッシュをポケットに入れてくれた。

その後、三菱未来館@earthへ。ここも月をテーマにした映像を見せているパビリオンである。パビリオン全体を覆う鉄網の間から生える草が特徴的な外観。開幕から順調に成長してきた緑が最近では三菱の文字を隠すまでになってしまっている。聞いてみたところ近く張り替えを行うのではとのこと。ここは入り口に立っている運営スタッフの一人がいつも親切で丁寧な案内をしているので好感が持てる。

並び列を進んでいくと自然にうずまき状の建物の中へと入る。ウェイティングエリアでは2台のwakamaruが掛け合いでテーマ「もしも月がなかったら」への導入と館内の注意事項を順に言っていく。あぁ、wakamaruをメイン展示とせずロボット“アテンダント”と位置づけていたのはこういうわけか。人間のアテンダントの見せ場の一つが奪われてしまってかわいそうだなと思ってみたり。ロボットをフォローするように「レインコートを脱いで入るよう」にとの注意を前後に再三繰り返していたのが目立った。内容についてはまた後で詳しく書こうと思うが、正直な感想を言えばもう少しストーリー性のある壮大なものを勝手に想像していたのでちょっとがっかりなところもあり。初めて見て素直に「あ、すごい」と思わせる技術はあるんだけどね。ショーが終わってアテンダントにパンフレットはないのか聞いてみたところウェイティングエリアに置いてあるのだが一日に配る量は1300しかないためいつも朝の回で無くなってしまうそう。仕方がない、また来ることにしよう。代わりに「ミニパンフレット」として三菱未来館の解説が書いてあるビニル袋をくれた。

終わって出てきたら例のスタッフ君が「本日は入場者500万人に達し多数のお客様がいらっしゃいましたが三菱未来館現在の待ち時間はございません」「空には満月が」と粋な呼び込みをしていた。

050523-2

帰りがけガスパビリオンに寄ってみる。ここはショーの終わりは早いのだが閉館ぎりぎりまで屋上に登ることが出来、会場内の夜景を見ることができる。丁度エントランスでアテンダントのラインナップが始まり偶然にも某らぶさん発見。夏服に切り替わったばかりのwitchと一緒に撮ってもらったけどぶれてますやん。フラッシュ焚いとけば良かったね。そういえば魔女も満月の夜に出るんだっけか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 16, 2005

集客状況雑感

GWが明けて落ち着くかと思いきや連日10万越えの日々が続く。昨日の朝なんかは7時20分頃で藤が丘の駅が溢れかえる混みようで待ってられなかったオレはレンタサイクルして飛ばしてきた。大体みんな裏をかこう裏をかこうとして予想を裏切る偏り方をしている傾向にある。天気の思わしくない日が妙に混んだり、GWの中日は結構空いていた。すこしでも空いている日に行こうと情報を得るのにやっきになってるんだろうなぁ。協会の担当者も大変だろう。前半の低調ぶりを盛り返す勢いで累計500万突破の日はちょっとしたセレモニーがあるようだ。

新聞にも出ていたが、翌日も休みな土曜が一番多く次いで日曜。平日では月曜が一番入る。

西ターミナルの駐輪場に留まる大量の自転車を見るに確実に地元民が増えているようにも思う。西ターミナルといえば遠くの方まで色とりどりにずらっと並ぶ数百台の観光バスも壮観な光景だ。さらに西ゲート周辺は学生団体も大量に来る。幼児から小学生低学年くらいは朝から来て遊びと参加ゾーンの広場でお弁当を食べて14時頃から一斉に帰り出すのでえらいことになる。エントランスからループまで帰るための列ができ警備隊がつきっきりで誘導にあたっている。西エントランス付近の狭さは致命的かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しいノートを買ったよ

ノートPCを買ってみた。買うと決めてはいたもののいろいろ考えるのがめんどくなって機種は店員に言われるままに富士通の05夏モデルを買うことに。でも店員の話はあんまあてにならなかった。

しかしいらんソフトが最初っから山ほど乗ってるなぁ。いるソフトだけ自分で入れてったほうが断然楽だ。セットアップといらないソフトのアンインストールで休日がまるまるつぶれた。

ところで、万博会場内にも公衆無線LANのスポットがあればいいのになぁ。ネットのできるところってどっかあったっけ?「IT時代の万博」でしょ?

050516

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 08, 2005

今日のモリゾー・キッコロ

最初のうちは、「モリゾー・キッコロは森の精なのでいつどこに現れるかわかりませーん。探してみてくださいね♪」と言っていていたのにいつしかこんな看板が。
050508


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2005

今日は混むぞ

遅番→早番のため長久手町泊。

7時台のリニモこんな混んでんのかい。途中駅では乗りこぼし発生してるし。ってゲート前来たら今までにないくらいお客並んでるわ。今日は混むぞ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜の国際交流

別にエロい話ではなく(w

時刻も21時を回ると企業パビリオンでは完全に後片付けに入りゲートに向かうお客様がぐっと増える。よく知られていないことが多くお客様から意見も多数頂いているのだが、長久手会場の閉場時刻が22時というのは完全に門から出ていただく時刻でありその一時間前に一部の営業施設を除いてパビリオンは閉館してしまう。外国館はそのあたりあいまいなところもあって、国によってばらつきがあるのだが基本的に21時を回ったら入れるパビリオンはないと考えたほうが良い。

そんな人気も無くなりつつある時間、ある外国館に併設されたカフェに国際色豊かな人だかりができていた。どうやら今夜はここでパーティーでも開かれるようだ。自国のパビリオンを閉めたスタッフ達がそわそわやってくる。外国館のスタッフは万博という機会に世界から集まった言わば国の代表である。そんな中で国際交流が盛り上がるのも自然な流れか。是非ともそんなところに混ざってみたいものである。我々サービススタッフとしては開場時間中の通常営業にだけは支障の無いようにしてほしいとの願いを込めて。

退勤時に再び通り掛かったら暗闇に浮かぶパビリオンからダンスビートが漏れていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »