« 会場内修復中 | Main | 開幕日! »

March 25, 2005

最大の厳戒体制?

昨日の開会式は天皇皇后両陛下が参加され厳戒体制のなか執り行われた、らしい。他のパビリオンで働く人はむやみに会場に来ないようにとお達しが出ていたらしいが、公式会場サービススタッフは関係なく研修、だと思っていたら同じサービススタッフでも違うエリアの人は休みらしい。出勤した我々はというと、なんのことはない開会式の運営スタッフ要員だった。アテンダントのお披露目の意味合いもあるなどと言っていたが、単に招待者の案内誘導係として頭数が必要だ。手頃な人間はいないか。サービススタッフがいるじゃないか。しかも研修中の簿給で使える良質の人材だ。よし、それでいこう。・・・という会話があったとしか思えない。なにしろ開会式の運営にあたっていたのはうちの雇用先では無く、D通の請負でオレが元働いていたSである。顔を知った社員ばっかりなんじゃこりゃである。

ともかく開会式。そこらじゅう要人がうじゃうじゃ。名古屋駅から専用列車が出たくらい。あぁ、それで24日だけ運休のエキスポシャトルがあったのか。普段はグローバル・ループ上を何があっても時計回りにしか運行しないトラムもこれだけのために逆流しますよ。関係者にも金属探知機のチェックポイント。あぁ、警備員が警備員をチェックしてるよ。開会式とは関係なく働いてる人もはさみ取り上げられちゃってかわいそうに。

というわけでドーム内の様子など露知らず、5、6時間ほど寒空の下立ってるうちに開会式はつつがなく終了したのであった。

|

« 会場内修復中 | Main | 開幕日! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最大の厳戒体制?:

« 会場内修復中 | Main | 開幕日! »