« マクドナルドで一番おいしいの | Main | 会場内移動手段(IMTS、トラム、ゴンドラ・・・) »

January 25, 2005

万博アクセスルート:鉄道篇

万博会場への鉄道アクセスとして想定されている主なルートは「1、地下鉄東山線で終点藤が丘まで。そこからリニモで万博会場駅」と「2、名古屋からJR中央線・愛知環状鉄道の直通列車(万博シャトル)で万博八草まで」の2つがある。

注目されているのは営業線としては日本初の実用化となる磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」である。(ちなみに海外ではドイツの技術を利用した磁気浮上式リニアモーターカーが上海で空港アクセス用として2004年から営業運転を開始。また浮上はしないが駆動方式にリニアモーターを使用している路線として国内で大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線,東京都営地下鉄大江戸線,神戸市営地下鉄海岸線がある。)余談だが、70年の大阪万博では開業間もない東海道新幹線が大いに注目された。当時の万博を訪れる人の目的の半分はアメリカ館で展示された月の石を見ることで、もう半分は新幹線に乗ることだとまで言われこの万博輸送をいかに乗りきるかが国鉄部内の重要課題とまで言われた。会期中に皇室も利用され、これにより新幹線の信用度が上がったとも言われる。(・・・参考資料調べ中・・・)大阪万博での新幹線がさしずめ愛知万博でのリニモに当たると思われるが、新幹線に匹敵するインパクトが現在のリニモにあるとは言い難い。またリニア中央新幹線建設を長期的プロジェクトとして目論むJR東海が今回も宣伝普及活動の一環で行うパビリオンでのリニア車両展示と、リニモが一般客の中で混同されている節がある、というのがオレの私感だ。当然のことながらJRは「万博へは(リニモではなく)JRの直通列車をご利用ください」とPRしている。閑話休題。

東山線(6両編成、定員:5050形:620人)とリニモ(3両編成、定員244人)の輸送力の差から接続駅の藤が丘で乗り切れず滞留する乗客が大量に発生するのではないかといった問題が懸念されている。それで協会としても推奨しているのが中央線ルート(万博シャトル)での来場なのだが、地下鉄経由に比べ若干割高になる運賃への対応策として割引切符の発売が発表された。

JR、愛環、リニモが“連結” 通常より3割安の往復切符を発売(中日新聞) 
万博行くならJR!!「愛知万博往復きっぷ」の発売について(名古屋)(万博協会公式)
「愛知万博往復きっぷ」の発売について~万博行くならJR!!~(JR東海)

名古屋市内のJR駅発の「愛知万博往復きっぷ」は1300円。
名古屋近郊の各駅発「愛知万博往復きっぷ」と、遠方からの乗客へは名古屋までの新幹線、特急がセットになった「新幹線愛知万博往復きっぷ(指定席タイプ・自由席タイプ)」、「しらさぎ(南紀、ひだ)愛知万博往復きっぷ」、「万博ひかり・こだま自由席早得きっぷ」も発売される。これらのきっぷを買うと特典として長久手会場内を南北に結ぶキッコロ・ゴンドラが何度でも200円割引になる。詳しい値段設定、効力等は万博サイトのPDF参照。

注意点は万博シャトルの終着駅は万博八草。ここから長久手会場へも瀬戸会場へも歩いていくにはちょっとある距離なので、どっちにしろわずか2駅だがリニモを使わなくてはならない。まぁシャトルバスを利用する方法もあるのだが。

■通常運賃(参考)
1)
[名古屋]=地下鉄東山線(25分13駅290円)=[藤が丘]=リニモ(12分30秒7駅340円)=[万博会場]
※混雑時間帯はリニモ藤が丘~万博会場ノンストップ運転。9分10秒。

運賃:片道 290円 定期代:1か月10,790円 3か月30,760円 6か月58,270円

運賃:片道 340円 定期代:1ヶ月 14,280円 3ヶ月 41,990円 6ヶ月 82,260円

2)
[名古屋]=JR・中央線(27分8駅400円)=[高蔵寺]=愛知環状鉄道(17分4駅380円)=[万博八草]=リニモ(2駅160円)=[万博会場]

[名古屋]=エキスポシャトル(最速38分)JR中央線・愛知環状鉄道=[万博八草]=リニモ(2駅160円)=[万博会場]

運賃:片道 780円 定期代:1か月27,930円 3か月79,600円 6か月143,640円

運賃:片道 160円 定期代:1ヶ月 6,720円 3ヶ月 19,760円 6ヶ月 38,710円


オレも万博シャトルでの通勤をメインに考えているのだが定期利用客に特別安いきっぷは発売されないんだろうなぁ。通勤定期券も大体3割引だからこれの恩恵にはあずかれなさそう。中央線ルートで行くと月に1万円くらい高くつきそうだ。

|

« マクドナルドで一番おいしいの | Main | 会場内移動手段(IMTS、トラム、ゴンドラ・・・) »

Comments

この料金表分かりやすくて助かります(^^)万博シャトルの輸送力はどのくらいかが結構気になるところですね。

Posted by: likethat | January 27, 2005 at 00:19

>likethatさん
ご紹介ありがとうございます。
鉄道以外のルートも別の記事でやる予定です。

エキスポシャトルは時間当たり3往復の運転で名古屋~大曽根の各駅と、高蔵寺、万博八草に停まる「快速エキスポシャトル」と、
名古屋~高蔵寺の各駅と万博八草に停まる通常の「エキスポシャトル」が混在。
いずれも10両編成での運転で中央線の車両が3+3+4両で充当されるのではないかとの情報です。

Posted by: masaking | January 27, 2005 at 22:28

今日、リニモに乗って万博会場へ行ってきましたが、リニモって加減速がギクシャクして乗り心地は、かなり悪かったです。未来の乗り物って期待していったのに残念でした。

Posted by: abc | March 07, 2005 at 18:38

リニモの実用性には疑問を抱かずにはいられませんねぇ。
これについてはまた書きます。

Posted by: masaking | March 08, 2005 at 14:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39729/2691067

Listed below are links to weblogs that reference 万博アクセスルート:鉄道篇:

« マクドナルドで一番おいしいの | Main | 会場内移動手段(IMTS、トラム、ゴンドラ・・・) »