« December 2004 | Main | February 2005 »

January 28, 2005

ぁゃιぃ情報

メインで仕事してる某サの事務所へ行ってきた。源泉徴収票を書いてもらったりとか諸々。昨日はもう一つの事務所にも未払い分の給料の確認に行ってきたのだが、そろそろ万博に向けて仕事に入れなくなってきているので挨拶というか報告というかそういう意味合いもある。UF担当の某社員に万博がらみの現場はないのかと聞いてみたところ例の名古屋城博の話をちらと。記者会見付いて行ったがあのシャチぐるみは新幹線にも乗せられず当日車で持ってきて大変だったんだとか。会場にはUFさんもショップ出すらしいよ。先日のハロコンで奇跡の払い戻しができたって言ったら驚いてるし、あの日はダフ屋にもいろいろ言われたとか(w

でもって後から入ってきたHさんから衝撃的なこと聞いてしまった。いやこれまだオレ半分くらい信じてないんだけどさ。「姉さんついに○○するんだってな」「え?何すかそれ?杉田かおるですか?」「バカヤロ、中澤姉さんだよ」「へ?知らないっすよ」「そりゃまだ出てないからな。近いうちに発表あるんじゃないか。社内報で来てたから」_| ̄|○「『私、中澤裕子は・・・』って。一般の人らしいぞ」_| ̄|○「いやいやいや、ありえないっすよ。それ見せてくださいswでfrtyぐいkぉ」_| ̄|○つか、社内にそんな情報網があるなんて知らなかったよ。えっっていうかマジ?オレ騙されてる?こんなの更新してる場合じゃないんだけどさ。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

January 27, 2005

万博アクセスルート:自家用車篇

愛知万博は環境保護をテーマに掲げる万博だけあって環境への負荷が大きい自家用車での来場は推奨していない。基本的には公共交通機関の利用をおすすめするが、どうしてもマイカーで行きたいという人は会場から離れた場所に設置された6箇所のパーク&ライド駐車場に車を止め、シャトルバスに乗り換えて会場に入ることになる。障害者や団体客には予約制で長久手会場西ターミナルの駐車場が利用できるがそれ以外に一般の人が使える隣接駐車場は一切無い。

また交通渋滞や路上駐車による周辺住民への影響を考慮し会期中の午前八時から午後六時、長久手会場の周辺3キロの生活道路(半径3キロではなく道のりで3キロ)は一般車両の通行を全面禁止とする規制が行われる。

マイカー規制区域決まる (YOMIURI ON-LINE)

さて、それでは自家用車を利用する場合の方法だがそれらが詳しく書かれた道路マップが現在県内の高速サービスエリア、コンビニ、ガソリンスタンドで配布されている。実物を手に入れてから書こうと思っていたのだが先を越されてしまったので紹介。

愛・地球博 アクセスガイド 道路マップ(愛・地球博をそれなりに楽しみにしている人のブログ)


■駐車場利用ガイド
駐車場はICの周辺などを中心に6箇所。利用者は1回3000円(名古屋空港は2500円)の駐車料金を支払ってこれらの駐車場に車を止める。一台の車に乗ってきた人は全員無料で長久手会場の東ゲート若しくは西ゲート(止める駐車場によって違う)までの駐車場シャトルバスに乗ることが出来る。

名古屋空港駐車場 →約35分(高速利用)→ 長久手会場・東ゲート

尾張旭駐車場 →約25分→ 長久手会場・東ゲート

長久手駐車場 →約15分→ 長久手会場・西ゲート

藤岡駐車場 →約20分→ 長久手会場・西ゲート

ながくて南駐車場 →約20分→ 長久手会場・西ゲート

三好駐車場 →約20分(高速利用)→ 長久手会場・東ゲート

主要拠点からのシャトルバスはまた別記事にて。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

January 26, 2005

キャラクターのライセンス管理

モリゾー・キッコロの画像を個人的に使おうと使用条件を調べてみたらガチガチの仕様規定に守られていたというお話。

モリゾー、キッコロのライセンスpart3(Tの部屋)

なるほど、紹介されているものだけでも「ざっと」と書かれているので全体はかなりの量がありそう。このガイドブック、個人的に見てみたいなぁ。

こういった細かな規定がいる必要性は理解ができる。CI(コーポレートアイデンティー)やロゴマークというものは企業の名前やイメージをシンボリックに表示するものであるからどこも厳格な管理がされているもの。勝手にアレンジされたり歪められたりして使われると間違ったイメージが伝わってしまうから。例えばテレビ朝日の例。最近番組の末尾なんかでよく見る直方体が回転するあれにもこんなロゴマニュアルがある。

それでも個人が宣伝を目的にホームページで使用するためのバナーの提供くらいはあっても良かったかなぁと思う。厳格すぎる運用は親近感を遠ざけてしまう。さじ加減が難しそうな問題だ。中部空港のキャラクター「なぞの旅人フー」は使用を制限しすぎていまいち一般に普及していないという悩みもあるようだし。

個人的には緑の点線でできた円の形のシンボルマーク、あれは秀逸なのでもっと大胆に使ったパブリシティ展開が見たいと思ってたりするのだが。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

会場内移動手段(IMTS、トラム、ゴンドラ・・・)

お客様が会場内を移動するのに利用できる交通システムは現時点までの発表では4種類、とされている。(個人的にはこの定義に異論があったりするのだが。。。)
会場内サービス施設>IMTS、トラム、ゴンドラ、FCバス(万博公式)

いずれも単なる移動手段としてだけではなく、環境や利用する人に配慮し近未来の実用化も狙った先端技術のお披露目であり、またこれらに乗ること自体が楽しく思えるようなアトラクション的要素も持ち合わせている。以下に順を追って解説する。これ以外にグローバルループ上を自転車タクシーを運行させるとの報道があったが公式にリリースされていないので現段階では外しておく。

■IMTS(Intelligent Multimode Transit System)
路面に敷設された磁気マーカーに(大型低公害)バスが誘導されて自動運転(無人)を行う。専用通路では3台までの隊列走行が可能であり、専用道以外の一般道では運転手が乗り込み通常のバスとしての運行を行う。会場内の路線では隊列走行の途中から有人運転で分岐させたり、隊列に合流するデュアルモード走行を行う計画。

車両とシステムはトヨタが開発(トヨタは出展物の一つという位置付け)、専用道の整備と運行管理を博覧会協会が行う。このシステムは2001年4月、淡路島の農業公園「淡路ファームパーク(兵庫県三原町)」で入場者輸送用として初めて導入されている。今回は博覧会協会が自動運転区間で第一種鉄道事業許可(定義:自ら鉄道線路を敷設して旅客や貨物の運送を行う事業者。このほかに線路を自分では持たずに他の事業者の線路を使用して旅客や貨物の運送を行う第二種鉄道事業と、自ら線路を敷設してほかの事業者に譲渡したり使用させる第三種鉄道事業がある)を取得して本格的な大量輸送機関としての運行となる。淡路ファームパークの例では許可を取得していないことや、会場内での限定的な輸送という点を考えれば遊園地内の遊戯施設と同義であり、あえて事業許可を取る必要もなかったように思うが、これは近い将来の実用化に向けて各機関にアピールする意味合いもあったのではないだろうか。

IMTSは鉄道の利点(定時性、高速性、大量輸送)と路線バスの利点(経済性・柔軟性)、それぞれを組み合わせたシステムと言える。車両の駆動方式から考えればCNG(天然ガス)エンジンで走るバスであり自動車なのだが専用軌道を走行する(逆に言えば専用道以外を自由に走行することができない)という運行形態から鉄道の性格を合わせ持つ。今回鉄道事業許可を受けたということで法的に鉄道としての分類になるがこれは専用道区間に限ったものであり、確認はしていないがおそらく一般道では道路運送車両法の適用を受けると思われる。一般道も走行できるバスが専用道を走行する交通システムとしてはガイドウェイバスの運行形態に近いと考えられ、こちらは名古屋市北部(大曽根~小幡緑地)の「ゆとりーとライン」で日本で初めて実用化されている。また隊列走行は路面電車の続行運転をイメージすればいいと思う。

路線は北ゲートとEXPOドームを結ぶ専用道とその途中の西ゲートから分岐するメッセ前までの一般道に計4駅だが駅名は本決定に至っていなかったのか資料によってまちまちである。公式ハンディブック上で「メッセ前」がその名もずばり「バス停」という全く場所を示していない名称なのにはもう少しどうにかならなかったのかと思ってしまう。

(参考)
愛・地球博会場でIMTSの試験走行を開始(TOYOTA.CO.JP~ニュースリリース~)
二千五年日本国際博覧会協会>愛・地球博線(未来鉄道データベース )

■トラム
1周約2.6キロのグローバルループ上を1編成3両で走行。バッテリー駆動を採用し環境への負担に配慮。小さな子供からお年寄り、車椅子両者も乗り降りがしやすいように設計されている。詳しい資料が無いが、おそらく床を低く車内の段差をなくすといった工夫だと思われる。LRT(Light Rail Transit)のようなものになると思われる。

運行形態はループ上に数箇所の停留所を設けるのか、タクシーのようなフリー乗降方式とするのかも含めて検討中。

■ゴンドラ
会場内を空中から展望することも出来る移動手段。長久手会場内の南北を結ぶ「キッコロ・ゴンドラ」と長久手会場と瀬戸会場を結ぶ「モリゾー・ゴンドラ」がある。「モリゾー・ゴンドラ」は会場間の周辺住民のプライバシーに配慮してガラスが曇りガラスとなる。

「キッコロ・ゴンドラ」の利用料金は大人:600円、小人:300円。「モリゾー・ゴンドラ」は無料。

■FCHV(FUEL CELL HYBRID VEHICLE)バス
長久手会場と瀬戸会場を結ぶ燃料電池ハイブリッドバス。高圧水素ガスを燃料とする燃料電池と2次電池(ニッケル水素電池)を動力源として、モーターを駆動して走行。従来のガソリンやディーゼルを燃料としたバスと異なり、排出物として出すのは水のみ。エネルギー効率が高く、静粛性にも優れている。乗降のしやすいノンステップ仕様。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 25, 2005

万博アクセスルート:鉄道篇

万博会場への鉄道アクセスとして想定されている主なルートは「1、地下鉄東山線で終点藤が丘まで。そこからリニモで万博会場駅」と「2、名古屋からJR中央線・愛知環状鉄道の直通列車(万博シャトル)で万博八草まで」の2つがある。

注目されているのは営業線としては日本初の実用化となる磁気浮上式リニアモーターカー「リニモ」である。(ちなみに海外ではドイツの技術を利用した磁気浮上式リニアモーターカーが上海で空港アクセス用として2004年から営業運転を開始。また浮上はしないが駆動方式にリニアモーターを使用している路線として国内で大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線,東京都営地下鉄大江戸線,神戸市営地下鉄海岸線がある。)余談だが、70年の大阪万博では開業間もない東海道新幹線が大いに注目された。当時の万博を訪れる人の目的の半分はアメリカ館で展示された月の石を見ることで、もう半分は新幹線に乗ることだとまで言われこの万博輸送をいかに乗りきるかが国鉄部内の重要課題とまで言われた。会期中に皇室も利用され、これにより新幹線の信用度が上がったとも言われる。(・・・参考資料調べ中・・・)大阪万博での新幹線がさしずめ愛知万博でのリニモに当たると思われるが、新幹線に匹敵するインパクトが現在のリニモにあるとは言い難い。またリニア中央新幹線建設を長期的プロジェクトとして目論むJR東海が今回も宣伝普及活動の一環で行うパビリオンでのリニア車両展示と、リニモが一般客の中で混同されている節がある、というのがオレの私感だ。当然のことながらJRは「万博へは(リニモではなく)JRの直通列車をご利用ください」とPRしている。閑話休題。

東山線(6両編成、定員:5050形:620人)とリニモ(3両編成、定員244人)の輸送力の差から接続駅の藤が丘で乗り切れず滞留する乗客が大量に発生するのではないかといった問題が懸念されている。それで協会としても推奨しているのが中央線ルート(万博シャトル)での来場なのだが、地下鉄経由に比べ若干割高になる運賃への対応策として割引切符の発売が発表された。

JR、愛環、リニモが“連結” 通常より3割安の往復切符を発売(中日新聞) 
万博行くならJR!!「愛知万博往復きっぷ」の発売について(名古屋)(万博協会公式)
「愛知万博往復きっぷ」の発売について~万博行くならJR!!~(JR東海)

名古屋市内のJR駅発の「愛知万博往復きっぷ」は1300円。
名古屋近郊の各駅発「愛知万博往復きっぷ」と、遠方からの乗客へは名古屋までの新幹線、特急がセットになった「新幹線愛知万博往復きっぷ(指定席タイプ・自由席タイプ)」、「しらさぎ(南紀、ひだ)愛知万博往復きっぷ」、「万博ひかり・こだま自由席早得きっぷ」も発売される。これらのきっぷを買うと特典として長久手会場内を南北に結ぶキッコロ・ゴンドラが何度でも200円割引になる。詳しい値段設定、効力等は万博サイトのPDF参照。

注意点は万博シャトルの終着駅は万博八草。ここから長久手会場へも瀬戸会場へも歩いていくにはちょっとある距離なので、どっちにしろわずか2駅だがリニモを使わなくてはならない。まぁシャトルバスを利用する方法もあるのだが。

■通常運賃(参考)
1)
[名古屋]=地下鉄東山線(25分13駅290円)=[藤が丘]=リニモ(12分30秒7駅340円)=[万博会場]
※混雑時間帯はリニモ藤が丘~万博会場ノンストップ運転。9分10秒。

運賃:片道 290円 定期代:1か月10,790円 3か月30,760円 6か月58,270円

運賃:片道 340円 定期代:1ヶ月 14,280円 3ヶ月 41,990円 6ヶ月 82,260円

2)
[名古屋]=JR・中央線(27分8駅400円)=[高蔵寺]=愛知環状鉄道(17分4駅380円)=[万博八草]=リニモ(2駅160円)=[万博会場]

[名古屋]=エキスポシャトル(最速38分)JR中央線・愛知環状鉄道=[万博八草]=リニモ(2駅160円)=[万博会場]

運賃:片道 780円 定期代:1か月27,930円 3か月79,600円 6か月143,640円

運賃:片道 160円 定期代:1ヶ月 6,720円 3ヶ月 19,760円 6ヶ月 38,710円


オレも万博シャトルでの通勤をメインに考えているのだが定期利用客に特別安いきっぷは発売されないんだろうなぁ。通勤定期券も大体3割引だからこれの恩恵にはあずかれなさそう。中央線ルートで行くと月に1万円くらい高くつきそうだ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

マクドナルドで一番おいしいの

ホットアップルパイだな。パリパリの生地ととろりとした中身の組み合わせ。あまり知られて無いけどこれが一番うまいと思う。冷めてもレンジでチンすればいけるのもグー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 24, 2005

れいなです。。。

れいなじゃないです。

オレです。

女の人と10分間話すと恋に落ちます。

オレです。

あの人の携帯を聞くのに数ヶ月かかりました。

オレです。

携帯メールの止め時がわかりません!

いつもオレの返信で終わります。

オレです。

全部マジネタです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

奇跡

昨日のふいにしたと思ってたチケ、ふいにならずに済んだ!払い戻しが出来たのだ。例の安倍なつみ活動自粛に伴う出演者変更の特例で会場に払い戻し窓口があったのだが、ダメもとで既に終わった公演の紙切れ同前のチケットを持ってったら換金できたという超法規的措置。これにはもう「なっちありがとう(●´ー`●)」としか、いやいやいやそんなこと言ってていいのかわからないが。さらに開演ぎりぎりに当日券を確保することが出来たため何の問題もなく入ることが出来た。3階に上がることになったが2列で見やすい席だったし。

いやもうね、天国から地獄、さらに地獄から天国、みたいな。結果オーライだが感情の起伏のふり幅が大きすぎて寿命が縮まったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2005

衝撃発表

コン会場にいるのも飽きてきたのでファミレスに待避。チケある夜まで時間もあるしゆっくりしようぜ〜。

今の今まで自分が持ってるチケは夜公演のだと思っていた。連番相手が「朝公演のって聞いてたから騙された」なんていうもんだから「ごめん間違えて伝えたかも」「これでチケ見て朝のだったら凹むよね〜」なんて冗談のつもりでいったのだが実際に確認してみると・・・

!!!

おいこれ間違いなく朝公演のチケじゃねぇか!


さんざんダフ屋が欲しがってたチケ、持ってたのにふいにしました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

迷惑な珍客が

今日ハロコンやってる市民会館でトラブってきたらしいヲタくさい人間が泊めてくれとかっていきなり家の前に乗り付けてきやがって一通りオレのPCいじくったあげく死んだように寝てるわけだが。

いびきうるせぇよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 21, 2005

中澤裕子FCツアーin香港

締切日に切羽詰って申し込みだけは済ませたものの正式に行くと決めたわけではなく、まだキャンセルもきくからと決定を保留していた。取消料のかかる旅行開始日30日前が迫ってきて、いろいろ検討した結果、数日前旅行契約解除の旨連絡した。旅行会社さんにはその間手を煩わせちゃったわけで、ごめんなさい。

なんでこういった決定になったかといえば、日程が結構近くに差し迫ってきてるのに自分の中でいまいち盛り上がらなかったというのが大きい。やっぱりそれなりの金額出して海外行くのにその国について興味を持ったり調べたりする余裕がなかった。昨年のソウルの時はまだ丁度韓流ブームの来る直前だったと思うが、ガイドブック買ったりハングルかじってみたり行く前からかなりわくわくしてたもんなぁ。で、行ってみてイベント内容もすごく良くて高いお金出したけどこれは元取ったと思ったし次あったら絶対行こうとも思った。だから余計迷った。今回も参加すればそれなりに楽しいものにはなるだろう。ゆゆたんのことだからそれはサービスたっぷりだと思う。ただ去年の今日でほんとに毎年あるんだぁと思ったり。新しい仕事の研修中でもあるしおちおちやってられないかなぁ、とこれはまぁ言い訳。

それに昨年を振り返って思いのほか好調だったし、今年も早々に握手会イベントがあったりでなんか波に乗ってそうな気がする。結構イベントとかの機会がありそうだから香港の分をキープしといてもいいかなぁと。そんなところだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 19, 2005

愛知県中警察一日署長に白石美帆@栄クリスタル広場

栄の地下街に白石美帆がやってくるとのことで本人をあまり知らないオレだがおもしろそうなのでたまたま現場に居合わせてみることにした。(今回拡大画像はなし)

050119-1
まだ平穏な地下街・・・

前説「白石さんはこのために東京からやってきて、終わったらすぐ東京に帰る」とか余計なこと言わないほうが・・・一日警察署長じゃないじゃん。


050119-2
中警察署長の隣に着席。


この後、中署長からの訓示。「万博で・・・中部空港で・・・云々」

白石「名古屋といえば・・・」

いよいよ動く。


050119-3
ちびっ子警察官と一緒にノベルティを配るはずが・・・


ガッ!

050119-4
と押し寄せるマスコミと民衆。

050119-5
あっという間に囲まれてしまう。

そんなに押し寄せたらちびっ子がつぶされちゃうから!(つか、そもそもあの状況でちびっ子と一緒に配るっていう設定が無理だよな。)


050119-6
あ、可愛い。


050119-7
ハァ━━━━━━;´Д`━━━━━━ン!!!!

050119-8
白石美帆って小柄で可愛いのな。もっとお姉さんキャラなイメージだったのに二十歳くらいに見えたから意外だった。何歳なのか調べてみたら・・・78年生まれなのね。もっと若く見えたわ。


漏れ聞いた話では、地下街の巡視も行う予定だったらしいのだが、


050119-9
10分少々で回りを囲まれて撤収。


050119-0
お疲れちゃーん。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 18, 2005

なぜだか知らないけど

超不安定。

意味もなく泣きそう。


「不安定」って言葉、精神的な状態を象徴的に表す、わりかし比喩的な言葉に思ってたけど、案外実際にどよ~んとしたものが胸にのしかかっててぐつぐつぐらぐらどっちつかずに動いてるように感じることに気づいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2005

愛・地球博 関連リンク集について

自分が勉強するのに便利なように作ったのだけど関連サイトが多すぎてすごいことになってきた。縦割り行政のせいか関係省庁ごとに万博サイトがあるし、周辺自治体も独自に持ってるし。イベントの情報はこれからどんどん出てくるだろうし随時更新していく予定。パビリオンはゾーンごとに分けて簡単な説明と覚えるべき情報も付けてみた。←のメニューからいけるようにリンクしておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よくある質問

アバウトな説明にワラタ

Q:公式マスコットキャラクターについて教えて

大きいほうが「モリゾー(Morizo)」で小さいほうが「キッコロ(Kiccoro)」です。

愛・地球博:愛知万博公式サイト | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2005

愛・地球博の基本情報

自分のための覚え書き。随時更新。

<名称>
EXPO 2005 AICHI JAPAN
(正式名称)2005年日本国際博覧会
(略称)愛知万博
(愛称)愛・地球博

<開催期間>
2005年3月25日(金)~9月25日(日)
185日間

<会場>
名古屋東部丘陵(名古屋市中心部から東に約20km)
長久手会場:愛知県長久手町・豊田市、瀬戸会場:瀬戸市

158ha+15ha = 173ha(東京ディズニーランドとディズニーシーを足したぐらいの広さ)

<開催の目的>

21世紀の人類が直面する地球規模の課題の解決の方向性と人類の生き方を発信するため、多数の国・国際機関の参加の下、自然の叡智をテーマとした新しい文化・文明の創造を目指して開催する。
1、壮大な文化・文明創造事業
2、多様な文化、価値観の交流の場
3、日本から世界への発信
4、現在から未来への発信

<テーマ>
(メインテーマ)

自然の叡智(Nature's Wisdom)

(サブテーマ)
宇宙、生命と情報(Nature's Matrix)
人生の“わざ”と智恵(Art of Life)
循環型社会(Development foe Eco-Communities)

<4つの柱>

環境に配慮したエキスポ
地球大交流を目指すエキスポ
市民が参加するエキスポ
IT時代のエキスポ

<入場券>

(普通入場券・当日券)
大人 4,600円 満18歳~65歳未満に適用
中人 2,500円 満12歳~18歳未満に適用
小人 1,500円 満4歳~12歳未満に適用
シニア 3,700円 満65歳以上に適用

(1期前売券)割引率  約20%
(2期前売券)割引率  約15%
(3期前売券)割引率  約10%

(全期間入場券)期間内に何度でも入場可能な入場券 割引率 4回分-5%
大人 17,500円
中人 9,500円
小人 5,700円
シニア 14,100円

(夜間割引入場券)午後5時以降に入場する入場者に適用 割引率約50%
大人 2,300円
中人 1,300円
小人 800円
シニア 1,900円

2005年の4月1日現在の満年齢を適用。但し3月中の入場については、2004年4月1日現在の満年齢を適用。
シニアの適用範囲は、前売券は開催期間中に満65歳以上となる方、当日券は入場日に満65歳以上の方。

詳しくはこちら

国際博覧会では史上初、入場券システムにICチップ(0.4mm角の超小型ICチップ)を導入。

<公式イメージソング>
「I'LL BE YOUR LOVE」
作詞・作曲:YOSHIKI
歌:DAHLIA

<目標入場者数>
1500万人

<参加国>
121ヶ国、5国際機関


公式サイトの情報へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テルミック!

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」を見た。初見である。踊るシリーズはすごく好きなドラマなのだが今作は全体的に大味な印象が拭えない。本庁の強硬な姿勢と所轄の確執という一貫して描き続けてきた主題は今回も根底として確かにあったと思う。ただ、それを描く手法として「レインボーブリッジ封鎖」に代表されるキーワードがいかにも映画らしいというべきか、スケールの大きさで視聴者を圧倒しようとしていた感が見える。斜めな視点から見ながら「うわ、これいかにも映画やん」と感じてしまったオレからすれば逆にちんけで、小手先のごまかしと思えて仕方がなかった。

だが気になったのはそこではない。パーティー会場でマル対(警護対象者)の周囲で不審な動きを見せたジャンパーの男二人組みがいた。この者たちの不審な動きとかそういうことじゃなくてジャンパーを見たときから目が釘付けになってしまった。そこにあったのは「テルミック」という文字。比較的派手な演出のコンサートの現場で目にする文字である。その産業で確固たる地位を持つ商品名がそのまま一般名詞として使われることがあるが、テルミックは照明や音響といった言葉と同列に出てくる、職名=社名で通っている会社である。説明が難しいが大掛かりに可動する舞台装置の会社とでも言ったらいいか。検索したら踊るの名前が出てきた。あのジャンパーはこれだ。

テルミックの名前は一般には馴染みが無いだろうから見ても気に止める人は少ないかもしれないが、知ってる人からすればあの不自然さはないだろう。犯人として出てきた男の背中に揃って実在の社名が大写しになっているのだから。実に効果的な宣伝の手法ではないか。何かの伏線かと勘ぐってしまったが、たまたま犯人が身に着けていただけのようだ(ってそれもありえない話だが)。見終わっても全く解明されない謎なのだが、撮影に協力した見返りに宣伝してもらったのだろうか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 11, 2005

白いモリゾー・キッコロ

街を歩いても地下鉄に乗ってもモリゾー・キッコロがいっぱい。

特にそんな愛着はなかったはずなんだけどなぁ・・・買ってしまったよ。ぬいぐるみ。限定ラッキーホワイトバージョン。
他にも金シャチに乗ったモリゾー・キッコロとかてんむすを着たモリゾー・キッコロとかゲテモノ扱いされそうなヴァージョンがラインナップされてるのだが、いやいやどれも悪くないじゃない。え?味噌臭いって?とろくっさいこと言っとたらかんて。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.10「リニアエクスプレス2005」@オアシス21

JR東海超伝導リニア館のPRイベント「リニアエクスプレス2005」。ちょっと見てきたのだが吹き抜ける風のせいでめちゃくちゃ寒かった。子供が結構いて盛況だったのは乗り物好きの目を輝かせたリニアの展示の本領でありモリゾー&キッコロの人気でもあり。

20050110-1 20050110-2 20050110-3 20050110-4

| | Comments (1) | TrackBack (1)

January 10, 2005

膨大に増え続けるブックマーク・・・どう管理しよう

Yahoo!ツールバーにYahoo!ブックマークというサービスがある。ここにお気に入りを登録しておけば外出先の他のPCでもログインするだけで使えるという奴だ。ジャンルごとに階層付けして自分なりに使いやすいよう作ってあるので、自分が使う分にはこれ以上ない最高のものになっているはずだ(ウソウソ)。

というわけでブラウザに登録してあるブックマークのインポートを試みたのだが・・・・・・最大登録件数の1,000件を超えているので全部入らない!

いや1000件て。いつの間にそんな数のしおりを挟んだのだ、オレ。正確に数えられないのでわからないがどうやらおおよそで1300以上はあるみたいだ。雑多に増え続けるブックマークが持ち主の性格をも表しているようで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 09, 2005

「新明解国語辞典」(三省堂)

三省堂の新明解国語辞典(amazon)がこんなにおもしろいものだとは知らなかったのだがどうおもしろいかは説明するより直接見てもらったほうがわかりやすいだろう。あまりのユニークさに「新解さん」と称され関連書籍が出たりファンサイトまである人気ぶり。

例えば、【恋愛】を引いてみると、普通の辞書では次のように説明しています。「男女間の、恋いしたう愛情」(岩波国語辞典)。あっさりと簡潔な表現です。これを問題の辞書!で引いてみると、「特定の異性に特別の愛情をいだいて、二人だけで一緒にいたい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる。まれに、かなえられて歓喜する状態」、と書いてあります。

新明解国語辞典で学ぶ

asahi.com : Be on Saturday 亡き主幹の情熱生き続け 新明解国語辞典(三省堂)
新明解国語辞典・初版の心意気
WEB本の雑誌>WEB新解さん新聞
新明解国語辞典を読む

新解さんは平家推しらしいぞ。( `◇´)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

1/3 タモリのジャポニカロゴス

1月3日放送、「タモリのジャポニカロゴス」。

面白かった。ただ18:30の平成教育委員会から続けてビデオ回してたので6時間のテープに入ってなくて最後まで見れなかった。新明解国語辞典があんなにおもしろいものだとは知らなかった。目からうろこ。正しい敬語の使い方にも、なるほどねぇ。飛び抜けて立場が上の者に対して使うときはぼかすのね。お昼に社内で社長と出会ったときの正しい挨拶は「社長、どうも・・・」日本らしいなぁ。

こういう雑学・知的趣味系の番組にタモリは必須だね。関根勉やヒロミもいい仕事してた。ゆうこりん(小倉優子)はいまいち本領発揮できてなかったがね。これ単発特番らしいが前にもやってた?続編が見たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2005

1/3 新春ドラマスペシャル ナニワ金融道6

1/3放送の「新春ドラマスペシャル ナニワ金融道6」。

中居正広演じる、帝国金融の若手社員灰原が借金をめぐる人々の中で苦闘し何かを見つけようと模索していく様を描くシリーズ第6作。なぜかすみずみまで目を凝らして食いついてしまう面白さがあるんだな。大阪文化のしっかり根ざしたコントのような登場人物の衣装や言動、登場する名詞のアクの強いネーミング(ミズモレックス社、丸投げ建設とか)にも笑いどころはあるが、味を持つ俳優が揃って初めて出せるワザにも思う。そんな笑いの要素をふんだんに取り込みながらもシビアな金貸しの世界を適当な考証でなくリアルに辛く描いているのがこのシリーズの実力。金について学べるところもたくさんあるのだ。今回のストーリーに踊るのはパチンコ依存症に090金融、マルチ商法、デート商法、オレオレ詐欺(はギャグか)に警察癒着といったキーワードか。それにしても灰原、自分なりの金融の道を見つけようと奮闘、借金で人を自滅させていくのを嫌いキレイな融資にこだわるが現実はやっぱり思うように行かないのね・・・。そして終盤にテレビで消費者金融のCMが明るい声で空を切るように繰り返し流れているシーンではなんだか哀愁を感じてしまったのだ。

めちゃイケでロケ現場に邪魔してたナイナイ岡村もそのまま出演。不自然すぎる振り返りでアピールしてるのに何のフォローも無いさりげなさが最強。池脇千鶴かわいいなぁ。関西弁の女の子いいよ。はんなり系の関西弁ね。すごくイイ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 07, 2005

12/24 金スマ波乱万丈「ピンクレディー」

12/24放送の「中居正広の金曜日のスマたちへ」は金スマ波乱万丈「ピンクレディー」だった。

その驚異的な人気ぶりや短い活動期間を駆け抜けた伝説は伝え聞くところであるが、この番組で新たにいろんなことを知り「ピンクレディーってすげー」と思っている次第。二人の出会いや結成にいたるエピソード、人気を得てからのの多忙っぷりには奇跡を感じ思わず涙してしまった。感動。そしてなにより脳をビンビン刺激する特徴的な音と一歩間違えばアウトなギリギリの線を行く詩の組み合わさった楽曲や、独創的なダンスは今見ても魅かれるおもしろさ。モーニング娘。やミニモニ。、Wのルーツにも思える。ってそんなことは今までに散々諸先輩方に語られてきたことですか、そうですか。ともかく見て気づいたことはオレ、ピンクレディー大好きなんじゃん。なんで今まで気づかなかったんだろう。ミュージックフェアーで娘。と共演してたっけ。見逃してるもんな。うわ、見てー。

ピンクレディーといえば短い活動期間が注目されるけど、確か解散の後も何度か復活してるんだよな。2000年の紅白出てたし。でもこうして復活できるってのも中学以来の彼女らの良好な関係が続いてるって事で素晴らしいじゃない。ライヴをやっても全然見劣りしない魅力もね。オレはきっとMIEちゃん派だな。

そんなピンクレディーのコンサートは03年から行われてきた全国ツアーを締めくくる最後の3ヶ月が3月からスタート。名古屋には4/2に来るが・・・この日みちよ@新宿MARZの日じゃん。まず行けないなぁ。いやでも本気で行きたくなってきたので突発的にどっか参加しちゃうかも。

ピンク・レディ公演事務局
ピンク・レディー特別親衛隊公式ホームページ ピンク・タイフーン

| | Comments (2) | TrackBack (1)

万博スタッフの研修が大変なわけ

12/27に愛・地球博公式ハンディブックが発売されている。(amazon)

共に研修を受けた同士も今こういったガイドや新聞記事、ウェブなどで情報を収集して勉強している最中だと思う。会場内のどこに何があって、このパビリオンではどんな展示がされていてどんなイベントが開催されて、お客様が使えるサービス施設はどんなものがあるのか。愛・地球博のテーマや料金といった基本情報から、世界からお客様を迎え入れる代表として日本や愛知、名古屋の観光案内までできるようにならなくてはならない。といったことを前回の研修で苦い思いをしながら叩き込まれた。研修で学ぶというよりも本来は研修に入る時点で各自が基礎知識として身に着けていなければいけないことだと教えられたわけであり、そこは自分の勉強不足を痛感した。だがしかしその時点で取得できる情報が十分にあったかというとそれもまた疑問符がつくのも事実。まだこれから新しく決まることもたくさんあるし、会場内の施設の料金関係はまだ未確定な部分も多い。与えられていた通信テキストにしたって苦労して作ったのはわかるが出来は正直お粗末なものだったと思う。設問に一部適切な回答がないと思われるところが何箇所かあったし、万博協会の公式サイトから持ってきた不鮮明な画像で何を示しているのかわからないものもあった。

批判的な発言が続くが大丈夫だろうか(ドキドキ)。

そもそも公式ガイドの類だって自分で買ってるからね。仮にも万博協会直属のスタッフなのに万博の内容に関する正式な資料は支給してもらえないんでしょうかと思ってしまったり。遠方の在住で日頃から熱心に報道してくれるメディアがなかったりすると情報に触れる機会だって格段に減るだろうし、ネット環境が無いとこれは絶望的だなぁ。研修中の交通費が出ないってのも痛いな。せめてシャトルバスくらい負担して欲しい。

ここにきて思うように人が集まらず万博関連の求人があぶれてるって話をきく。コンパニオンや通訳でキャリアがある人はより高待遇な所を求めてパビリオン間での引き抜きがあるとか。期間限定の求人需要のため万博に関係ない周辺のお店にまで賃金が上昇するという影響も出ているんだとか。単純にそれで時給が上がった人は良かったね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 06, 2005

2005年の万博協会が始動

1月4日に万博協会の仕事始め式が行われた。その場で願をかけてか「右肩をクイっと上げて」一本締めをしたという事が翌日の中日新聞の朝刊に出ていた。まぁどうってことない話だがスーツを着たおえらいさんが揃いも揃って右肩をクイっと上げている画像はなかなかに笑える絵だ。ネット上でも探しても見つからなかったので、どうしても見たいという暇な方はわざわざ取材に行って写真付きで掲載した物好きな中日新聞様に敬意を払いつつ紙面をチェックされたい。5日朝刊の中面だ。

そして5日より愛・地球博コールセンターが営業を開始した。愛・地球博に関する質問に何でも答えてくれるということなのでオレも勉強していてわからないことや疑問に思うことが出てきたら身分を隠してどんどん電話してみようと思う。

「愛・地球博コールセンター」

052-955-2005

○会期前(平成17年1月5日より3月24日まで) 
9:00~17:00(土・日・祝日を除く平日のみ)

○会期中(平成17年3月25日より9月25日まで)
8:30~22:00

| | Comments (6) | TrackBack (0)

プリンタのインク残量を虚偽表示

エプソンのプリンターで白黒しか印刷して無いのに6つのインクカートリッジ(の残量表示)が満遍なく減っていくと某ページで見た。うちはキャノンのを使ってるがインクタンクは透明で一目瞭然なのでステータスモニターの表示と違和感を覚えたことはなく全く疑問を感じたことはなかったのだがエプソンはそうじゃないらしい。どうやらプリンタの電源を入れる度にヘッドクリーニングのためにインクを消費し全色揃ってないと動かないらしい。インク残量は各インクカートリッジについているICチップで管理していてしかも実際の残量とは関係なくどうやら動かした回数で判定しているらしいとのこと。(エプソンのインクカートリッジを分解しているページを発見)しかもそのICチップのためメーカー純正品以外のインクは受け付け無い様になっているのだとか。でもってそれを回避するためICチップのデータをリセットする道具まで出回っていると。プリンタメーカーはインクで儲けているという構図は知っていたがこんなことになっているとは露知らず。エプソンユーザーはこんな不利益を強いられていたのか。

このICチップの問題に関してアメリカで訴訟が起きたり、EUでは禁止する法律ができていたり。これ訴訟の結果どうなったのか知りたい。
(参考)プリンタトナーの“ぼったくり”に警鐘を

オレはこの間店頭でリサイクル商品と値段に大差がなかったので純正品の6色パックを買ってきたばっかり。その時レジで無駄に待たされてあからさまに不快な態度でいたら店員から端数負けると言ってきて意外な提案に驚いた。どうせならいつのまにやらエプソンやらスカパーやらで元気な松浦さんの販促類でもくれたらよかったのに。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

トリビアでもやっていたが

元旦ってのは元日の朝に限って使う言葉だったな。クソ寒い中仕事して帰って来て、すぐに年賀メール出してれば丁度良かったのだが夕方まで寝てしまっていた。今更直すのもアレなのでそのままにしておこう。

トヨタがCMの尻に「愛・地球博に出展します」と入れ始めたようだ。こういうので万博の知名度が少しでも上がってくれればいいな。

12/24放送のTBSの警察特番。福岡の機捜と自らが連携してマル被車両を取り囲むシーンの無線通話がイイ。岡山西署ってあれは美術館かなんかみたいな建物だな。

深夜の再放送でまた池袋ウエストゲートーパークがやっていた。とか言いつつ見てしまうのは何回目だ。ヒカル役の加藤あいがとてもかわいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2005

新年一発目

3日
年末番組のビデオを見る。ジャニーズの年越しライブがおもしろかった。セットも出演者も豪華で一部誰が誰だかわからなくもあったがノンストップメドレーは楽しい。日テレエンタの神様の総集編みたいなお笑い特番は不発。めちゃイケ中居の日本一周が楽しい。けど食べ物を無駄に消費するのは見てて素直に笑えないところもあり。関ジャニエイトの株があがった。

19:00
バイト先の新年会に参加。4〜50人が出席。かなり悪酔いする、というかさせられる連中も出現。

23:00
二次会カラオケに移動。まさかのハロプロがかなり歌える女の子を発見しノリノリで一緒に歌うことに。ズバット!とかやっちゃった!とか。
そのあとクラブイベントでヲタ芸を見たらしい女子にロマモーを実演させられる。

5:00
三次会ファミレスで朝食。やけに待たされる。

8:00
酔いつぶれたHの代わりにドームへ。テレビキャラクターのイベントの仕事。

現在に至る。眠い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2005

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。


2005年元旦 名古屋のマサキングヽ(´ー`)ノ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »