« November 2004 | Main | January 2005 »

December 29, 2004

テンパリ中

ひぃぃ。この多忙な時期にやらなければいけないことが多すぎで何から処理すればいいかわかりません。やっぱりバイト入れるんじゃなかったっっ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2004

20041225中澤裕子クリスマスライブツアー2004冬~私が思うこんなクリスマス~@横浜BLITZ

横浜BLITZが大いに盛り上がった。正直あの空間がここまでの興奮と熱気に包まれるとは誰もが予想しなかっただろう。中身は150分に膨れ上がり今年の中澤の活動の最後を締め括るにふさわしいライブとなった。

オープニングの二人暮しは派手な演出を避けさりげなくそっと始まった。シャンシャンと鳴る鈴の音がクリスマスムードを誘うアレンジ。センターから登場した中澤が身に纏うのは黒の垂れ下がった装い。見方に寄ってドレスにも和装にも見えるのが不思議でオレはずっと気になっていた。

MCを挟んで赤い糸ぽろりと切ない曲が続く。

続いての注目はぐっと大人っぽさを増したアレンジとなったクラクション。イントロで上を脱ぎすてると出てきた衣裳は同じく黒系だが肩が大胆に露出し体のラインがくっきりとなった。足は黒のストッキングを身につけ曲にあわせくねらせる立ち振る舞いからは今までにない色っぽさを感じた。

メインボーカルをとる嬉しさをかみしめながら歌ったふるさとの次のMCでは中澤のクリスマスの思い出を描くスライドショー。入るまでの前置きが長い。これは中澤自身が写真もストーリーも構成した作品でラスト公演とあり自身満々の大作らしい。前の公演では中学生高校生時代を描いたが今回はOL時代が舞台。使われた写真は今までの中でもとびきりセクシーでキュートで美しかったのではないか。これ冗談抜きに。ストーリーもこれまたぶっとんだ面白さ。クリスマスの夜彼氏にすっぽかされた裕子のもとに現れたサンタからのプレゼントは熱〜い一夜・・・すごかったぜ裕子、って何これ何これ突然の窓からの侵入者とトキメキたいって願望か、オレか、オレを誘ってるか、エロエロだな裕子。
(続く)f1000006.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2004

年末の予定

連続更新が続く。
今年もあと一週間とかまた来年とか(中澤さんに)言われて嫌が応にも年の瀬らしさを感じるようになってきた。

この時期はクリスマスだ冬休みだでライブが結構あるので現場も忙しい時期だったりする。オレの今年最後のスケジュールが確定したが年越しは現場でテンパったまま過ごしてそうな予感。家でテレビ見ながらってのがここ数年の年越しだったが今年はゆっくりはしてられない。

まぁもともとカレンダー通りの生活なんてしてないので休みは正月入ってからゆっくり取れば問題はない。しっかり稼ぐとしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

またギリギリ行動か

ということで移動中。
豊橋まで名鉄、そこから新幹線という新しいコンボに挑戦したのだがおおよそ二時間に一本ある名古屋東京間で豊橋と新横浜に停車するひかりを乗り逃がしてしまった。こだま号で新幹線各駅停車の旅。時間のロスが痛いがこれもクリスマスの夜なんざにmixiに入り浸って夜更かしという素敵な時間を過ごしてたせいだ。クソ!f1000002.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

警察からのお知らせです

名鉄に乗ってたら車掌が車内放送でこんな事言い出すから、テロ警戒の断りかなと思ったらオレオレ詐欺等の振込め詐欺に気をつけましょうって啓発だった。ちょっと驚き。愛知県警は防犯に力入れてるなぁ。f1000001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2004

Mステスーパーライブ2004

始まったね。今年は会場がNKホールからSSAに。つか凄いなセット。中澤クリコンの間に行こうかと応募したけど返信来なかった。でも家でテレビで見るのが正解かも。

こういうイベントの仕事したいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2004

20041223中澤裕子クリスマスライブツアー2004冬~私が思うこんなクリスマス~@なんばHatch

f1000020.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の昼飯

なんばウォークのお店で食べたラーメン+チャーハン。キムチが取り放題サービスでラッキー。うまかった。

ふとiモードで中澤スレを見てて大事な事に気付く。今日は昼夜二回回しだったんだね。すっかり忘れててこのあと市内ぶらぶら見て夕方に会場行くかって気分になってた。チケ持ってるのに会場が近鉄難波からすぐ近くって知ってたから時間もろくに確かめてなかった。危ない危ない。

スレに書き込んだあとすぐ知り合いから電話があって会場で合流。f1000012.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

金山駅 名鉄・JR連絡改札口使用開始

金山駅でこれまで一度改札を出ないと乗換えができなかったJRと名鉄の連絡改札口が22日から使用できるようになり利便性が向上した。

万博期間中は、会場に近い愛知環状鉄道「万博八草」までの直通列車の運転や、長野方面からの特急「しなの」の臨時停車も計画されている。

>>画像集

| | Comments (0) | TrackBack (0)

拙者、ビビリやですから・・・

突然だがコンタクトレンズを試してきた。

というのも、研修の身だしなみチェックで「接客サービスの基本となる笑顔を見難くする眼鏡はサービススタッフとして相応しくない。極力コンタクトにするか、フレームの目立たないものが望ましい」というやりとりがあったからだ。まぁ眼鏡というものに頼って生活しているオレであり、日頃お世話になっている眼鏡に対して「邪魔」などというのは誠に恩知らずなコメントであるが、使わなくていいなら使わずにいたいのは事実である。そういうわけであくまで前向きな気持ちでお店に行って来たのだが・・・

まずは診察を受けてから試してみましょうかとなった。コンタクト人生初体験である。スタッフの人がやってくれたのだがこれがどうにもこうにも入らない。レンズが目の前に近づいてくると開け続けてていることができないのだ。「まっすぐ前見て」とか「反対の目も閉じないで」とか何度も言われながら四苦八苦したのだが結果は同じ。もう一人のスタッフに代わってやってみるがダメ。つか痛い痛い!そんな目開かないって!スタッフにちょっとあきれられている。

今度は鏡を見ながら自分でやってみることに。レンズを触るのも初めてである。人差し指にのせて被せるように、うーん。。。無理。まぶたが反応しちゃうんだもん。

こういう人は女性より男性に多いらしい。女性は恐怖心よりも綺麗になりたいって心が勝っちゃうようだ。あぁオレは恐怖心の前に打ち勝てない。最初は慣れが必要とかなんとか聞いていたがそれ以前に目の中に入らないんだもんなぁ。凹んだよ。練習が必要なので、今日は断念して後日もう1度チャレンジしてみましょうとなったが、どうしよう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

えっ、次の万博って上海じゃないの?

08年万博はスペインで開催 テーマは「水」

・・・だそうで。

スペインの情報。

来年開催される愛知万博の参加国の中で、スペインは最も早く参加表明をした国のひとつ、具体的には世界で三番目、ヨーロッパでは一番乗りだったそうだ。このことからもスペインの、日本との関係への関心の高さが伺われる。

スペインからのラブ・コール

グローバルコモン3に出展。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2004

愛知万博公式スタッフ ユニホームが決定

研修が一段落して昨日までの張り詰めた緊張感が切れたような気分。プッチーン。

途端にすごく昔の出来事だったように思えてきて不思議な感覚。仲間の顔もそこそこ覚えてきたのにまたしばらく会わなくなる。一人になると急に不安になって悲しくなる。昨夜は寝っ転がってダラダラと過ごしたけど、この研修の合間こそ知識の習得と自己規律につとめていかねば万博スタッフとしてやっていけないはず。

研修で少しでも私とお近づきになった方、私のモチベーション維持のためご協力をお願いいたします。

博覧会協会公式ユニフォーム全10服種のデザインが決定しました! ~緑に囲まれた会場に調和するデザインです~

キタキタッ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛・地球博 関連リンク集

<万博総合>
愛・地球博公式ウェブサイト/(財)2005年日本国際博覧会協会
http://www.expo2005.or.jp/

オフィシャルラジオステーション FM LOVEARTH
http://fm-lovearth.jp/
http://blog.excite.co.jp/lovearth
CBCとZIP-FMが共同運営。2/25-9/25の毎日7:00-24:00、77.3MHzでトラフィックや各パビリオンなどの情報をリアルタイムで発信。会場を中心に半径30kmが放送エリア。

モリゾー&キッコロの休日(公式キャラクターサイト)
http://www.morizo-kiccoro.jp/

アランジネット/(公式キャラクター制作者)アランジアロンゾ公式サイト
http://aranziaronzo.com/

AMLO〈愛・地球博マスターライセンシーオフィス〉/伊藤忠商事株式会社
http://www.amlo.net/
シンボルマーク、マスコットキャラクターおよび博覧会の名称等を使用する公式記念品その他に係わる企画、制作、販売、マーク等使用承認業務を独占的に委託されている。

愛・地球博ボランティアセンター
http://www.vol-expo2005.jp/

外務省 2005年日本国際博覧会
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hakurankai.html

経済産業省「愛・地球博」ホームページ
http://www.meti.go.jp/policy/exhibition/

中部経済産業局 国際博覧会推進室
http://www.chubu.meti.go.jp/expo/

あいちEXPOづくりネット/愛知県国際博推進局
http://www.pref.aichi.jp/expo/

一市町村一国フレンドシップ事業
http://www.pref.aichi.jp/expo/kenmin/friendship.html
県内の市町村が愛知万博の公式参加国とペアになって、それぞれの地域を挙げてもてなし国際交流を図る。

2005年国際博覧会 名古屋市ホームページ 「N-expo city シンフォニー」
http://www.n-expo.city.nagoya.jp/

地球の未来を見つめて-愛・地球博でのNHKの取り組み-
http://www.nhk.or.jp/aichibanpaku/

博覧会国際事務局(BIE)
http://www.bie-paris.org/(日本語非対応)
国際博覧会条約の適用を監督・確保するために設立された国際機関。所在地パリ。

地域に活かそう!「愛知万博」:愛知推進協議会
http://www.expo2005-aichi-project.jp/
愛知万博を成功に導くため、愛知県、県議会、県内市町村、市町村議会が共同して設置した博覧会推進組織。博覧会の開催効果を県内市町村の振興、発展につなげることを目的とする。

愛知万博一市町村一国フレンドシップ記録映画制作事業
http://www.friendshipff.com/
「一市町村一国フレンドシップ事業」の相手国から映画監督、映像クリエイターを招聘し、万博会期中に開催される各国それぞれの「ナショナルデー」を機軸に「世界の目から見た」個性的な記録映画(20~30分)を製作。

<ニュース>
愛・地球博特集-中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/banpaku/

Yahoo!ニュース - 愛知万博
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/expo2005/

Yahoo!カテゴリ 2005年国際博覧会
http://dir.yahoo.co.jp/Regional/Japanese_Regions/Tokai/Aichi/Entertainment/Event_Guides/EXPO/

Yahoo!カテゴリ モリゾー&キッコロ
http://dir.yahoo.co.jp/Regional/Japanese_Regions/Tokai/Aichi/Entertainment/Event_Guides/EXPO/Morizo_Kiccoro/

YOMIURI ON-LINE 愛知万博
http://chubu.yomiuri.co.jp/ban2003/ban_main.html

YOMIURI ON-LINE / エンタメ 連載 サツキとメイの家・建築中
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/ghibli/cnt_satsuki-mei-house.htm

東海テレビ : 万博キャイ~ン
http://www.tokai-tv.com/expo/

CBC 愛・地球博への取り組み
http://hicbc.com/whatscbc/expo/

<個人発信万博情報>
愛・地球博blog -愛知万ブログ-
http://2005.seesaa.net/

愛・地球博をそれなりに楽しみにしている人のブログ
http://blog2.fc2.com/greensky/

箱庭生活 愛・地球博ANNEX
http://hakoniwa.cocolog-nifty.com/garden/

<会場内>
●長久手会場 158ha
○センターゾーン
愛・地球広場(エキスポビジョン/石井竜也プロデュースのパレード開催)

グローバルハウス(博覧会協会運営のシンボルパビリオン/冷凍マンモス展示/2005インチシームレススクリーン/スーパーハイビジョンシアターhttp://www.nhk.or.jp/aichibanpaku/super_hi/

バイオラング(150m×50mの緑化壁)

こいの池(ロバート・ウィルソン演出のナイトイベント)

ロータリー館
http://rotaryhall.expo2005.or.jp/

○企業パビリオンゾーンA
ワンダーサーカス電力館/電気事業連合会
http://www.fepc-expo.jp/
ロボット運転手が案内する電車型ライド「フク丸エクスプレス」に乗って300mの軌道を約10分かけて巡る。私たちが生きている世界の素晴らしさを再発見する旅。外壁を彩るのは子供たちの絵。

JR東海 超電導リニア館/東海旅客鉄道株式会社
http://linear.jr-central.co.jp/expo/
世界最高581km/hを記録した超伝導リニアの実車を展示。800インチの3Dシアターでそのスピードを体感。

ワンダーホイール展・覧・車/社団法人 日本自動車工業会
http://expo.jama.jp/
観覧車が半分建物に覆われた構造。屋内では社会や生活文化とクルマの関わり、自然とクルマの共生、クルマの魅力・夢を紹介する世界。屋外では地上50mの眺望を楽しむことが出来る。

三菱未来館@earthもしも月がなかったら/三菱愛知万博綜合委員会
http://www.mitsubishi.com/expo2005/
ニール・F・カミンズ教授の著書「もしも月がなかったら」をベースに、巨大映像とミラー、音響を組み合わせたIFXシアターで「月と地球」の関係から奇跡的なバランスで成り立っている地球、環境維持の大切さを実感できる。ロボットアテンダントWakamaruが案内。

○企業パビリオンゾーンB
夢みる山/中日新聞プロデュース共同館組織委員会
http://expo2005.chunichi.co.jp/
富士山を模したルーフがシンボル。アニメ・映像監督押井守演出によるテーマシアター「めざめの方舟」(積水ハウス、中部日本放送、東海テレビ放送、中日新聞社)/シャチハタマークタウン(シャチハタ)http://www.shachihata.co.jp/expo/index.php/NGKウォーターラボ(日本ガイシ)http://www.ngk.co.jp/mizu//「モノづくり・ユメづくり/Output Fantasy」(ブラザー工業)http://www.brother.co.jp/jp/expo2005/の4つの展示ゾーンで構成。

トヨタグループ館/トヨタグループ
http://expo.toyota-g.com/
ロボットたちによるバンド演奏等の歓迎ステージと、自由な移動をテーマに、一人乗り未来コンセプトビークル「i-unit」や搭乗歩行型ロボット「i-foot」がパフォーマンスするメインショー。パビリオン以外にも会場内移動手段としてIMTSやFCHV-BUSを出展。

Nature Contact 日立グループ館 ユビキタス・エンターテインメント・ライド/日立グループ
http://hitachi-pavilion.com/
最新のITを駆使しレッドリストに選定された希少動物を映像としてリアルに再現。プレショーでは携帯情報端末を用い個々がユビキタスな情報閲覧を体験。ライドに乗車して希少動物と触れ合うことのできるメインショーへと出発。建物の外観は一部を削り渓谷を流れる川をイメージ。ミューチップ付き入場券の技術も提供。

三井・東芝館/愛・地球博 三井グループ出展者会
http://www.mt-expo.com/
観客の顔を瞬時に取り込んで映画の出演者として登場させる世界初の映像システム「フューチャーキャスト」を採用。タイトルは「グランオデッセイ」。宇宙に移住した人類の子孫たちが、いまだ見たことのない母なる地球を目指す冒険の旅に出発する・・・。宇宙船船長役に加山雄三。

ガスパビリオン 炎のマジックシアター/社団法人 日本ガス協会
http://www.gaspavilion.jp/
本物の炎を用いたマジックと映像、キャストによる熱演を織り交ぜたライヴショー。津川雅彦、古田新太が映像で出演。天然ガスに関する展示と屋上の展望広場も。

○日本ゾーン
長久手日本館
http://www.nippon-kan.jp/
竹で覆われた繭の形のパビリオン。

長久手愛知県館
http://www.pref.aichi.jp/expo/pavilion/nagakute.html
祭りの「山車」をモチーフとした建物。あいち・おまつり広場では市町村をはじめ県内各主体団体が祭り、伝統芸能、芸術など愛知の魅力をパワフルかつエネルギッシュに展開。

名古屋市パビリオン 大地の塔
http://www.n-expo.city.nagoya.jp/live/
藤井フミヤプロデュース。巨大な万華鏡。光・風・水が生み出す偶然のパフォーマンスアート。

中部千年共生村/中部広域出展実行委員会(富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県)
http://www.chubu1000.jp/
千年先の子供たちに持続可能なモノづくりを提案。建物の外装は中部9県の和紙とインドネシアの黄金の繭。

○グローバルコモン1(東南アジアを除くアジア)
大韓民国
中華人民共和国
インド
サウジアラビア王国
ネパール王国
http://www.at-imagine.com/expo2005aichi-nepal-pavilion/(日本語対応)

○グローバルコモン2(南北アメリカ・国連)
アメリカ合衆国
http://www.uspavilion.com/

カナダ
ドミニカ共和国
メキシコ合衆国

○グローバルコモン3(ヨーロッパ1)
イタリア共和国
スペイン
ドイツ連邦共和国
http://www.expo2005-germany.com/
http://www.expo2005-deutschland.de/pavillon.html

フランス共和国
http://www.expo2005.fr/aichi/internet/

○グローバルコモン4(ヨーロッパ2)
グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国
http://www.my-earth.org.uk/(日本語対応)

スイス連邦
ベルギー王国
ロシア連邦
EXPOドーム

○グローバルコモン5(アフリカ)
アフリカ共同館
エジプト・アラブ共和国
南アフリカ共和国
NEDOパビリオン/独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
http://www.nedo.go.jp/expo2005/
http://www.nedoexpo2005.jp/

○グローバルコモン6(オセアニア・東南アジア)
オーストラリア
http://www.expo2005.com.au/(日本語対応)

シンガポール共和国
http://www.expo2005singapore.com.sg/

タイ王国
マレーシア

○遊びと参加ゾーン
地球市民村
http://www.global-village.expo2005.or.jp/
環境保全や国際交流に関連したNPO/NGOが集まり市民の学びと交流を繰り広げる。出会いのゾーン(センターハウス)と体験と交流のゾーン(屋外広場)で構成。

わんパク宝島/ロボットステーション
グローイングヴィレッジ
EXPOホール
モリゾー・キッコロメッセ

○森林体感ゾーン
サツキとメイの家
日本庭園
森の自然学校

●瀬戸会場 15ha
瀬戸日本館
http://www.nippon-kan.jp/

瀬戸愛知県館
http://www.pref.aichi.jp/expo/pavilion/seto.html

市民パビリオン&海上広場 市民プロジェクト
http://www.expo-people.jp/home.php

里山遊歩ゾーン
里の自然学校

◇イベント

バックヤードツアー・エコトークセッション/環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)
http://www.epoc.gr.jp/expo/

◇フード&ショップ(飲食施設38店6500席、物販店26店。)
日本料理 なだ万(センターゾーン)

アサヒパノラマレストラン(センターゾーン)
http://www.asahibeer.co.jp/expo/

公式記念品ショップMatsuzakaya(北ゲート東側)
公式記念品ショップMITSUKOSHI(北ゲート西側)
公式記念品ショップKintetsu(西エントランスプラザ2階)

サークルK 愛・地球博店(企業パビリオンゾーンA)
ファミリーマート 愛・地球博店(グローバル・コモン1)
サンクス 愛・地球博店(西ゲート)
ポケット コンビ(瀬戸会場ゲート)
富士フィルム フォトサービス ステーション(遊びと参加ゾーン)
「こぐま」「ペリカン」宅配便受付・手荷物預かりセンター(北・西・東・瀬戸ゲート)

◇サービス施設
郵便局(西・北・瀬戸ゲート)

UFJ銀行 愛・地球博店(西ゲート)
http://www.ufjbank.co.jp/expo2005/

ATM(北・西ゲート)

<周辺情報>
愛・地球博 自転車マップ
http://www.cyclemap.net/

○会場アクセス
愛知高速交通 東部丘陵線 Linimo
http://www.linimo.jp/

愛知環状鉄道
http://www.aikanrailway.co.jp/

名古屋市交通局(市バス・地下鉄)
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/

JR東海 Central Japan Railway Company
http://www.jr-central.co.jp/

名鉄空港特急「ミュースカイ」
http://www.meitetsu.jp/centrair/

中部国際空港「セントレア」
http://www.centrair.jp/

○関連事業
ささしまサテライト事業 デ・ラ・ファンタジア
http://www.delafantasia.jp/

○地域情報
あいちのプロフィール/愛知県
http://www.pref.aichi.jp/koho/profile/

愛知観光情報ファイル/社団法人 愛知県観光協会
http://www.aichi-kanko.jp/

名古屋市
http://www.city.nagoya.jp/

長久手町
http://www.town.nagakute.aichi.jp/

長久手町万博ホームページ
http://www.town.nagakute.aichi.jp/homepage2/index.asp

豊田市
http://www.city.toyota.aichi.jp/

瀬戸市
http://www.city.seto.aichi.jp/

瀬戸市観光協会
http://www.city.seto.aichi.jp/setomono/kankou/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2004

オラヲタハッケソ

アエイウエオアオ       カケキクケコカコ
サセシスセソサソ      タテチツテトタト
ナネニヌネノナノ      ハヘヒフヘホハホ
マメミムメモマモ       ヤエイユエヨヤヨ
                        ↑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

接客マナー叩き込まれ中

ひょえー。今日の研修は修羅場と化した。朝の発声練習から先に進めないなんて。ASAYANだよ。寺合宿だよ。覚悟はしてきたつもりだったけど全然甘かったてことだね。

教えられたことは一度で覚える。苦手なところは家で人より練習してくる。全部当たり前のこと。流れを止めることは全体に迷惑をかけることと自覚せよ。でも笑顔は忘れずに。

今日だけでも一杯学んだ。こんな濃い時間を過ごしてみるのもいいかもね。怒涛の日々を駆け抜けたモーニング娘。のように。こっちはたった半年、そして研修は数えるほどしか日にちがない。

なかなか教えてもらえるものでもないしね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2004

関係者専用シャトルバス

帰りのバス車内。オレだけ一人掛け。孤立した。ヽ(`Д´)ノウワァァァァン!f1000009.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2004

なんだかんだいって楽しかったりもする

朝5時過ぎに起きて、7時から仕込み開始。バラシ終わってタクシーに乗った時には24時を回っていた。立ちっ放しだったので足はパンパンガクガク。取り外して休息させたい気分。

ツアー初日でトランポ4台の大物っつーことで異例の7時仕込み。そんなに大きくも無い会館にこれでもかっていうゴツイステージができてしまった。バイトの面子も薄く(仕事のわかる常連が少ない意)相対的に仕事量が増すのでメシ食う時間もままならず。水樹奈々という声優のコンサートだがこういう系のお客さんは会場に来るのが早い。チケットはソールドアウトの人気ぶり。会館の入り口が結婚式場と隣接しているのでこちらに来たお客がたむろしていると迷惑という事で移動して頂く対応に苦慮する。グッズの先行販売にも長蛇の列。物販のスタッフさんは愛想が良くて可愛い人。先行販売を切り上げ、入場口の用意をするのだがここにきて準備が整ってなかったりする(これはクロークの見落とし)もんだからドタバタ。なんとかこっちは形になったよってところでいつまでたっても開場のゴーサインが出ない。ステージの調整が終わらないためでそのまま待つしかない。圧縮をかけぎゅうぎゅうに詰めて並んで頂いているお客様に説明とお詫びに出る。延々30分も遅れさらに「ロビー開場」状態でオープン。オレは既に声が枯れ気味。開演も20分程度押してスタート。一面サイリウムの海に通路にはみ出て飛び跳ねるお客。元気だ。本番はバイトの着替え交代を回して終わり。

さてバラシ。仕込みの具合から渇入れられてたのもありプレッシャーと後へ引けぬ気合を入れて望んだ。だが初っ端からバイトがアンプのヘッドを落として罵声が飛ぶ。スタッフの印象最悪。それでもここでくじけておれぬと自らを奮い立たせてバイトを動かすのに徹する。スタッフに使われそうになるのをかわして微妙な駆け引きの攻防戦。積み込みにつっかえ気味なせいで進みが遅い。最後のほうで雨が降って寒い中トラックの付け替えで待ちぼうけをくらったのは痛かった。結局3時間くらいかかったのかな。なんとか今日は先輩に怒られない程度にこなせたと思うので後味は悪くなかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

要はバランス

休みの日が続くと家にばっかりいて気分が塞ぎこんでくるからダメだね。(好き好んで引き篭もってるわけじゃないが大抵ビデオの整理をするか本を読むかネットを徘徊するかしているうちに一日の大半が過ぎて行く。)かといって仕事で忙しくなってもゆとりがなくなってイライラが募ってくるから考え物。その辺のスケジュールとモチベーションがコントロールできないのが悩みだ。

と、いうのを携帯から更新しようとして書いている途中で寝たらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そうだよバカだよ

さよなりωさんのblogを見て思い出した。

今日はトリビアで, 心理学者と言語学者が考えるもっとも引っかかりやすい 10回クイズは?

というやつで,
「ニシン」と10回言って,
「赤ちゃんが生まれることは?」という質問をする.
というのが紹介されていました.

西村良太のたらたらぺーじ

オレは「赤ちゃんが生まれることは?」という文章がテロップで画面に出る度に「赤ちゃんが生まれるとこは?」に見えて一瞬ドキッとしてしまう。10回クイズのポイントは答えさせる相手に考える隙を与えないことと言っていたが、何も考えないとそんな中学生男子みたいな発想しか出てこない自分。ヽ(´ー`)ノ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 08, 2004

本質を知ろうとしない人間にとやかく言われることが一番悔しい

スポフェスの記事を載せた新聞には深々と頭を下げるハローのメンバーの写真が大写しになっていた。とても居た堪れない気持ちになった。彼女らのそんな姿を見たいと誰が望もうか。

ネット上で今回の件について言及しているいろんな人の意見を見た。安倍の事を酷く追及しようとする口はあまり見当たらず、今は謹慎が明けて帰ってくる日を待とうとしている人が多いように感じた。いや刺激的な言葉を連ねているところからはオレが目を背けただけかもしれない。ただともかく安倍が活動を自粛することで受け入れようとする人の中にも、そこに至る前の盗作自体の捉え方には多種多様あるように見えた。

「これくらいは盗作じゃない。なっちは悪くないし謝る必要も無い。」と頑なに認めようとしない者。「盗作を指摘して騒ぎ立てたりマスコミに告げ口したりした人は何のメリットがあってやったのか。なっちを追い込んだ奴が許せない。」と責任転嫁する者。「なっちは盗作という悪いことをしてしまった。本人が直接謝罪するべきだ。」「盗作してまで作詞なんてしなきゃいいのに。」「盗作なんてみんなしてるんだから黙ってればいいのに、なんで認めたんだろう。」・・・・・・

一人一人にレスして回りたい気持ちになった。オレの考えは前の記事の後半にも書いたが、今回の件はなっちに全く責任はないから謝らなくていいというのとも、なっちは過ちを犯したから罪を償わなくてはいけないというのともいずれも違うと思うのだ。


このサイトのトップを見たとき、沈んでいた気持ちが救われた気がした。既に起きてしまった今回の件を冷静に捉えこれから何が出来るかを前向きに話し合って行こうとするファンがいることを知り少し安心したのだ。このサイトの趣旨に賛同する気持ちでここにリンクする。なっちがハローの仲間と共に再び姿を見せてくれることができるように応援したい。

なっちのために今何が出来るのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2004

なっち盗作騒動

いまさら事のなり行きに触れるのは遅きに失していてどうしようもないので、一応わかりやすく経緯が載っているところをリンク。

安倍なつみさん、盗作で活動自粛
安倍さん騒動の続き


しばらく前からネットでは騒がれていたらしいがオレ自身はあまり熱心に推移を見ていなかった。FNS歌謡祭では中澤を代表にハロプロ全員で謝罪なる事態も見逃していたというヲタとしてのダメさ加減だがとりあえずそちらは後で見ることが出来た。ただ事務所の公式発表が新聞にばばんと出る前に検証サイトは一通り見ていたので心の準備が出来ていた、というわけではないが、比較された詩を一目見ればわかる酷似具合だったので遅かれ早かれ明るみに出るだろうなとは思っていた。

事務所の発表(以下引用)を見ると、概ね誠意的で全て事実の通り、虚偽や隠蔽の情報もないように思う。起こってしまった事実を捉え現段階で出来ることを一つずつやっているんだろうなということがわかる。

ファンの皆様へ大切なお知らせ 安倍なつみのエッセイ集等に掲載した何偏かの詩及び、ラジオ番組のコーナーで作詞した作品等について、盗作の疑いがある旨のご指摘を受け、社内で調査を進めてまいりました。その結果、安倍なつみ本人に認識が不足していたものの、残念ながら盗作に値すると判断致しました。 このような出来事が起こってしまったことはきわめて遺憾であり、多くの方々にご迷惑をおかけしたことを本人共々深く深くお詫び申し上げます。 ここに、本人からの言葉を掲載させていただきます。

安倍なつみより皆様へ

大勢の方にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳なく思っています。
私は昔から、自分で「素敵だな」と思った詩やフレーズをノートに書き留めておくようにしていました。そして詩を書くときに、そのノートを参考にしながら書いたりしていて、結果、人の詩やフレーズに勝手に手を加えた形で発表してしまいました。本当に軽率な行動だったと深く反省しています。
ご迷惑をおかけした方々にはお詫びのしようがありませんが、今、誠心誠意あらゆることを深く受けとめ、心から対応していくつもりです。
本当に申し訳ありませんでした。

安倍なつみ

http://www.helloproject.com/news/1130_osirase.html


盗作が発覚した後に事務所がとった措置は以下の通り。

(11/20放送のヤンタンをきっかけに盗作疑惑が浮上。ネット上で話題になる。)
(11/27放送(11/26収録)のヤンタンを安倍は体調不良(一部報道)で休養)
(11/29大阪国際会議場メインホールをもって安倍のコンサートツアーが終了)

11月下旬
・安倍本人に確認するなどして調査。

11/30
・ホームページとマスコミ各社に送付発表したコメントで公式に盗作を認め謝罪(盗用元の発表は無い)。
・関係者には既に謝罪。(と報道)
・問題の詩が載った出版物の販売中止を出版社に申し入れ。
 写真集「ナッチ」(00年、ワニブックス刊)、フォトエッセー集「ALBUM1998-2003」(03年、ワニブックス刊)、フォトエッセー集「陽光(ひかり)」(04年、竹書房刊)
・今後の安倍について<芸能活動は続けるも、創作活動は自粛>と発表。

12/1
・安倍の紅白出場辞退をNHKに申し入れ。承諾。(後藤、松浦は二人で出場)
・『ハロー!プロジェクト・オールスターズ』として出演予定だったフジテレビ「2004 FNS歌謡祭」に会場入りするも出演せず。
・安倍と話し合いの結果、本日より来年1月末までの芸能活動を自粛と発表。
・放送では歌の前に中澤を筆頭に安倍を除いた全ハロプロメンバーで謝罪。
・「安倍なつみ ハワイで過ごすクリスマス ファンクラブツアー」は中止。

12/2
・安倍なつみ本人の活動自粛にともない、ハロー!プロジェクトオフィシャルショップで販売されている一部の商品に関して一時販売休止。
・12/5「HELLO! PROJECT SPORTS FESTIVAL 2004」さいたまスーパーアリーナ公演のチケットを希望者に払い戻す措置を決定。
・「Hello! Project 2005 Winter 白組/Hello! Project 2005 Winter 紅組」東京・名古屋・大阪公演、「Hello! Project 2005 Winter オールスターズ大乱舞」横浜アリーナ公演のチケットを希望者に払い戻す措置を決定。
・1月26日発売予定の新曲『鳴り止まない タンバリン』は発売延期。

12/5
・スポフェス開会式でメンバー45人がファンに直接謝罪。
・240枚のチケットの払い戻しに応じる。

この対応が最良なのかどうかは別にして、一応理解はできる範囲だ。

今回の件が起きて思うのは、事務所にとっても安倍本人にとっても寝耳に水、降って湧いたような話だったんだろうなという感想。安倍は「まさかこんなことになるとは」と今となっては悔やんでも悔やみきれないだろう。こんな書き方をすると無責任だと思われるかもしれないが責任が無いと言っているのではない。ただ本当に無意識のうちにこんなことになってしまったんだろうなという単純な感想。日頃から自分で共感できるフレーズを見つけてはノートに書き留めていた。いざ自分の気持ちを書き表そうとしたときに知らず知らずのうちに代入してしまった、と。無意識だったからこそあんな誰が見てもわかるような同じフレーズの反復になってしまった。したたかな盗用の意思があったならこうはならないだろう。もちろんその軽率さこそが今回の問題を招いたのであり、批判されるべきところではある。でもこんな構図は比較的身近に転がっていることだとも思うのだ。

安倍なつみというネームバリューのある人間だったから問題が大きくなってしまった。売り物として流通している商品の中に含まれていたから大事になってしまった。出版物として出ているからにはそれなりのプロである人の手を経てきているはずだ。こうやってセンセーショナルに発覚する前に周りの人間が止めてやるべきだったんじゃないかと言う見方だ。締め切り間際になってぱっとその場にあったものを書き写したわけじゃない。日頃から安倍が好きと感じて気に留めていたものだ。タレントの興味の対象をチェックすることは可能でなかったか。詩を発表するという活動をするに当たってどうしたら問題になるか一言言っておくことはしなかったのか。周りの人間に全てを押し付けて安倍に責任は一切無かった等という気は毛頭無い。だが安倍一人が背負い込むのもまた違うと思うのだ。

「安倍さん盗作」と一般紙にも出て騒ぎ立てられるのはやはりショッキング。これ以上なく事実を的確に捉えた言葉だけども、やっぱり「盗作」という言葉の聞こえは悪い。今回の件で安倍本人は相当なショックを受けているであろう事。周りの人間はどうか彼女が立ち直れるよう支えてやって欲しいと願う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2004

春からは

現在、コンサートの現場で働いているオレであるが来春からは新しい職場で働く。2005年日本国際博覧会(愛称:愛・地球博)のサービススタッフとして。一部の人にしかまだ言っていないのだがそろそろ研修も始まるということでここらで書いておこう。今のバイト先で話したら「それってディレクターかなんかで?」と聞かれてちょっと凹んだ。確かにせっかくイベント業界で働いてるんだからつてを探せば行けたかもしれない。現にうちから浜名湖花博に行ってた先輩もいたしね。まぁでもそういう人の繋がりを作るのが下手な人間なので地道に面接受けてきた。万博が始まったら会場全体をフィールドに走り回ることになる。これから配属がどうなるのか、決まったらおそらく会期中の異動はないということで今は少し不安も抱えている。

愛知以外での知名度はまだまだ低いということだが、愛・地球博は来年3月25日から9月25日まで、名古屋市から東へ約20キロの愛知県長久手町・豊田市、瀬戸市を会場に開催される。一人でも多くの人に訪れて欲しい。
http://www.expo2005.or.jp/

さて研修までに提出課題を仕上げなければいけないのだが、これが結構頭を悩ませている。なんだか道徳の教育みたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »