« October 2004 | Main | December 2004 »

November 29, 2004

みちよ新聞が来た!

オフィシャルファンクラヴ「みちよ本舗」から会員証とみちよ新聞が届いた。新聞はカラー刷りでよくできてて意外だったのだが他にこれといって特典も無いのだからこれくらいできてて当たり前か。
そしてみっちゃん本人も実物を見て「かなりウケタ」という会員証の裏側。

~会員様への御触れ五ヶ条~

(略)

伍。いかなる事があろうともみちよ様を崇拝し、そしてこよなく愛し夕暮れ時には必ず南の方向を向き「みちよ様最高です」と大声で三唱すべし。

み、みっちゃん、、、、、、最高ですっ!

来年の旅行、実はまだ申し込んでないのよね~。相乗りしてくれる人がいたら現地集合コースで車出そうと思ってるんだけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 28, 2004

お気楽現場

某紅白出場歌手のテクリハで山奥に来ているわけで・・・
自販機のジュースが200円するわけで・・・
f1000005.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2004

時間の使い方

自分のしたいと思うことを全てこなすことが出来たらどんなに幸せだろう。仕事に出ることはそんなに嫌いなわけじゃないし、いや正確には嫌な面もあるがだからといって働きたくないわけじゃない。収入を得るための手段としてだけではなく、純粋にこの仕事をしていたいと考えるのだがそのために自分の限りある時間を割くのが苦痛と感じたりする。読みたい本を片っ端から読んで、インターネットを漂流し、人から話を聞いて思いっきり知的好奇心を満たす。ぶらっと街に出て買い物を楽しみ遊び場を作る。繋がりのある友人とは常に連絡を取り、お互いの気持ちを共有し合い、・・・・さらに貴重な時間をオレのために犠牲にしてくれる誰かがそばにいたら最高だ。だがそのためには一日24時間という時間は短すぎる。この中で実行できるのはほんのわずかだし、何をするにも別のスケジュールが無意識のうちに入り込んできてしまい一つのことに集中するということをできていない気がする。他人から見たらオレの境遇なんて自由に使える時間が多すぎるだろうと自分でも思うのに。完璧なスケジュールを組んでこの時間からこの時間はこれこれをやりなさいって全部誘導してくれるもう一人の自分(他人は嫌だ)がいて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2004

人気の格安夜行バス 東京~名古屋に乗車

新宿駅西口23:00

営業を終えたオフィスビルの立ち並ぶ薄暗い路上に突然の人だかり。数人で集まって談笑する若者のグループからスーツを着てたたずむサラリーマン風の男性、若いカップル、連れの日本人に訳してもらっている外国人、一体何の集まりだと疑問を持つ光景だ。

実はこれ、これから乗る夜行バスを待っている人たち。定期で運転されている路線バスではなく中小の旅行会社が企画して運行するツアーバスだ。今、こういったバス旅行が人気のようだ。検索サイトgoogleで「発着地名」と「格安」「夜行バス」「高速バス」といったキーワードを投げてやるといくつか表示される。

その中の一つ、三交トライパルの「東京⇔名古屋 夜行バスプラン」を先日東京へ行った帰りに利用してみた。片道3900円(往復7500円)はJRバスのドリームなごや号6420円(往復11410円)に比べると大幅に安い。もちろん安いだけいくらかの欠点はある。JRバスが一席ごとに独立した3列タイプの専用2階建てバスを使用しているのに対し、こちらは4列タイプの通常の観光バスを即席で仕立てたもの。移動中は寝るしかない車内でこの違いは大きい。疲れいてゆっくり休みたいという時には正直お勧めできない。追加で1500円払えばゆったりシートのバスにアップグレードもできるようだ。また切符を売って旅客を輸送するだけの路線バスと違い、形式上は主催旅行扱いとなる。添乗員は付かないがバスを利用した小旅行なのだ。だからといって実際に利用する上で大きな違いは感じないかもしれないが、出発7日前からは30%から100%の取消料が発生する点に気を付けたい。

今回このバスを予約したのは乗車当日のお昼過ぎ、帰りのルートを決めかねていたのだが半ばダメもとで電話してみた。幸い席は確保できた。代金の支払方法だが電話口の相手はいくつかのコンビニ名をあげて近くにないかと聞いてきた。どうやらそれらの店頭で決済できるようであるが、近くにあるかどうかわからなかったので「探します」と答えたところ、銀行振り込みでもいいと言われた。その日は土曜日でありATMで振込みを済ませても実際に相手先の口座に振り込まれるのは月曜日となってしまうのだが、それでもいいとのこと。これって支払いの確認が後で申し込みも電話で名前を言っただけであり、もしかしらバックレも可能なんじゃないか。まぁどうせ空席で走らせるなら確実に回収できなかろうが売ったほうが得という魂胆だろうか。だからといってこれを見て決して悪用しないように。このあと移動中の電車の中からiモードでみずほ銀行のモバイルバンキングを利用して指定された口座に振込みをしてみた。

そして冒頭の集合場所へ。路線バスではないので乗降場所もバスターミナルなどではなく一般の路上なのだ。溢れ帰る人の中に名簿を持った旅行会社の人と思われる人がいたので聞いてみるとオレの利用する会社の人ではなかったらしく、あちらの女性にと言われた。この場所を利用して出るバスは他にも何社かあるらしい。言われた通り、次の人に話しかけると持っていた名簿にこちらの言った名前を蛍光ペンでチェックを入れた。しばらくして何台かのバスがやってくる。あまり聞いたことも無い会社の名前が書かれた大型バスが次々に並ぶ。中には横断歩道を塞ぐようにして止まっているバスもあった。そのバスの運転手は後で白紙に「仙台行き」と大書きして扉に張っていた。別の客が尋ねているのを聞くとオレの利用するバスは遅れているらしい。「ディズニーランドから来るバスなのでそっちが遅れてるんですよ」とのこと。オレの見たページの案内では新宿駅が始発になっていたが各方面の客を詰め合わせにするのもこうしたツアーバスではよくあることのようだ。10分ほど遅れて到着したバスは止まるところが無いので道路の反対車線に止まった。「名古屋行き○○号車は向こうの白地に緑のラインのバスです!」と大声で案内する係員。

大回りしてバスの前に行き、入り口の人に名乗ると名前の入った席表を見せられた。2列目の窓側。同時に小さな包みを渡され何かと思ったら空気枕だったがそのまま鞄に入れた。webでトラベルグッズと書かれていたものらしい。切符代わりに銀行振り込みの控えを見せると聞いていたが結局そういったチェックはなかった。ほとんどの席は既に埋まっている。オレの隣には座っている人がいたので入れてもらう。やはり隣の人には少し気を使う。オレがどうやら最後の客だったらしくしばらくして発車。オレの前の1列目の席は2席分毛布がかけてあったので何かと思ったら入り口で名前をチェックしていた人がきて横になっていた。席に座るとこれは確かに狭さを感じる。肩が隣の人と触れそうでリラックスできない。体を微妙にねじって寝ることにした。バスは東名高速に乗り途中足柄SAと浜名湖SAで15分程度の休憩が入った。

翌朝名古屋駅太閤通口に到着。名古屋市内に入ったあたりで目が覚めたような気がするが放送があったかどうかはよく覚えていない。名古屋駅で降りた客も数人で大部分はそのまま乗っていくようだった。

参考:東京・大阪間の格安バスツアー(SWA の Web ページ)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 20, 2004

今日買った本:「東京タワー」江国香織

ジャケ買い。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日買った本:「JR時刻表」12月

通巻500号記念で「JRスーパートレインブック」(全国の特急を写真付きで紹介。全編カラー)が付録に付く。新潟県中越地震や台風による各地の運転状況が痛々しい。

今月号の見所(時刻表にそんなものあるのか、ってあるんですよ。)は年末年始臨時輸送の案内。それと営業規則の改訂も知らない間に結構行われているor行われるようだ。Suicaの利用エリア拡大に伴い東京近郊区間拡大とか、新潟にも近郊区間が出来るとか。四国内の特急乗り継ぎで料金を通算できるようになるとか。経路特定区間や環状線通過の特例なんかは一年前とはがらっと変わってるなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日買った本:「バカ日本地図」

最近話題のネットから生まれた本。書店で「電車男」の隣に並んでいた。あっちはwebで既に読んでいたのでスルー。

借力[CHAKURIKI]というblogの参加型企画をまとめた本。03年に話題になったサイトらしいのだが今まで全く知らなかった。適当に記憶している日本地図のイメージをたくさん集めて総合的なバカの思い浮かべる日本地図はこんなだ、ってのを作る。内容はまぁこんな感じ。

この本の見せ方の面白いところは最初はまともな日本が更新のたびに変わっていくのをコメントで解説しながら見せている点。ぞんざいに記憶されている県があっちに飛ばされこっちに吸収され、とひどい扱いを受けているのが手に取るようにわかる。面白いものを描こうと狙ったのではなく、コメントがなんとなく共感できてしまう所がリアリティー(なんのだ)があっていい。

そういえば何かのTV番組の企画で吉澤が書かされた日本地図に仰天したのはモーヲタ各氏にとっては懐かしい。モーニング娘。の学力は大丈夫か?との心配から、ちゃんと学校に行かせてやれという意見が輪をかけて目立つようになったのもこの頃か。よっすぃー(この表記にこだわっていたのも懐かしい?)を本気で心配しつつも大胆に描かれたそれはド級のインパクトでAAにされて2ちゃん内で貼られていたのを見ては感動しながら笑ったものだ。今となってはその感動も薄れてしまったがAAを見つけたので記念に貼って置く。(0^~^)

yoshizawa_map.gif

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2004

失くして初めて気づくもの

「もう辞めたい。」「別の仕事見つけたい。」近頃は事あるごとにそんな事を口にしていたように思う。

ひどく落ち込んでいるように見えたその人は唯一だった仕事を失くし、初めて「この仕事が好きだった」と気付いたそうだ。その人自身に責任があるとはいえ、結果的に関わってしまったオレとしては「そんなもんですよ。」と人ごとのように言うのが辛かった。

大きな現場での大変さといったらそれは並々ならぬものがある。各々が自分の任されたセクションの仕事を懸命にこなし、一見バラバラな様でいて全体で一丸となり乗り切ったときに代償として得る達成感は何物にも変えがたい。特にこの会社だから(全国の同業他社を見てもここの形態は特殊であろう)負う重圧と、その反動で得る物もあるだろう。それだけ長い期間この仕事を続けてきたという事にはやはり理由があったのだ。純粋に現場に入りたいという言葉を聞けたのは意外だった。

「元気出してください。」

今回の件がその人にとって大事なことに気づくきっかけとなり、少しでも今後の人生に良い影響を与えてくれるよう願ってやまない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2004

運転中の携帯電話使用の罰則が強化されたけど

11月1日施行の改正道路交通法により運転中の携帯電話使用の罰則が強化され、巷ではハンズフリーキットがバカ売れというのは誰もが知る事実。ところで携帯ケータイと騒がれてるけども正確にはこう。

(運転者の遵守事項) 第七十一条  車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

五の五  自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。

とまあ、あいまいさの残る指定ではあるわけだ。画像表示用装置というのには携帯の画面はもちろんカーナビ、PDA、携帯ゲームも含まれてくるだろう。しかしこのあたりになると検挙したという実例は聞かないし警察官が現認する線引きが難しそうだ。一方で運転しながら本を読んだり、片手にコーヒー持って飲んだり、といった行為はこの法律では罰則の対象としていない。もちろんそれで事故を起こせば安全運転義務違反ということにはなるのだろうが。携帯を使いながらの運転が危険を招くというのは数々のデータで立証されているし、取り締まりの必要性も感じるが、携帯だけが槍玉にあげられている感じがするのがなんとも。

運転中に携帯のカメラで撮影しているところを警察官に現認されたら止められる可能性が高そうだ

| | Comments (2) | TrackBack (1)

スポフェスの感想

というかゆゆたん萌え記。

競技の記録とかメンバーの様子はここ(リンク間違ってました)が詳しい。

車で出るのは危険な気もしたが向かったわけさ。万博会場の脇の道を通ったら急ピッチでパビリオンの建設してるのが見えたりして「おー」とか思いつつ。会場に近づくと道路案内板に「スタジアムイベント開催道路混雑注意」とか出てて、さらに行くとスタジアムの横の橋が駅に向かう方向に渋滞していた。なんで向こうが混むのか良くわからなかったがとにかく逆方向で助かった。会場に到着したのが開演時間の12時ぎりぎり。オレの分のチケット持ってたヲタもだちを待たせてしまった。ごめんなさい。もっと早く行けば練習中の娘。とか場外ヲタ芸大会とかいろいろ見れたのにね。ちょっと前のオレなら誰よりも早く会場に着いて隅々まで遊びつくすぞって意気込んでたのに最近じゃこんなんだ。西ゲートを入って左に進むとエプソンブースが出ててMVP予想クイズもやっていた。マイク持ったアナウンスのお姉さんも喋ってて展示会みたくなってた。今回は1社協賛だし結構がんばっちゃったんじゃないかな。

開会式はリーダーとサブリーダの4人が宣誓。インタビュアーがメンバーに意気込みを聞き出すとそれがしばらく延々と続く。誰かがライバルは中澤などといえばいじられるゆゆたんはおいしい。そういえば去年はキッズがほとんどみんな「中澤さんです」って答えてたよなと思い出す。今年は何人か具体的に名前が出てきてゆゆたんに集中砲火という風ではなかった。でもってゆゆたんは60mに1500mにと本格的に走る競技に出場。楽なほうへ逃げたりしない。学生時代の反動か、この人おそらく本気で競技に取り組むことに燃えている。1500では今年もさえない解説のまことが、スポフェスの卒業がかかっているとか突拍子もない情報を出してきたり、ゴールするときには拍手を促すなどやたらとゆゆたんに触れたがる。なんなんだ一体。ここではキッズの矢島が紺野を抑えてぶっちぎりのアピール。ところでゆゆたんよりはるかに遅れてゴールした矢口、大丈夫かしら。

フットサルの頃にふとベンチを見ると矢口が中澤にべったりで、これはゆゆやぐハァ━━━━━━;´Д`━━━━━━ン!!!!な光景。かと思えば一人になっても足を組んで座るゆゆたんの仕草からは何ともいえない色気が出ている。はぁ、愛しのゆゆたん。なにをしてても様になっている。スポフェスには双眼鏡が必須。ツレの一人が持ってたの、スーパーで千円くらいで買ったといってたがこれが一番見やすかった。視野が広くて明るく長時間もっても疲れない軽い奴、これ重要。競技は冗長に続いていきあまり集中して見れなかった。運営側のスタッフの動きばっか気になっちゃって。スタジアム内は結構風が吹き込むのもあって後半になってくると寒かった。飲食物の売店に並ぶ長蛇の列は最後までずっと途切れなかった。ライヴは怪我のせいであまり動かないようにずっと座ってたのだが途中で眠くなってしまった。半分くらい初めて聞く曲だったし。最後に盛り上がったのが客出しの「OH!BE MY FRIEND」だ。メンバー全員が場内を一周して出て行くときに流れ、終演後ほとんどの客がいなくなってもエンドレスで流れ続ける曲に脳内麻薬は止まることはない。そこでテンションあげてどうするって感じだったが。

Hello! Project SPORTS FESTIVAL 2004(公式)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2004

11/16のオレ

前の日、10時間くらいネットをやり続けて気持ち悪くなってどうすることもできず頭痛にうなされながらふとんに入る。最悪。

13時過ぎに起きる。14時から再放送で今頃になってはまりだした「牡丹と薔薇」を見る。(サ)事務所から確認の電話がかかってくる。明日からバイト復帰しよう、かどうかは決めかねて保留にしていたのだが結局キャンセルさせてもらう。特に嫌がられた感じではなかったが歯切れの悪いオレの返答は相手からしたらはっきりしろよと思われてもしょうがないだろう。見終わった後、前回初めて仕事した(ラ)の事務所に給料を取りに行くことになっていたので車を出す。H宅で二人拾って東区の事務所へ。(ラ)は成長期の会社らしく壁には売上目標や社訓的な言葉がたくさん張られていて見ていると刺激を受けた。ぼやぼやしてちゃいけないなと。Hはこことの関わりは相当長いようで無茶がまかり通っていた昔の思い出話やら最近の業界のバイト不足事情やら社員とかなり話し込んでいた。Hとオレでまた来週入ることになった。

名駅に移動。ハロショとか本屋とかヲタ的な。車中、Hとの会話でこの1週間(・・・略・・・)に何も進展がないことが発覚。その日こそ示談交渉用に文書書いて弁護士の先生に相談したりと行動したものの、一晩したら相手と会うのが嫌になってすっかりめんどくさくなって放置していた。しかしいつまでも放っておけるわけもなく解決しなきゃいけない問題なわけで。逃げてても始まらない。

今日は良い気分転換になった。家にばかりいちゃいけないな、と。とりあえず前に進まないと。一つ一つ片付けていかないと。

明日は午前中病院行くぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2004

ゆゆたん卒業かかってるらしい

1500の結果次第ではスポフェスの卒業も考えてるとか言われてるんですが。
去年のようなむちゃはせずそつなくGOAL。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポフェス@ 豊スタ

スタンド最前で意外に良席なのに駆け出してきた客に埋め尽くされてこのありさま。警備が全く見当たらないのだが。f1000016.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2004

無題

はぁ。

めんどくさい問題抱えちゃったなぁ。

人に電話で言われた。自分で思ってるほど深刻な事じゃない、と。
そうなんだよな。
きっと大した問題じゃないんだよ。

つって自分の気持ちを簡単に切り替えることが出来たらどれだけ楽だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2004

血が、ピューっとね

不特定多数に公開してる場で書くべきことか迷ったんだけど、とりあえず触りだけ。

今、ちょっとただ事じゃない事に。

昨日仕事場で、(・・・中略・・・・)前頭部を切って派手に流血、救急車で搬送された。最初その場にぶっ倒れてたんだけど血が溢れ出るのを見て「やべぇ、オレこのままここに倒れてたらやばい!」と思い誰かに助けを求めようと歩き出した。後には血が転々と・・・。

精密検査の結果重大な損傷は見られず。全治10日の診断。4針縫う。

病院で看護婦さんに体を拭かれながら「血が拭き取られる前のぞっとする姿を写真に撮っとけばよかった。もったいない。」って思うオレの感覚ってこれどうなのよ?グロ画像すぎてとても公開できないが。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 08, 2004

恵比寿駅の発車メロディーに話題の新曲登場!(着メロ配信サイト風)

そういえばみちよのライヴで渋谷に向かったとき、山手線で恵比寿を通って発車メロディーが変わっているのに気づいた。どこかで聞き覚えのある、なんだっけ・・・ここが恵比寿駅であることを思い出して点と点が繫がった。そう、エビスビールのCMで使われていた曲だ。曲名は知らなかったが「第三の男」という映画のテーマらしい。調べてみると10月21日から使われているそうで1ヶ月の試行ということだが期間延長してそのまま定着しそうに思う。私見では軽妙洒脱なこの曲はシックで照明を落とした高級レストランのワインセラーみたいな同駅ホームのイメージ(独断)に合っていていいと思う。

もともと恵比寿の駅名の由来は、山手線建設時にエビスビール(サッポロビール)が持っていた製品運搬用の土地を寄付した見返りに付けられたという話(Train Simulator Real THE山手線のデータベースによる)。わかりやすくていいかと。ちなみに同駅外回り線の構内は下り勾配になっていて他の駅と同じ感覚で行くと滑りやすい(ブレーキ距離が伸びやすい)のよね。それまで順調にきてたのにここでよく過走させた苦い記憶が。・・・ゲームの話だが。

恵比寿発車ベル使用状況

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2004

20041106みちよディナーライブ@j-popcafe

ホールには4人掛けで少し小さめのテーブルが並べられ隣との間は人が一人通れるかどうかのひしめくような親密感。最前のテーブルもその感覚なのだから相当近い。赤バックのステージにはキーボードとギター、シンバル一つにパーカッション一つが同じように並んでいた。みちよの好物を中心に構成された料理はどれも美味で残さずペロリ。オーダーしても一向に来ないドリンクにはイライラさせられたが。

食事が終わり白いドレスを着込んだみちよとメンバーが登場。1曲目は今度出るアルバムから古風で和なテイストがしっくりきていた新曲。タイトルは「恋水」というまた素敵な名付け。いきなりアルバムへの期待を高める良い曲だ。

みちよの顔が多少赤らんでいたのは今日の特製カクテルJECICAをおかわりするほど飲んでいたからだそうで。裏でホールの我々の様子を監視しつつしっかり料理も頂いていたそうな。ゴッツは欠席だったがそのことは最後まで聞けずじまい。このメンバーで2ndアルバム制作に入ると言っていたのが気になったが。その2ndアルバムは2005年2月28日に発売、その名も「恋水姫」で恋をテーマにした曲達が収録されるとのこと。

本編ラストを「カイト」で気持ちよく締めた後アンコールへ。再びステージに登場したみちよの背中には白い羽が。「一度やってみたかったの」と茶目っ気たっぷり。だがそこからみちよが語りだしたのは長いようで短かかった今日までの7年間。「シンガーソングライターになる!」と決心するや海外に飛び出していってしまった勝手な自分を支えてくれた皆への感謝の言葉。一年前には想像すら出来なかった今の自分。目には涙が溜まっていた。

そして歌いだした最後の曲。イントロが聞こえてきたときの「何の曲だろう」という疑問は彼女の第一声で驚きに変わる・・・「scene」の復活だった。


01.恋水
MC
02.キレイゴト
03.RAINBOW(日本語ver.)
MC (2ndアルバム発売発表)
04.ファゴットの調べ
05.LoveLine
06.Untouchable
07.JECICA
MC
08.TO BE WITH YOU(カバー曲)
09.Join Stick
10.カイト

EC
MC
11. scene


>>画像集へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2004

豊田の客入り問題は深刻

今朝の朝刊より。

ハロープロジェクトスポーツフェスティバル(ハロプロ)に100組200名をご招待。宛先はサンデーフォーク中日係。

略称微妙に間違ってるのはさておき。これスポンサーに配った分じゃなくて直でタダ券撒き始めたってことなのよね。

一般向けにツアーバスつけて割安で売ったらちょっとは捌けたんじゃないかなぁ。豊スタだと足の不便さはあると思うので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トウメイハイウェイバスに乗車中

今夜はみちよのディナーライブが東京・渋谷はj-pop cafeなんていうオシャレスポットで開かれるのでオサレ着を買い込んで向かいますわよ。

4列シートはちょっと窮屈。ていうか自由席だったっけ。席は結構埋まってたからきれいめなお姉さんの横座っていいか尋ねたら「さっきおばちゃんが・・・」って、ていよく断る作戦キタ━━━(゜∀゜)━━━!!玉砕。どっちみちほぼ満席なんだからすぐ埋まるって。ほらきた。

タイヤハウスの上は揺れるとです。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »