« June 2004 | Main | August 2004 »

July 28, 2004

名古屋コネタ特集

灯台下暗しと言う様に、日常見ていると何気なく通り過ぎているものでも一歩外から見てみると意外なところにサプライズが転がっているものである。

折りしもマスコミでは今名古屋が暑い、もとい熱いとしてやたらもてはやされている。2ヶ月ほど前に名駅の近鉄パッセ前の路上で「最強の名古屋いかがっすかー」と立ち売りしていたのを見たときにはさすがにその呼び込みはどうかと思ってしまったオレだが、中身に興味を引く内容が多かったので参考資料にと後日しっかり買い込んでいる。

そんな中、デイリーポータルExcite Bit コネタが名古屋特集。あぁこれ、と名古屋ではお馴染みのネタから、こんなものあったんだと驚きのネタまで。「名古屋の地下鉄で気づいた2、3の事柄」と題したネタから、ホームで見かける注意書き。普段から駅の掲示物には熱心に目を通しているオレには見慣れた表示。内容からしてもごく当たり前のことと思っていたが、緊急停止ボタン、緊急電話ときて手を振るでは確かにいきなりローテクな方法で滑稽かもしれない。でも、ほんとに電車が差し迫った状況でボタンも離れたところにしかないって時に一番早く運転士に異常を知らせることができるのはこの方法だ。最も原始的ではあるが人間の生身の伝達手段をないがしろにしてはいけない。むしろ一番最初に書くべきかもしれない。その下の駅コンビニに置かれた中古CDの販売棚。実はこれ、たまたま昨日実物を目にしたところで驚いて写真も撮っておいたネタである。久屋大通駅の名城線ホームで見つけたもので、ブックオフカラーに彩色された看板であるが置いているのは非ブックオフである。1週間程度で中身が入れ替わるとも書かれていた。

しかし名鉄車内のカーテンが人んちのカーテンみたいだという視点は全くの盲点だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長蛇の列をトラメガ一つで散らす快感

携帯から「~」を投稿したら「〜」が出て何だ!?と思う。この記事の続き。

午前中から昼にかけてはほんとに暇だった。まだ人気もまばらなビアガーデンの椅子に座って昼寝できるほど(暑さのせいで気持ちよく寝るってわけにはいかなかったが)。他のバイトは楽屋口的なポジションに交代で付いてたがオレは「うわ~オレだけ仕事してないみたいで他のバイトに嫌われんじゃないか」とか思いつつ適当に巡回してみたり。
そりゃうちわにマジックで「やよ~」とか書いて持ってりゃ遊んでると思われてもしょうがないが。

ところが夕方になるにつれて徐々に増えてくる人並み。土曜日のそれと比べて日曜は明らかに倍増していた。なんだなんだ、おまいらすっかり夏休み気分ですか?(八つ当たり)。ステージで最初のイベントが行われる頃には柵内の客席が全て埋まり入場を制限しなくてはいけないように。その後も入り口付近は出入りする人の整理をしなくてはいけないし、順番待ちの列はどんどん伸びてくし、酔っ払いは暴れだすし(その後警備本部に連絡して連行)、休む間も無く付きっ切りになってしまった。昨日くらいの人出だったら途中抜け出して他のステージも見に行ってやろうと思ってたのにそんな余裕はどこへやら。浴衣の可愛い女の子見つけても話しかける暇もなく昼間の借りを一気に返された気分だった。

しかし屋根に上ったり、仕切りの幕を勝手にめくって下から勝手に覗き込んだりしてまでして見てる客の図々しさには引いた。そこまでして漫才見たいか。傍から見てると本気でちょっと気持ち悪かった。

そして宴の後には大量に残されたゴミ。「ゴミはお持ち帰りください」ってあれだけ貼っといたのにな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モブログ対応

携帯から投稿できるシステムはかなりイイ。気が向けば外出先からでもすぐ更新できるリアルタイムさはサイト更新のモチベーション維持にも一役買っている。ただ気になるのは字数制限。i-modeで送れるメールのサイズは500バイト。写真をつけると200バイト。この文字数で送れる量となるとかなり限られてくる。必要以上に推敲を迫られたり。

ということで携帯から投稿した記事は後で追記や修正される可能性が大。一度読んだからって気を抜くな!一粒で二度おいしい。物は言いよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

負のスパイラル

些細な事で凹む。他人からしたらなんでって思われるようなことにも凹む。一度凹むと一日中ひきずる。そんなネガティブな心情がさらに新たな失敗を誘引して悪循環に陥らせていることはわかりきっている。わかってても解決できないから問題なのだ。「自分に自信を持て」ってよく言われる。

悲しい一言ネタの芸人、ヒロシのネタがすごく好きなのはどこかに親近感を感じているからかもしれない。
「オレのサドルがありません!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2004

ぼけぇ〜〜〜っ

栄の中心でやよ〜と叫ぶ(黙読)。
某局夏祭り。朝早くから来てるのだが祭りは夕方から夜が本番。公開収録の席取りで並ぶお客を整理してからはすることがほとんど・・・。
家帰って27HTV見たい。040725151934.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2004

美浜海遊祭チケ着

なにやら分厚い封筒が到着したぞ。早速開けてみよう。見よ!この自らの存在を主張せんばかりに渦高く積み上がった束を。あつー。と、この画像に映っているのはチケットではなく注意事項の書かれた紙。ご丁寧に8枚分入っていた。
040724160842.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 22, 2004

天下のサ(略 も凋落か

最近うちのバイトの人集めが振るわない。この辺一帯のコンサートを圧倒的なシェアで取り仕切るサ(ryの話なのだが、うちは間にバイトを仲介する会社をいれずイベンターが直でバイトを集める形態をとっている。だがこのところ外注で他社のバイトを目にする現場が増えている。

もともとこの業界はバイトで働くのには安定的でない。なぜならドームやスタジアムなどで大きなコンサートがあれば100人単位で人が必要になるかと思えば現場がないときは人も必要なくなるし、あっても小さな箱では必要な数が格段に減る。必要な人間の数が前日にならないと正確にでなかったりすることもあって仕事の予約を入れていても、「明日はお休みです」とかあるいはその逆に入れてないのに「明日入れませんか」とかかってくることもある。結果継続的に現場に入れるは一部の常連だけとなり、人の入れ替わりの激しいバイトになる。それでも今までは何とか回っていたのだがどうもうまくいっていないらしい。昔の常連を駆りだしたり、当日その現場でバラシ入りで入れる人を探していたり・・・

代わって目にするようになったのがいわゆる派遣バイトの会社。短期で好きな日だけ入れることや携帯での簡単な登録を売りにTVCMも流している。イイことばかり言っていて個人的には胡散臭く映っているのだが実際に働くとなるとどうなんだろうか。会社としては好調なんだろうね。そういう会社に登録しておいてコンサート系の現場だけ選んで入るというやり方もあるようだ。それならうちで入るのと大差ないかも。

そういえば一度、レインボーホールの現場でなぜか大阪のバイト会社が手配されていたことがあった。80人が大型バスに乗って来ていて、あの時は関西弁が飛び交ったり会社を確認するのに「あなた大阪さん?」と声掛けたり変な感じだった。なんでそんなところから呼んだのかわからずじまいだったが。

これから夏の大現場にかけて大募集がかかる時期なので興味のある人はバイト情報誌をチェックしてみよう。なんならオレにコンタクト取ってくれれば詳しく説明もするし、直接仕事の紹介もするよ。給料は取っ払い(当日支払)超短期可能。名古屋近郊に在住、体力に自信のある若者(高校生可)募集中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2004

カテゴリ解説:OFF・馴れ合い

ハロプロ関連で知り合った人とのOFF会やコンサート・イベントの会場で馴れ合った時の記録をつけるカテゴリ。対象とする読者は馴れ合い参加者かモーヲタの生態に興味があるごく狭い範囲の人たち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デイリーポータルZに参加

はいはい、気を取り直して。7月19日、ニフティのブロードバンド体験イベントが名古屋のナディアパークで開かれた。各地ココログでblogやってる有名人がゲスト出演しているのだけど眞鍋っちが来ることはなく室井佑月たんでもなく名古屋はダバディー氏(リンクなしかよ)だったのでそちらには興味なく。

お目当てはデイリーポータルのブース。ココログの紹介やブロードバンドコンテンツの解説をやっているステージの横に存在したかなり自由な一角。一本下駄を履きながらジャグリングしてるお客さんがいたりする一角。狙っていたZくんのTシャツを買おうとしたのだがMサイズを探してもらったら売り切れということだった。迷ったがどうしても欲しかったのでSXで我慢することに。というわけで今ピチピチ気味に着ながら書いている。負けてくれないか頼んだら代わりにシールを余分にくれた。デイリーポータルの本「おとなの自由研究」も買ってライターの林さんにサインをしてもらった。丁寧にイラストも入れてくれて感激。名前を聞かれてヲタ名刺を渡してしまった。ここ見て頂けているのでしょうか。中澤裕子の写真が入っていたのはそういうことです。いや、林さんにこんなところ見てもらってどんな感想持ってもらう気なんだか。しかし林さんも住さんもかっこよくて引っ切り無しに女子に囲まれていた。今までに特集で使われたゆかりの品が展示されていたのでそれを見たり、Zくんを被って記念撮影したり。住さんのところでバイトしているというスタッフの女の人に写真を撮ってもらった。いやあ、ヲタヲタしい人間がずうずうしくてすいませんでした。顔の部分が開いてない被り物で良かった(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あーしくった、すっかりしくった

気分が乗らないときは何もする気力がなくなる。オレのはほんとひどい。今日はナディアパークにデイリーポータルの人がやって来るので予定を空けてあった。今日しかないので14時を回った頃になってから無理矢理元気を出して出かけたのだ。(いや、イベント自体にはすごく行きたかったんだよ!)デイリーポータルの話は別項に書く。見終わってから同じビル内のロフトに寄ってみた。面白そうなものがたくさんある。興味を引かれるものもあるけど頭は買おうかどうかの検討などしない。見るだけ見ておしまい。髪を整えたいなと思っていたのでヘアーサロンを探すがたまたま通りがかった店は定休だったりする。大須のほうまでぶらぶら歩く。途中吉野家で腹を満たしてまた歩く。なんだよここも休みかよ。本屋で立ち読み。また歩く。その辺の店に入ればいい服でも見つかるかもしれないのに外から覗くだけで足を踏み入れる勇気がない。歩く。歩いてると今まで気づかなかった「おっ!こんなところに」というスポットを発見するのだが、わざわざカメラを持ち歩いてるのだが、それを使うことはない。シャツにじわりと汗。ミニストップでソフトクリームを買う。食べてからジュースとか水分のあるものにしとけば良かったなと思う。歩く。行く当てもないまま自宅まで歩いてしまった。2時間くらいか。

家に帰ってきて、こうして今日も一日の大半を無駄に過ごしてしまったな。自ら損な方向へ動いてるよなと自己嫌悪モード。デイリーポータルの本の中から会場で使えたドリンク券が出てきたり、バイトのお姉さんにZ君を持ってもらって撮ったはずの写真が保存に失敗して消失してたりするのに気づいて凹み度は最高潮。いや最低調。

これがオレの負のオーラっぷり。ははは・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中澤インストアイベント情報

名古屋分は先日HMV栄に電話予約したので確保済み。15日のタワレコ渋谷店と新宿店の分を問い合わせる。渋谷店は発売日からCDを買った人に順に整理券を出すとのこと。確保を東京方面のリアル工房に発注。会場はクローズドのスペースで小さいライブハウスを想像してもらえばいいとのこと。新宿店、予定枚数が予約分で出きったらしい。あー。そもそも何で今日までほっといたんだっていう話だ、オレ。ちなみに問い合わせた3店舗とも何人参加できるかの情報はお答えできません、だった。新宿は200~300くらいは出てると思うが。

3日連続裕子に向けて気まクラの公開放送が当たるのを待つばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2004

白木屋全品半額祭り

今回のチケでお世話になった方と名駅の飲み屋で明け方まで。車なのでアルコールはなしオープンセールで50%OFFの恩恵を受ける。


ピンナップポスターの裕子を抱いて目を閉じる。今日も裕子は全体での役割を考えて控えめに演じていたね。その分を一曲にかけていた。そんな緩急の使い分けができる君が好きだ。ああ裕子、なんて美しいんだ。君を見ていると心が洗われるようだ。やすらかにただやすらかに。いい夢が見られそうだよ。

・・・店員、起こさないでくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2004

夏ハロ初日

トレーディングポスター、一発でゆゆたんGET!
引きがイーネ!

えっ!何故かチラシにみちよ5月のライブ告知が入ってる。なんで・・・040717134622.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2004

女子かしまし物語

ようやく娘。新曲について。

娘。については普段からもっと触れておきたいところ、このblogでも中心に据えて置きたいところなのだがかつてほど娘。の活動を把握し切れてない現状ではおろそかになりがち。反省して書こうとしたこんなときにこそ書きたい話題が他に積もってちゃったりするんだよな。いやあああ、夜が明けてきた。セミなんか鳴き出しちゃってるよこんな早くから。今日は朝から現場なのにぃぃ。

新曲についても書きたいことはあったんだけど、時間の都合上でカット!核心には触れずに今どうしても言いたい一言だけ。テキストにされた歌詞を初めて見たのだが、謎が解けた。

WOW WOW WOW 青春 いろいろあるさ! 2,3人集ったら かしまし かしまし(吉澤・紺野・新垣・亀井)

ワンモアタイム!(辻)

ワンモアタイム!だったのかあああああ!
何度聞いても「ぼーぼーたい!」(by れいな)にしか聞こえなくてほんと自分の耳を疑ったよほ。普段から聞き分けはあまり得意じゃないほうだけどこればっかりは考えれば考えるほどそう聞こえてきて頭を抱えていたのだよ。いやあワンモアタイムかー。

謎が解けたのでより一層ボーボーたい!を推奨していくのは間違いない。

しかし、藤本のセリフ「美味しいケーキ屋さん見つけたんで、連れってってくださいよ~」は天才的。特にミキティー信者というわけではないのだが、こんな役回りの藤本は最強。そこはかとなくあざといニオイを漂わせるなりきりようはなんなんだ。

「美味しいケーキ屋さん見つけたんで、連れってってくださいよ~」
「美味しいケーキ屋さん見つけたんで、連れってってくださいよ~」
「美味しいケーキ屋さん見つけたんで、連れってってくださいよ~」

この部分だけリピートしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・交通反則通告制度

これのつづき。

結局どうしたのかっていったら、銀行で国庫を納付してきたさ。交通反則通告制度は、反則者が(中略)反則金を納付すれば刑罰が科されなくなるという制度ということなので、一応これで片は付いたわけだ。あとは点数という行政処分があるんだけどこっちは後日また運転記録証明を請求して確認してやろう。腹いせに。

しかし今回の違反は違反、事実として、取締りには腹が立ったので素直に払おうという気にはならなかった。このまま反則金払わずに無視してやろうかとも思った。そうするといろいろ経た後に裁判所から呼び出しが来るだろうから(オレの場合少年審判になるのか)正式に出て、取締りの不当性・規制の不必要性を訴えてやろうかとも割りと真剣に検討した。客観的に判断して勝算のある話ならそのための時間は惜しまない覚悟はあった。

とりあえず現場に行ってデータは集めてみた。平日の同じ時間帯に2時間くらい掛けて交差点の形状、標識の設置位置、周辺の環境、信号のサイクル、交通量、全部調べて数値化してみた。オレが違反した問題の道から交差点を超えた自動車は約200台/時、うち右折(違反)した自動車は7台。この交差点の全方向からの右折が禁止なのだがそれも含めると確認できたものだけでも4台増えた。違反を回避するため角の私有地である駐車場の敷地に一旦車を入れて通り抜けるというテクニックも確認できた。普段から違反車両が多いというのは、自分の違反行為を正当化する根拠にはならないのでこの点で攻める気は全くない、あくまで参考値。要はこの交通量が多いのかどうかって点、右折禁止を設定するだけの必要性があるのかに疑問があったのだが、ぶっちゃけよくわからん。これ以上こちらの主張を裏付けるのに決定的で有効な手立てを思いつかなかったのでちょっと苦しいかなぁと。お金出して反省の意思をみせたらそれで許してやるよ、という警察の甘い誘いに今回は屈辱的ながらのっかってみるという結果に落ち着いたのだ。

これからも警察に食いつくチャンスを伺いつつ、安全運転に勤めるということで教訓にしておくか(うわ、安易な締め)。

参考:今井亮一の交通違反相談センター

| | Comments (0) | TrackBack (0)

某ファシリティマネジメントからお手紙

実を言うと万博絡みで動いてはいたのよ。パビリオン出展する某社の採用試験。当日にちょっとだけ触れたこれ。なんでも一番人気の応募数だったらしいけど。結果不採用。あ、でも不採用とは書いてないのね。「残念ながらご希望に添いかねる結果」ね。でもここは正直面接受けたときから落ちる気がしてた。オレが面接官だとしたらあの中からこの人間をわざわざチョイスする理由はないと思った。完全に準備不足。面接って言っても名前と志望動機(兼自己PR)を1分以内で答えるだけの短いもの。あれはしくったと思った。

まぁ他にまだ話が進んでるところはあるのだ。そっちに切り替えていかねば。

万博の受けてるっていう話はまだ表向きには誰にも言ってないんだけどここらでblogには書いとこう。ここに万博のカテゴリを作れるようにがんばりマックス。まだカテゴリを作っていない理由はそういうことであって、このままできないまま終わったら・・・凹むなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2004

某ローカルお笑い番組収録

某ホール02年9月の中澤裕子コンサートで行って以来のCBCホールだ(あ、局言っちゃったっ)。ホールの中がどんなだったかまでは覚えてはいなかったのだが客席の勾配が急だったことだけは強く覚えていた。ステージより最前のお客さんが高い場所になっていることに驚いた中澤がMCで口にしていた。実際前のほうに入ってみても思い出すような感覚はなく、ステージの前っ面がどこだったのかもよくわからなかった。基本的にテレビスタジオだからあの時は基礎舞台も作りこんでたんだよなぁ、たぶん。照明用のサスやバトンには苦労しないだろうが搬入条件はどうなんだろ。

今日はお客さんの数は600~700くらいだったのかな。女子高生中心で賑やかしいのなんのって、全体でも九割方女性だった。制服姿がいっぱいなのは仕事の環境的にはいいね(またかよ)。開場前に通用口を出ようとしたら女性二人組が外から入ってきていて行き先がわからない風で、警備員のおっちゃんが焦っていた。メイクとかスタイリストとかのタレント周りのスタッフかと思っていたら、一緒にいたツレいわくクワバタオハラという今日の出演者だった。クワバタオハラ。この人ら、プロフィールで中澤裕子のことを嫌いなタレントとして名指しで挙げている。意外なところでつながりがあったもんだ。収録では特にオレの食指が動くことはなかったが自分らの好きなタレントをネタにしていた。正直な話、かなり客席の笑い声に救われてる部分があると思う。ビバ女子高生。

あ、オンエア2ヶ月も先だからこの後も軽くネタバレで。出演者のうち3組はたまたま見ていた昼間のNHK名古屋に生放送で出ていた飛石連休・三拍子・ヒロシだった。ヒロシの1本目の収録で音声が取れてなかったとかで2本目に説明無しでその部分だけ撮り直すというハプニングがあり、ネタが1分足らずで終わりかと思いお客さん困惑の一幕も。前田健定番のあややのものまねは1本目で、そのとき入ってなかったので見れなかったのが非常に残念。生で見たかった。はなわが出てくるとエンディングって感じがする(間違いなくあの番組のせいだ)。さんざん食傷のガッツ伝説ではなかったのでまだ良かったが。

おしまくって撤収は21時45分。えらい現場ではないが強いて言えば立ちっぱなしが疲れた。

i-modeメールの文字数制限きっついな。(追記完了)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 12, 2004

交通反則通告制度初体験

このほど免許を取って以来初めて交通違反で捕まった。今まで走ったことが無い道を走行中、指定方向外進行禁止(右折禁止)の標識を見落として右折してしまった先に取り締まりの警察官がいて、道路の左側に寄って止めるよう合図を出してきた。恥ずかしいことに助手席の同乗者(ヲタ)と話していて集中力が欠けていたためか標識に全く気づいていなかったのでどんな案件で止められたのかわからず警官に言われて初めて気づいた。

警察のマイクロバスに乗り込むよう指示され行ってみると、待っていた別の警察官に免許証を出すよう言われる。警官は住所に変更が無いことなどを聞きながら手早く交通反則告知書(いわゆる青キップ)に記入していった。そして今回の違反が「通行禁止違反」にあたることと日時を手早く確認させると「ここに名前を書いて」と言ってきた。名前書いてと簡単に言うがここにサインすることは「告知書の内容に間違いが無いことを認める」意味があるので二つ返事で従うべきことではないだろう。そのあたり十分な説明をしない警察は卑怯だと思う。

とりあえずサインを保留して現場を確認してみることに。現場は対面通行の道と片側三車線の道路が交差する十字路。全方向からの右折と転回が禁止されている。オレは対面通行の道から右折した先で止められた。オレはこの道が右折禁止だとは思いもしなかったので、(1)本当にこの場所は右折禁止なのか。(2)それを告知するのに十分な標識が運転者から見やすい位置に設置されていたのか。という疑問が湧いていた。とはいいつつも警察が定点で取り締まりをするくらいだから(1)が通ることはないだろう。標識が木で隠れて見にくくなっていないかと思ったりしたが実際に見たらそれは明らかだった。標識はしっかり信号機の横についている。これを見逃すとは我ながら信じられず驚いた。

クリックで拡大

自分が右折禁止を違反したのは認めざるおえなくなり、その点は不注意を反省したのだがそれでも納得できない点はある。

(3)自分がバスの中で反則キップを書かれている最中に、同じ場所を白いワンボックス車が違反して走り去っていくのを目撃した。自分だけを捕まえる不公平な取り締まりは許されるのか。
バスの窓越しにまさに自分が捕まってる横をスピード出して通り過ぎていく違反車両を見てしまった。あれは捕まえなくていいのかと言ってみたが「私は今あなたの書類を書いてるの」と黙殺。

(4)そもそも何故該当の場所は右折禁止に設定されているのか。
聞いてみたところ、交通量の多い道路で右折待ちの車両が原因で渋滞が発生するので右折を禁止にしているとのこと。住民からの苦情があるらしく、通報があったときに(今回のような取締りを)行っていると言っていた。その説明には納得したもののよく考えたらそれは幹線側の道路で規制すればいい話で細い道の方でも規制する意味があるのかは疑問。

(5)自分が違反したことによって、交通に危険を与えたり安全で円滑な交通の妨げとなるような事実があったのか。
少なくとも自分が通った時、右折したほうの道は交通量もたいしたことはなく対向の車両もなかったので停止することなくスムーズにいけてしまった。逆に交差点で右折待ちするような交通量があれば標識に気づいたかもしれない。右折待ちの車による渋滞を防ぐために規制があるのであれば、今回オレが違反したことで交通に悪い影響を与えたことは全く無いこととなり交通反則制度の主旨からいってこの取締りはおかしい。ここの道路状況を調べたわけではないのでたまたまそのとき空いていただけといわれればそれまでだが。

繰り返すが、標識を見落とした自分の不注意は責められるべきことであろう。ただしこういう効率的な点数稼ぎと見える交通取締りで警察への不信と不公平感は残る。点数2点、反則金7000円。一年間の点数蓄積期間が始まった。

取締りの犠牲車「凹むぅ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2004

制服の魔力

人が余分に来ちゃったから他の現場行ってくれって。。。

というわけでラジオ公開録音の現場から、何故か栄養ドリンクの試供品サンプリングの現場になってしまった。コンパニオンの女の子と「どうぞお試しくださーい」なんつって配ってたわけだ。しかしあれだね。一緒に仕事しててこの子かわいいなと思ってた子が、仕事終わって私服に着替えてくると別にそんなでもなくて「あれ?」って思うことって結構ある。つまり仕事をしてた彼女に惚れてたんだ。もっというと仕事着に惚れてたんだ。ん?

思うに仕事着ってのは3割り増しくらいで女の子をかわいく見せる効果がある。それがびしっとした制服であろうとTシャツ1枚であろうとね。これってオレがフェチなだけか?

ま、所詮オレなんて女の子と縁が無いから優しく話しかけてくれる子は皆好きになっちゃうんだよ。レースクイーンもやってるようなキャンペーンガールとはお近づきになれないからね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

地下鉄名城線の発車案内標

前から思ってたけど、なんで時刻を表示しないんだろう。次が何分に来るか時刻表見なきゃいけない時点で存在意義がない。ニュースとかお知らせ流す機能は二の次でしょう。全く何を見本に導入したんだか。
040711194522.jpg

10月からは減便が行われる。平日昼間・土休日10分間隔はひどくないかい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

約束どおり焼き増ししてきた!

焼き増ししてくるとは言っていたがまさか本当に見せてくれるとは。

3度目となるソニンコンサートツアー全て終了しました! たくさんの方が来て下さり、ありがとうございました! 次回のコンサートも楽しみにしていて下さい!


ソニンが撮ったコンサートの写真です!!

ソニンコンサートツアー2004 うた

1枚目の後ろのほうに写ってる気がしないでもないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2004

エスカレーターの立ち位置左右論

エスカレーターに乗ったとき左右どちら側に立つか。言い換えれば急ぐ人のためにどちらを空けておくか、ということで地域性と絡めてよく話題になる。というか、オレがこのところなぜかこの話題に頻繁に出会うので取り上げてみた。不思議なことに東京の人は左側、大阪の人は右側に立つというのが暗黙のルールになっている。逆側に立ってみようものならたちまち大名行列の先頭になってしまう。名古屋に住んでるオレはどっちがどっちだったかたまにわからなくなるがその土地に行った場合は自然と周りに合わせているので問題は無い。では中間の地区、名古屋ではどちらに立つのかという問いもこのテーマには八割方付いて回る。ここでは実際に調査してみちゃったり、今日の昼間聞いていたラジオ(きまクラ)でもたまたまこれについてのお便りが読まれていた。でもって名古屋に関してはどちらに立つか、決まったルールは無いように思う。基本的にその場に応じて周りに合わせてるのだ。というか全国的にはこの「その場に応じてスタイル」が普通で、確立したルールがある首都圏と大阪圏がむしろ特殊なんじゃないかとも思う。よって境界線など端から存在しないのではないか。デイリーポータルの特集も調査としては明らかに両端の駅を除いてサンプル数が不十分だ。まぁ新幹線の全駅で降りて調べるという企画の発想はオレのすごく好きな類で読み物としておもしろいのでありなのだが。(ちなみに話はそれるがこの4番目の<出待ちをする若手漫才コンビの様だが車内販売員>の写真なんか笑える。ちなみにデイリーポータルのエスカレーター特集にはこんなのももある。)

東京は左、大阪は右になった由来は、というとこれも諸説あってはっきりしないというのがとりあえずの結論のようだが、

一説によるとその原因は武家社会の頃までさかのぼるという。武士が右側を歩くと刀の鞘が当ってけんかになってしまうので日本では長い間左側通行だったが、昭和24年に道路交通法が改正され、人は右側、車は左側に変更された。
つまり、古い慣習を今に残しているのが関西で、関東は新しい習慣に従っている、という事になる。(参考資料「関東と関西こんなに違う辞典」日本博学倶楽部著、PHP文庫刊)
@nifty:デイリーポータルZ:エスカレーター、右側に立つのか左側に立つのか

この説は説得力に欠けるのでオレは信用していない。オレが以前聞いた興味深い説は、「どちらも基準は右なのだが東京は急ぐ人が優先だから急ぐ人のために右を空けておき、大阪ではエスカレーターは止まって乗るものだから立つ人が右に乗るようになった。」というのがある。

ところで、歩く人と立ち止まる人が整然と住み分けられたエスカレーターには一つ問題点があるという。何らかの事情で体に障害を抱えるなどして右側のベルトしか持てない人(あるいはその逆)にとっては利用をためらう要因になりかねないという点だ。そう考えるとそもそもエスカレーターとは歩いて乗るべきものなのかと思ってしまう。エスカレーターの誕生により勾配を楽に移動できるという目的を果たしたのに、さらに速く移動したいという人間の果てのない欲望が見て取れる。そんなにせかせか急いでどこへ行く。どうしても急ぎたい人は脇の階段を元気よく駆け上がりなさい、というとそこまでする人は一気に減るんだろうなぁ。まぁ朝の通勤で急ぐ気持ちはよくわかるんだが。

一人分だけ空けられたスペースに隊列を組んだ無言の集団が突き進む様は一種機械的で奇異に映るというのが本音でもある。ここは一つ、大雑把でいい加減な(でも人間味のある)名古屋式のその場に応じてスタイルを提唱しておくとしよう。

と、まとめてしまったが実際のところ、名古屋は明らかに「左立ち右空け」だ。結論ありきで適当に答えを出してしまったことをお詫びする。以下のwebページによると右空けと左空けの境界は京都と大阪の間にあるそうだ。
エスカレータ東京と大阪の違い

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうでもいいことだが

「スイーツ」という言葉に違和感を覚える。なんだあれ。デザートでいいんじゃないかと。

うわ、激しくどうでもいいなこの書き込み。自分で見てひいたわ。でも誰が最初に使い出したのか気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2004

好きです>かをりさん

眞鍋かをりがblogを書いている。(眞鍋かをりのここだけの話)日頃から気になっている人ではあるのでチェックしていたら結構マメに更新が続いている。内容はプライベートな日常を綴っているのだが特筆すべきはそれがおもしろいのだ。weblogのおもしろさには単純に他人の日記を見るおもしろさというのがあるのでたいしたことが書いてなくてもある程度は楽しめるものだが、純粋に内容で勝負できる笑えるネタを持っているというのは強い。書いている人を知らなかったり興味が無くてもおもしろいものはおもしろいから。日記に書くためにわざわざ身を削ってネタ作りしてるんじゃないかってくらい、話題に富んでるのはうらやましい。オレも寝てる間にコードが首に巻きつくレベルまで行きたいものだ。しかも深夜の2時とか4時とかにベッドの上からノートで更新してるらしい。ネットてものはこうも人を身近に感じさせてくれるかと。いや、相当に一方的で申し訳ないが。知名人のblogにしては地に足が着いていて好感が持てる。更新がんばってください。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

July 08, 2004

中澤裕子 新曲発売イベント決定!

7月22日発売の中澤裕子セカンドアルバム「第二章~強がり~」。収録曲のオリジナルの少なさにもめげずに行くよ!ジャケ写がすごくいい感じ!いいからリンク先の画像見てみて!何?このシックな黒の装い。美しすぎる・・・。街で偶然にも出合ったりしたらくらっときてバタッだね。卒倒。手になんか抱いてるよ。両手で抱え込んじゃってるの。なんだなんだ、裕子様に抱きしめられてるおまえは一体なんなんだっ。

とまぁショップの棚で見かけたらジャケ買いは間違いない一品なのだが店頭に並ぶかはなにぶんアレな感じなので、ジャケ買いなどを待たずに気になったヤツは今すぐ予約するように。しかも今回予約したやつにはあれだよ、イベントがあるよ。裕子ちゃんを生で見れちゃうよ!詳細はこれなんだが、メインはやっぱ8/8京都。はうっ!被ったぁぁぁ!これって美浜海遊祭の日じゃないの。夏の野外でゴマキちゃん(ゴマキ言うな)見るために連番で8枚も申し込んじゃったし。うわ~どうしよ。でもやっぱいちばん規模のでかそうな京都。なんてたってゆゆたんの京都だから。リストバンド整理券っていうのもなんか気になるし。拠点店ていう、イベント参加券をくれるお店は京都・滋賀・奈良・大阪・兵庫から岡山・広島に香川・高知まで及んじゃってるから。ゼティマ設定範囲広いよゼティマ。海を越えた四国からも行くしかないって感じだから。やべぇ。

ま、名古屋・東京でもあるんだけどね。こっちは絶対参加の方向で。予約はしたほうが良いのだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 07, 2004

ああ、めんどくせぇーーーっ

何にもしたくない。何にも考えたくない。何もかも忘れて逃げ出してしまいたい。って考えてる自分がキライ。

「キライ」とか書いてんじゃねぇ。なんでもかんでもポエティック気取りなティーンエイジャーかっつうの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャクレキ

ぁぁぁ。電話が鳴るのが恐い。お気に入りを設定したはずの着メロもいつしか聞くだけで苦痛に。電源を切ろうとはしない自分がせめてもの救い。そう言い聞かせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2004

ランランルー♪

先日の娘。文化祭でも大人気。

お前ら、表へ出ろ

で、おなじみのドナルドさんの文化祭レポート。
ドナルド、「モー娘。」の環境イベントに参加!!
ドナルドはドナルドアピアランスなるイベントをマックのお店で展開。定期的にその姿を見せているようなのだが、スケジュールを見ると毎週のように全国各地を飛び回っている。

っていうか一人じゃないのね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2004

HEY!3 松浦亜弥「YOUR SONG~青春宣誓~」

歌セットの背景に並ぶヲタが気になって歌どころではないということをまずご理解いただきたい。さらに知り合いが映っていようものならなおさら。これは松浦もだけど、特にCKBの曲のぶつ切り方にがっかり。HEY!の公式サイトではタイトルが~青春宣言~なんてなってたよ。

そんなあややで思い出したのが先日の名古屋公演での話。前日に18歳の誕生日を迎えた松浦の誕生日を祝う会が本番前に行われたらしい。ケーキの手配や周辺の準備が必要になったのだがまぁ、そのあたりから伝え聞いた話。ビデオメッセージが各方面から届いてステージで上映してたらしいのだが最後に出たのがBaby Boo。その人曰く「あれは何かあるぞ( ̄ー ̄)ニヤリ」なんていうもんだから多少なり関心が湧いてメッセージの内容を聞いてみると「あと2年でお酒も飲めるようになるので、いつか一緒に飲みに行きましょう」とかなんとかそんな感じでかなり親密そうだった、とのこと。あんまり深く掘り下げて聞けなかったのでそれ以上のことはわからない。Baby Booと松浦と何か関係があるのかとgoogleって見たが02年3月17日O.A.の「Mの黙示録」で「桃色片思い」を一緒にアカペラで唄うという企画があったというのだけ、か。そのときは別に何もなさそうと判断して興味もあまりなかったので聞かなかったのだが、番組の企画でもないところでビデオメッセージを送ってくるくらいだから何かしらの交流はあるのかもしれない。なにしろビデオメッセージを送ってきた相手というのも男性アカペラグループというのは覚えているのだがBaby Booで間違いないかと聞かれると自信が無いくらいのあやふやさだから、オレの松浦への興味の度合いががわかっていただけよう。

27日の昼公演のMCでは、松浦のファーストツアー以来携わってきた舞監(制作チーム?)が今回を最後に変わると言っていた。舞監とは気の置けない付き合いだったようで、舞監の奥さんも「亜弥ちゃん」と慕ってくれていたので寂しいといった内容のことも話していた。最後に涙ぐんでいたのも、ツアーを完走した達成感で泣いたんじゃなくスタッフと別れるのが寂しくて泣いたんじゃないかという説も聞こえてくるくらいだ。これだけ周りのスタッフから愛され慕われているという松浦の一端に、彼女の人気を支えている理由を見た気がした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 03, 2004

モリゾーの中の人になるバイトってないかな

今年の春ぐらいからハロプロ関連のイベントに愛・地球博の名前が軒並み冠されるようになったのはお気づきだと思うが、ここ(パートナーシップ事業について:愛・地球博)で万博協会側に登録された内容を調べることが出来る。
手始めに「中京テレビ」をキーワードに検索する。

03.03.29~03.03.30 EXPO MUSIC PARK 2003 04.03.20~04.03.21 EXPO MUSIC PARK 2004 02.09.01 愛・地球博パートナーシップ事業、モーニング娘。CONCERT 2002 夏 “LOVE IS ALIVE!” 04.04.01~05.09.30 SATOYAMAプロジェクト「WAKU★WAKU」 03.08.17 モーニング娘。CONCERT2003"NON STOP!” 04.07.29 読売新聞創刊130周年記念 読売日響名曲シリーズ 名古屋公演

中京テレビ主催の娘。コンは02年から登録されてたんだね。そういえばモリゾー、キッコロいたもんね。今年も豊スタであるのかな。EXPO MUSIC PARKの方は02年が検索にひっかからなかった。

「アップフロント」で検索してみると壮観な光景に。

検索結果:12件

04.04.10~04.06.27 愛LOVE地球キャンペーン:後藤真希コンサートツアー2004春~真金色に塗っちゃえ!~
04.04.03~04.06.27 愛LOVE地球キャンペーン:松浦亜弥コンサートツアー2004春~私と私とあなた~
04.06.14~04.06.16 愛LOVE地球キャンペーン:メロン記念日スペシャルライブ2004~ボーナス!~
04.05.29~04.06.13 愛LOVE地球キャンペーン:HELP!!熱っちぃ地球を冷ますんだっ。~そして、事件は体育館で起こった。~
04.09.04~04.10.31 後藤真希コンサートツアー2004秋~あゝ真希の調べ~
04.09.25~04.09.26 松浦亜弥コンサートツアー2004秋~松・クリスタル・代々木スペシャル~
04.09.12~04.09.20 安倍なつみコンサートツアー2004~あなた色プレミアム~
04.09.04~04.10.03 モーニング娘。コンサートツアー「The BEST of Japan 夏~秋’04~」
04.08.10~04.09.25 2004年夏ファーストコンサートツアー「Wスタンバイ!ダブルユー&ベリーズ工房!」
04.08.10~04.08.29 メロン記念日ライブツアー2004夏~極上メロン~
04.07.17~04.08.01 Hello!Project 2004 SUMMER ~夏のドーン!~
04.06.12~04.06.30 安倍なつみファーストコンサートツアー2004~あなた色~

っていうか愛LOVE地球キャンペーンって何ですか?と。初めて聞いたよ。

愛LOVE地球キャンペーン:後藤真希コンサートツアー2004春~真金色に塗っちゃえ!~

主催者メッセージアップフロントグループでは、音楽やスポーツなどの文化を通して、地球・環境問題の大切さを伝えたいと考えています。

事業概要2005年の愛・地球博に向けて、様々なPR活動・イベント等を開催いたします。例えばアーティストが環境問題をテーマにしたコンサート等イベントを行い、会場でリサイクル運動を行うなど、人々の環境に対する意識・興味を高めることができるようにしていきます。

へ~へ~。今年の春コンのテーマは環境問題だったのか~。
で、秋コン。

後藤真希コンサートツアー2004秋~あゝ真希の調べ~

主催者メッセージコンサートを通じて愛・地球博のPRに努めたい

事業概要後藤真希コンサートツアー

あ、明らかにトーンダウンしてるよ。ちょっとやる気なくなってない?会場でリサイクル運動とか意気込んでみたもののやれないから消したのか。

で、イベントの趣旨として一番万博のテーマに沿ってそうな娘。文化祭が表示されないのは疑問だね。

他には後藤で調べると美浜海遊祭も出現したり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

某採用試験問題

問:『愛・地球博』のキャラクターは森の精「モリゾー」と(aピッコロ、bコロコロ、 cキッコロ)!

何故に「!」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »