May 22, 2012

Notice

This blog will not been updated any more.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2009

勇気を出して言おう

もういまさら恥も外聞もあったもんじゃありません。こんな状態になってもなおちんけなプライドが邪魔をしていたんですが、冷静に考えてみればだって守るものが何だってないでしょう。どこに向けて書いていいのかわからなくてずっと考えていたのですが、だって俺の話を聞いてくれる人なんて誰もいないじゃないですか。何を迷う必要があるんですか。


もしこれを見てる人がいたとしてね、きっと遠巻きに見てるだけなんですよ。もし俺の知っている人で、大学の人が見たとしましょう。うわあ、と思って引くでしょう。見なきゃよかったと思って暗い気持ちでブラウザを閉じるんでしょう。

なんでそんな評価を下げるような、嫌われるようなことをしなければなりませんか。できるなら俺だってそんなことはしたくないのです。でも受け止めてくれる人が誰もいないから、ここに書くくらいしかないのです。書かずにはいられないのです。


いやだってわかります。客観的になってみれば、誰がこんなネガティブで暗いことばっかり言ってる面白味のない人間と関わりたいと思いますか。こんな人間と付き合うメリットが一つでもありますか。きっとそういうことなのでしょう。

自分が変わらなきゃ、友達を作らなきゃ、そう思って研究しました。人間関係の本を読んでいろいろやってみました。ネガティブなことを口にしないように、明るく振る舞ってみたり、落ち込んでも意識的に忘れようとしたり、人のいいところを見つけて誉めるように心がけたり、持ち物をきっかけに話しかけてみたり、友達の好きなものを覚えておいてプレゼントしたり。でも何も変わらなかった。

二十四年間生きてきて友達と呼べる人が一人もいないのです。それが答えです。どうしたらいいかわかりません。

友達が支えてくれるなら変われる、そう思っていた時期がありました。でもそんな友達もいつの間にか失っていました。ゆっくり休んで治して、と言ってくれた人も今では俺のことなど忘れているのではないかと思います。

あっっっ、という間に1ヶ月、2ヶ月、……もう一年半経ちました。恐ろしい。何もしていないのです。この間、ほんとに、何一つだって変わっていない。


一時期はあんなに死にたいと思っていたのに、今は不思議とそういう気持ちはありません。何も意義のあるものを残せず死んでいくのが悔しすぎるからです。一時期は死んだら悲しんでくれる人がいると思っていました。今は誰一人いないでしょう。親だけ。死んだら集まって思出話の一つでもしてくれる人がいたらよかったのですが、死んだことすら知られないかもしれません。そんなのでは死ぬ、意味がありません。かといってそんな後ろ向きな理由で生きていて希望を持てるのでしょうか。

そんなことを思った誕生日でした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 21, 2009

移転

はてなに移転します。

http://d.hatena.ne.jp/mark_temper/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2008

Time flies

もしこれが夢だったら、とは今までに何度思ったことか。質の悪い悪夢でいずれ覚めるのだとわかっていたらどれだけ救われるか。しかし今までのところそのような気配は全くなく、時間というものは着実に不可逆的に前へ進んでいて、齢を重ねるごとに状況は悪化するばかりなのである。時間は残酷だ。


この戦意喪失感は、自らの無能さを受け入れられないところに起因しているのだと思うが、一向に解消しそうにない。

夏休みは予想通りニート生活への引導となった。眼前の問題を先送りして現実逃避するばかり。よい機会だから早いうちに精神科病棟に入院すればよかったのかもしれない。


話を聞いてくれる友達もいなくなった。所詮他人は他人であって、どんなに仲良くなろうとも私とは違う人間なのだから依存してはいけないと思うが、気づけば皆離れていってしまうのはオレが付き合うだけの価値もない、面白味もない人間だからだと思って絶望する。オレはコミュニケーション能力に欠けた社会不適合者で、だから友達もできないし人付き合いがないから社会的な経験値を積む場面を通ることなく過ぎていき、ますます自分の価値を落としていくのだ。


両親はずっとオレのことを心配している。だが両親のことは正直嫌いだ。オレが何も話さないからこのblogを見ているようだが。しかし現実には親の庇護のもと経済的にも全面的に依存して生きている事実。自殺企図を心配されて父か母どちらかの監視がある。

えらそうなことを言っているが、本当に迷惑をかけて申し訳ないと思う。何もできない、自立できない自分を見ると吐き気を催す。今まで散々お金を使わせてきて、将来の展望も見えなくて途方に暮れる。

オレには生きる能力が足りない。自分のコントロールもできない。自分の趣味でしたいことをやり遂げる気力さえない。況んや義務的に課せられたタスクにおいてをや。


もう全然連絡を取らないが、大学の同期生のことを考えると恐ろしい。停滞してしまっている自分と、経験を積んで確実に一歩ずつ成長していく彼らを比べてしまうからだ。ただでさえ余分に年取っているのに既に4年で卒業できないレベルに来ていて、秋から授業に戻れないとなるとさらに延びてしまう。同期生と一緒に卒業したいと思ってぎりぎりで踏ん張っていたつもりだが正直しんどくなってきた。


時間だけが過ぎていく。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 20, 2008

浪費癖

今夜の急行きたぐにで帰ることにした。

1月に座っていたのと同じベンチ。新潟駅で半日過ごす。

駅にいると、大会に出るらしい体操服姿の男女と、制服の女子中高生が目につく。こっちはもう学校始まってんのか?

大きな荷物パッキングして持ってきたのに、水着もレジャーシートも外で寝れる用意も使わずじまい、後半の4日間虚しい時間を無駄に過ごしただけだった。お金も無駄に使った。下調べも苦労してしたのに。なんでこう無駄遣いが好きなんだ。うんざりだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰りたい、もしくは死にたい

ああ、くそくそ死にたい。

ごめんなさいごめんなさい。鬱状態に突入して長岡のホテルに3日間引きこもって本読むかネットしてた、ここまで来て。のだが今朝追い出された。新潟で中学生の総体とV6のコンサートがあるとかで近郊の宿泊施設も探してもらったけどいっぱいらしい。まだ先の宿の予約とかきっぷも持っているしせっかくこっちまで来てるから続けたいのだけど無理そうだ。けど上りの新幹線帰省でいっぱいだし帰るのもしんどい。


もうやだオレほんとに。最悪だ。約束は守らないし、友達をなくすようなことばかりして、金をドブに捨てるようなことばっかりして、今まで無駄にしてきた時間が恐ろしい。そしてこの先もこんなことが続くと思うと社会的に終わった人生じゃないか。死ねよ。早く死ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2008

予定変更

佐渡行くのやめてホテルで寝てる。朝食つけたけど昨日も今日も起きれなかったから食べてない。馬鹿なの?死ぬの?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 17, 2008

憂鬱

なんで旅してんだろう。なんでそこそこ楽しんでんだろう。こんなことしてる場合なんだろうか。


高山とかとか長野とか、いろいろ思いだしちまうなあ。

やめよかなあ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 16, 2008

黒部ダム、雨

黒部ダム、雨

| | Comments (0) | TrackBack (0)

立山・室堂

立山・室堂

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2008

高山

高山
高山はオールドとモダンが融合しててグレイトな感じだ。観光地観光地してるんだけどオシャレなお店もちゃんとあったりして小京都は伊達じゃない。


このファミマ、ファミマってわかりにくいファミマだよね。

古い町並みを歩いて、高山ラーメンとビールをかきこむ。野沢菜、たまり煎餅、五平餅、飛騨牛、日本酒、売店に売ってるものはあれもこれも欲しい。

しかし、なんかこう落ち込むなあ。やっぱりこんなとこ来てていいんだろうか。なんだオレ馬鹿だなあ。帰りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下呂の美味いもの

下呂の美味いもの
下呂のいろんなものが美味すぎる!とちの実煎餅、ほうば味噌、岩魚、はちみつ。

ガイドブックに良さげな展望台があったから行ってみようかと土産屋のおっちゃんに聞いたらそこは行けないんだと。

トマト丼食べた。風呂入ってくる!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

下呂

下呂
下呂温泉〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2008

出発

旅に出るぜ。


予備校時代から行ってるセミナーにOBとして参加。場所は佐渡島。

これに前後の行程を足して12日間で下呂温泉、高山、白川郷、富山、立山黒部アルペンルート、鶴岡、秋田、田沢湖、大曲の全国花火競技大会、平泉を見る予定。

今回はなるべくユースホステルに泊まるのが目標の一つ。後半は18きっぷを使って長距離移動。大曲の花火は競技大会として行われる花火で全国的に有名。なにしろ人口4万人のエリアに75万人の観客がやってくるらしい。一日がかりで気合いを入れて見に行かないといけないらしい。

しかし期日が来てしまったのでとりあえず出発したが、まだ出してないレポートがあったり、旅なんかするよりバイトしなきゃなーとか思ったり、若干気分悪くて体調が万全じゃなかったり。大丈夫かしら。


つーか荷物が一つにまとめられなくて邪魔すぎる。身軽にできない自分に凹む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2008

失敗

今度こそ最後にするつもりだったのにな。一人で満足に自決することさえできないなんて、どんなに情けないんだか。ご家族の方を呼び出されて迷惑かけて。

大学入学時に建てたプランはどんどん狂ってきている。他でもない全部自分が招いたものなのだから何の言い訳もない。大学が全てじゃないって言ったって、大学卒業して取る資格と進むべき道は一応考えてある。そのためには今ある課題をこなすのが一番近道だってこともわかってる。なのに。できない。この大学でさえうまくやれなくて悩んでる。大学辞めたら、たぶん他に生きていける世界なんてないだろう。親に迷惑かけ続けてニートになるか、劣悪な環境で働く底辺労働者になるか。どちらも否だ。

まだまだ甘やかされたところでぬくぬく生きていけるから、ほんとに死ねないんだろう。だけど段々状況は悪化してきている。取り返しのつかないところに追い込まれたら、一縷の望みも持てなくなったら、今度こそ死ねるさ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 31, 2008

うろうろ

今日は大学に行ったけど、テストは一つも出られなかった。校内うろうろして、空いた教室でうとうとして、食堂でご飯食べて帰ってきた。こんな調子でずっとやってたのだから急にテスト出たってやれるわけないのだが。あーあ。取れる単位だけでも取ろうと先生のところ行ってレポートで出席に代えてもらったりしていたのに全部パァ。

授業なんて出てゐても友達とのお喋りに夢中で聞ひてない人や、教科書すら開ひたことのない人でも単位は取れるのに、まつたくオレと来たらだういうことでせう。このやうな馬鹿者は大学だけでなくどこにいつたて適応できないのじやないだらうか、と思ふのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2008

自問自答

やべーやべー。最悪だ。
一時の感情で合理的な判断ができなくなってる。出れば最低限取れる単位まで落とそうとしてる。絶対後から後悔すんだよ。嫌だな。前期の繰り返しだよ。くそ。明日行けるかな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

いよいよ

以前は、友達がいないと言っていたら「私は友達だよ」なんて言ってくれる人がたまにいたものだが、一人、二人と消えていき今やほんとに一人だ。メールしたって返ってきやしない。


学校にこそ行くようにしていたがここ2週間ばかし勉強になど手もつかず。期末提出用の新しい旅行商品提案のパワポを作っていたくらいだが、それもうまく行く気がしない。こんな調子で臨んでテストなんてできるはずがない。

前に夏休みまでもってよいとこと書いたと思うがいよいよ現実のものになってきたと思う。オレのこの半年一体なんだったんだろう。オレが馬鹿みたいに過ごしている間に、みんな前に進んでいってる。


昨日出会った人は奇妙な人だった。今までに頑張ったことがないといい、ストレスを感じたり大変だと思ったことがないから頑張るということがどういうことかわからないという。特にしたいこともない。友達づきあいは苦手だか特に寂しいと思ったこともない。自然に身を任せてなるようになるのが一番、流れに逆らうと痛い目に遭う、と19にしては妙に達観したしゃべり方をする人だった。

そんな彼女が昼も夜も一生懸命働いてる理由が解せなかったが。いや、働いてることを大変だとも思ってないのか。


「なりたいものとかないの?」と聞くと、お姫様になりたいという。「お姫様になるために何か努力しないのか」「シンデレラは何もしなくても王子さまに見つけてもらえるんだよ。あれってそういう話でしょ?王子さまに見つけてもらえなかったら、平凡に生きていければいい。」なるほど。そういう生き方もあるのだなあと思う。そんな彼女ですら自分で頑張っていると思っていないだけで、オレよりはきっと努力しているし、自分で生きているだけずっと立派だ。オレには彼女のことをどうこういう資格はない。

だけどオレには彼女がシンデレラガールになれるとはやっぱり思えないのだった。なんというかこう、たるんでいる感じが外面に表れている気がしたので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2008

なにしてんだ

ダメだ。依存できるものを求めてさまよってる。いつからオレはこんなになっちまった。何してんだ。他にやることがあるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あああああ

なんもできない。死にたい。死にたい。死にたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«悲しくて帰る